地元で過ごした2日間

 

【土曜日】

家の車は仕事優先!だから家内がパートで出かける時はそちらが優先。最近、何故か土日が多い。ブツブツ・・・

と言う訳で、また電車乗換えで大阪城詣。他府県者から見れば地元民だから。そしてお馴染みの出遅れお気軽モード。

でも本日はオオルリ、キビタキ、コサメビタキ、エゾビタキがたっぷり遊んでくれました。個体数も多かったようだ。

目に付いたのは「オオルリの若いオス」。ケツの青いヤツは人間社会の半人前、しかしオオルリのオスは青くなって初めて一人前(成鳥)。

余り青くない若いオオルリのオスが来年春、ふたたび逞しく、美しい青色になって戻ってくることを祈りたい。

  オオルリ若081004_5

今日はキビタキの美しいオスもジックリ見ることができた。

 

エゾビタキも引き続き多かった。コゲラを目の前で見た。ただ、動きが速い!!!

【日曜日】

朝、雨音で目が覚めた。当日は私が担当者に名を連ねる地元野鳥の会の探鳥会なのに・・・

と、ケータイへ問い合わせの連絡が入る「○○さん、雨でも来はるよねぇ!?」だと、雨でも中止にはできないのだ(笑)

で、雨にも負けず集合場所へ集まったつわものは13名。ホントにみなさんお好きねぇ?!そんな本日のメインは、ノビタキ。

渡りをする野鳥は多いけど、律儀に春と秋に地元高槻を通ってく「ノビタキ」にはちょっと思い入れがある。

淀川の堤防がセイヨウカラシナで黄色く染まる頃、頭を真っ黒にした夏羽のオスが北へして向かう姿を見ると「頑張れ」と声を掛けたくなる。

そしてコスモスが秋風に揺れる頃、繁殖シーズンを終えて帰ってきたノビタキを見ると、今度は「お帰り、お疲れさん」と・・・・・

コスモス畑にやって来るそんなノビタキを野鳥カメラマンは「コスノビ」と呼ぶ。

あいにくの雨にもかかわらずカメラをかまえるカメラマンが居たが、その数はわずか。のんびり楽しめて良かったか・・・!?

雨なので重装備は持たず双眼鏡だけ。コスノビも居残っていたエリナシシギも写真には残せなかった。

最後ヒバリシギのおまけもついて、参加者全員の満足顔を見て私も満足。

野鳥写真が無いので、参加者のスナップと探鳥会で配布した資料を掲出。

プリント

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

地元で過ごした2日間 への18件のフィードバック

  1. hulala より:

    こんにちは
    淀川の堤防の写真のような場所でビタキを見ることが出来るのですね。
    きれいな翅とりりしい姿で写真に納まっていますね。
    コゲラもかわいい!
    雨ですと傘に双眼鏡にカメラと大変なことだったでしょう。
     

  2. アカゲラ より:

    こんにちは。
    そちらは 野鳥の種類も個体数も多いんですね。ちょっと 羨ましいでーす。
    こればっかりは どうしようもありませんね。全国行脚して 撮って歩いている御仁も羨ましいですがね(^_-)-☆
    2日目は ザンネンながら悪天候のようでしたが スナップを見ると みなさん あきらめ切れないご様子ですね。
    今回も いろいろな野鳥のきれいな写真 いろいろと参考になります。暇人は ひょんなところで シギを見つけ 撮ったはいいのですが 個体名が分かりません(オグロシギに似ているのですが 尾先が黒くなく 嘴も黒一色, 以前にみた ヒバリシギとも ちょっと 違うようです)。いずれ,アップいたしますので ご教示をお願いいたします。
    こちらは 夕べは 冷え込み 1時間ほど暖房を入れました。

  3. meiya より:

    アゲハモドキさん今日はぁ。
    今日も色んな鳥のオンパレードですね~。
    オオルリにキビタキにエゾビタキ・・・。ε-(;-ω-`A) フゥ…
    あぁ~やっぱ覚えられないよ~。^^;
    鳥さんは雌雄で色合いとか違うので余計私の出来の悪い頭は
    こんがらがってしまいますぅ。(^0^; アハハ…
    でもでもですよ~!
    コゲラさんは 一度見かけたことありま~~っす!
    山歩きしてて、コンコンかなり大きな音が聞こえてくるので
    見上げると一生懸命働いてましたよ~。(〃^∇^)o_彡☆あはっ
    時々休憩しながら、脳震盪起こすんじゃないかってくらいの速さで・・。(*^m^*) ムフッ

  4. モドキ より:

    hulalaさん、雨にも負けず、鳥見に歩きました。
    探鳥会のスナップは淀川付近の田んぼでシギチを観察しています。
    河川敷では見られないキビタキのオスメスが見れました。
    写真の野鳥はすべて大阪城公園です。
    コゲラ、大好きな野鳥の1種です!

