ヤマセミ巣立ちフィーバー

 

この春先に、ダム下を訪れてヤマセミを見た時、成鳥2羽のニアミスを見た。

「繁殖するといいなぁ」なんて言うと、地元の方が「天敵が多いのですよ、特に近いところで繁殖するハヤブサが・・・」との事だった。

その後ずっと忘れていたら土曜日、野鳥関係者のホームページやブログにヤマセミが一気に溢れた。先週、巣立っていたのだ。

で、遅ばせながら日曜日昼頃に同姓さんとおっとり刀で出かけてみた。

ダム下両岸に並ぶ大砲の列は想像したより少なめ、駐車禁止の取締りがあったらしい土曜日は100人以上だったとか・・・

 ヤマセミ4

神経質なヤマセミ、いつもは遠い「点景」を大伸ばしだが、今日は相手が「世間知らずの幼鳥」

遠くても対岸。こちら岸にやって来ると、なんと数メートルを真上から・・・デジスコからはみ出してしまう(笑)

 ヤマセミ2 ヤマセミ3 ヤマセミ1

■ほとんどノートリ、まわりがケラれてます。上を向いてよ~!

人気者は一人前の図体だがまだ餌を採ることができない。ダイビング、と、思ったらチャポンと水に浸かって「水遊び?」ほほえましい。

今年は幸い3羽が巣立ったらしいが、兄弟にとってはこれからが本当の試練だろう!

粘ってもデジスコで飛びものが撮れるワケないし、親鳥は現れそうに無いし・・・超暑いし、しーしーde、早々に退却。でも良かった!

ヤマセミ5

■たまたま背景の水面に木漏れ日が写りこんだ1枚。主役がこっちを向いてくれれば最高だったが! でも、フツーこんなアングルで撮れますか!?

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ヤマセミ巣立ちフィーバー への6件のフィードバック

  1. meiya より:

    アゲハモドキさん今晩はぁ。
     
    ヤマとカワが違うだけで、こんなに姿形が変わるのですね~~。
    ヤマセミってとってもシックな装いで、精悍で、きりりっとしてて格好いいですね~。
    なんだかファンになっちゃった。^^;
    しかもこんなに近くで撮れるなんて最高な日でしたね~~。
    3羽共、元気に育ってくれたらいいね!
    木漏れ日の写真に乾杯~~~。(o^-^o)

  2. アカゲラ より:

    こんにちは。
    「ヤマセミ」が 見事ですね。最後の1枚・・・・素晴らしいですね。情景の雰囲気がいいですね。暇人ですと すぐに図鑑調に撮ってしまい 反省ばかりしています。暇人にとっては ヤマセミ カワセミ は難関で お見せできるような カワセミは 撮れていません。ヤマセミは 2時間ほど粘って1枚だけは撮っていますが,どうも カワセミとヤマセミには 縁が無いようです。こちらでは カワセミのポイントには 大砲が並んでいますので ちょっと 近寄りがたいです雰囲気で。朝駆けでもやってみようかとも思うんですが  朝が弱いので 実現していません。東京都下 町田市では 街中の川で 簡単に撮れるようで ポケデジでも綺麗に撮れているのを 拝見し 悔しい思いをしています。そのうちに 女神が微笑んでくれるのを待っていますです。
    素敵な ヤマセミ の写真をみて 励みがでてきました。ありがとうございました。

  3. モドキ より:

    meiyaさんコメントありがとうございます。
    親しい鳥仲間の間で、カワセミを「カワミンミン」ヤマセミを「ヤマミンミン」と言います。
    最初、なんのこちゃと思っていましたが、ただの親父ギャグでした。ミンミン=セミ(鳴き声)でした。
    カワセミのブルーも美しいし、ヤマセミの白黒鹿の子模様もシックで魅力的です。
    大きくて愛くるしい瞳もあって、特にカワセミ人気は全国区ですね。
    スコープで他の鳥も探していると、散歩をしている普通の方から大声で
    「あそこにカワセミがいましたよ!」な~んて、案内されたりして・・・(笑)

  4. モドキ より:

    暇人さん、最後の写真は「偶然」ですよ。それに、写真としての完成度はありません。
    ヤマセミはなかなか近くで見られませんが、カワセミはけっこうご近所でも見られます。
    まだ、鳥見を始める前、近所の汚い川で見たときは嬉しいようで悲しいようで複雑な気持ちでした。
    カワセミと言えばやっぱり清流のイメージがありましたから・・・
    カワセミは意外と逞しいような気がします。

  5. hulala より:

    こんにちは アゲハモドキさん
    はじめまして
    鳥がいっぱいの美しいブログですね。
    写真集にあった「梅とオジロビタキ」オジロビタキの目のきれいなこと!
    アカショウビンは松之山のキョロロまで行ったのですが大雨で見られませんでした。
    ここでアカショウビンに会えるとはびっくりです。
    それにしてもバーダーさんたちは粘り強いことですね、とても3時間なんていられません。

  6. モドキ より:

    アサギマダラ(hulalaさん)が飛んできて、大変嬉しいです!
    私は子供の頃、蝶少年だった頃があります。
    6~7月は一番蝶の多い季節ですネ。
    今は「鳥の追っかけ」をしています。鳥類、蝶類です。
    両方とも、いつまでも本物になれない「もどき」ですが、
    これからもヨロピクです。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中