  5. モドキ より:

    暇人さん、羨ましいなんて。
    野鳥の影が濃いのは春と秋の渡りの季節だけですよ。
    早くも「暖房」の季節ですか?さすが北海道ですね。
    そうなるといよいよ北海道らしい冬の野鳥のご到着ですね。
    そちらの方が、ずっと羨ましい!

  6. モドキ より:

    meiyaさん、カラフルな色の持ち主はオスが多いですネ。人気者です。
    けど、シックなメスの装いや可愛い瞳も魅力的ですよ。
    キツツキの仲間の動きは確かに「脳震盪」を心配しますね。
    わたしも小遣のやりくりに頭が痛いですが・・・・(笑)

  7. アカゲラ より:

    こんばんは。
    先日のシギは 「ハマシギ」であるということが分かりました。図鑑では 100%の確信がもてなかったのですが hpを渡り歩いて やっと 分かりました。
    ご心配をおかけしました<(_ _)>。きょうは 小雨 低気温で 完全休養日でした。あしたは お天気が回復しそうですので ウフフフ・・・。マガン調査にでもいってこようかな・・と思っていますが,これから 現地のhpで 様子を調べてみます。

  8. koyuki より:

    こんばんわ~☆
    ビタキ・ビタキのオンパレード(^Q^)/^
    大阪城でこんなに多くの種類の小鳥さんが見られるなんて
    羨ましいです。ノビタキはこちらでは春から夏に多く見かけましたが
    最近見かけないと思いましたら、なるほどコスノビなのですね^^。
     
    小鳥さんの背中は如何して?って思うほど美しいですね!つぶらな瞳も可愛いです。◕‿◕。
    お尻の青いのは・・・koyukiは何時になると成長???になれるかしらん^^;。

  9. モドキ より:

    暇人さん、ハマシギの識別成功おめでとうございます。
    ハマシギが迅速確実に識別できるのは、お腹が黒い夏羽時期だけですね。
    こちらも琵琶湖の湖北にマガンが到着の報せが入ってます。
    いよいよ冬鳥のご到着です。

  10. モドキ より:

    koyukiさん、ヒタキの仲間はみんな目が可愛いでしょう!
    関西を通過するノビタキもひょっとすると北海道帰りかもしれませんね。
    そう思うと「小さな体でよく、まぁ長旅を、お疲れさん」と、言いたくなるのです。
     
    私が思うに、koyukiさんの場合はお尻が青いとか赤いではなくぅ・・・
    登山で鍛えられて「筋肉質」だったりして?!
    い、いかん。セクハラしてしまったぁ。とても、スンマセン。

  11. かけやん より:

    オオルリで思い出しました。10年以上前のとある探鳥会でのこと。
    歩いていると目の前をオオルリが。するとベテラン?リーダー、「オオリル、オオリルが出ましたあー」と叫ぶ。
    案の定、オオルリ驚いて飛び去る。オオリル?そんな鳥おったかなあ?
    以来、オオリルは私の密かな持ちネタになりました。

  12. meiya より:

    小遣いのやりくりに大変なアゲハモドキさん、今日はぁ。(*^m^*) ムフッ
     
    友人リストに招待してくださってたのですね。すみません気づくのが遅くて・・・。
    有難うございますぅ。私のリストにも載させていただきましたですぅ。
    これからもどうぞ宜しくですぅ。(o^-^o)

  13. KOKO より:

    ボヤキmodikiさん、さすがに探鳥会資料は相変わらず素敵です!でも雨だったら、取りやめたかった?城公園はいつも賑やかなんですね〜、行きたいと思いつつ‥<いつもこうですが(汗)私もコゲラが好きです♪

  14. モドキ より:

    カケスさん、一度は経験しそうな話ですネ!
    今回は幸い「エリマキシギですよぉ!」と声を上げて飛ばすことはありませんでした(笑)

  15. モドキ より:

    meiyaさん、こちらこそ操作方法がよく分からず今になってしまいました。
    これを機会に、またよろしくです。

  16. モドキ より:

    KOKOさん、探鳥会は「取りやめ」ても「鳥やめ」にはならないのですぅ!
    ところで、六甲山の方からカラスザンショウが熟す香りが・・・
    バルビゾン派の巨匠ミレーの有名な絵画と言えば、晩鐘、落穂ひろいと・・・なんやったけ?!
    あっ、あれは「種まく人」やった?!

  17. KOKO より:

    そうでしょ! カラスザンショウの香りがそこまで届いてるでしょ!26日は最盛期かも!3日間考えましたが、わかりません。ミレーの「種まく人」がどないしたん?

  18. モドキ より:

    KOKOさんミレーの「種撒く人」に深い意味はありません。
    撒いている種が麦ではないかと言うだけです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中