ご近所でも養殖、そして外来種、困ったもんだ!

 

年末年始休暇明けの1週間フル操業は辛く長かった(笑)

土曜日はいつも通り買い物などに付き合ったので、双眼鏡ぶらさげて出かけられたのは午後も遅くなってから。

車で近くのキャンプ場へ。寒い!そんな中、よく見かけるカメラマン数人がルリビタキの餌付けをしていた。俗に言う養殖。

デッキの手すりの上に「絵になる流木」とミルワーム。餌付けには批判的な声が多いが・・・

modokiはその名の通りいいかげんだから、絶対反対とまで硬いことは言わない。

腹を空かせた小鳥に少々餌をやっても、いいじゃないの。何も目くじらたてなくてもと思う。

しかし、次から次へと餌をやって、そこへ縛り付けてしまってはまずいだろう。

追い回したり、撮影に邪魔だと周りの枝を切ったりするのは言語道断だ。

「高齢者の楽しみを奪うなよ」なんておっしゃる方も居たが、気持ちは分かるが別問題だろう。

ルリビタキ090110_1

後ろからちょっと撮らせてもらってさっさと撤収(なんやmodokiも撮ってるんかい!)ハイハイ、スンマセン。

帰り、芥川の河川敷で枯れ草が妙な揺れ方をしていたのでスコープで覘いていると出てきたのはヌートリア。

 ヌートリアA ヌートリアB

戦争中に、兵隊さんの防寒衣料用毛皮を採るために持ち込まれたものが野生化したネズミの親戚?だ。

すっかり芥川や下流の淀川ではお馴染みだ。図体はデカイ。天敵がいないのか、おっとりしてる。

草食の割りには農作物を荒らすようでもなく、凶暴でもないので余り問題にはなっていないが、

本当のところは生態系に影響はないのだろうか?

 

日曜日は新春探鳥会に参加。思ったより寒さも苦にならず楽しい探鳥会だったが、写真は撮れなかった。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ご近所でも養殖、そして外来種、困ったもんだ! への12件のフィードバック

  1. アカショウビン より:

    ルリビタキ君サービス満点ですね^^こちらじゃ餌がすぐ雪に埋もれてしまうので餌を置いたところで意味なさそう!(笑)それよりジョウビタキを含めて縄張り争いばかりしているから、全然落ち着きがありませんね(>_<)ヌートリアは穴を掘ったりして田んぼの畦を壊すのが一番の被害のようです。岡山あたりでは増えすぎて駆除されているみたいだけど、こちらでは被害を聞いたこと無いですね。私は急な仕事やら雪やらで日曜日に少し探鳥しただけで終わってしまいました(T_T;)

  2. アカゲラ より:

    こんばんは。こちらでは ルリビタキは 雪解け後に 見かけるんですがね。もう少し 後になりそうです。西岡公園での給餌は, 野鳥 友の会のバード・テーブルがありますが,それは 別にして プライベート 給餌が ところどころにあったりしています。今季は エゾリスが多かったことから エゾリスさんように ヒマワリの種が いたるところに撒かれ それに 小鳥さんが 寄ってきているようです。撒き餌には ご常連の ガラ類だけが 寄ってきていますが,ととして シマエナガ,ミヤマホウジロが 顔を出しているようですが,ほかの 旅鳥などは 自給自足を しているみたいです。でも,撒き餌は 雪の間だけですが いろいろ問題があるようですね。  

  3. モドキ より:

    アカショウビンさん、ルリビタキは養殖物で大きなことは言えません(笑)ヌートリアは予想以上に全国区の動物なんですね。もっと鳥が増えて欲しいもんです。

  4. モドキ より:

    暇人さん、やっぱり小鳥たちも厳しい季節も自給自足が原則ですね。餌のばら撒きは反対派ですか?!まっ、なんでもほどほどにしないとお互いの為になりませんね。な~んて、偉そうなこと言ってるもどきです。

  5. たけし より:

    ブルちゃんです。アオバト執念で見つけられたのですね、さすが!私たちは寒さで早々に退散しました。トラツグミもバッチリです。見たかったなあ!

  6. koyuki より:

    養殖って餌付けしてモデルになってもらうことでしょうか。koyukiは若葉マークで野鳥の会に入ってお勉強もしてませんので解かりませんが、こちらの公園ではエゾリスの餌台が多く目にします。エゾリスの会では美談として扱った新聞社に批判的な意見を申してました。自給自足、弱肉強食の自然界、modokiさんの意見も納得出来るのです。今年は白鳥の渡りがかなり少なく感じております。

  7. モドキ より:

    全国区で活躍のブルちゃんにお褒めいただきありがとうございます。あの朝は寒かったですね!なんやかんや言いながら「ドングリお食事シーン」をモノにされているブルちゃんこそ「さすが」です。トラツグミは地元キャンプ場でも逃げられていたのでちょっと嬉しかったです。

  8. モドキ より:

    koyukiさん、今回のコメントは「硬派」ですね。餌付けに関してはやはり「原則違反行為」かもしれませんね。でもね、お腹空かした小鳥たちにちょっと餌やって、写真撮らせていただいたって「いいじゃないか!」小さな子どもたちが自然と触れ合う手段のひとつとして、ちょっとくらい餌やっても「いいじゃないか!」と、思うのです。もちろん正しい知識と謙虚な気持ちを持ち、すべて控え目にが前提です。

  9. かけやん より:

    きょうは辛口コメントで。撒き餌されてるルリビタキ。撒き餌もされずにのさばるヌートリア。さて、どちらが生態系に影響があるのか?どちらもでしょう。いちばん悪いのは自分勝手なヒトです。

  10. koyuki より:

    modokiさま~!否定はしてません。子育てと同じで過保護になると自立できないかな~と思います。エゾリスの貴重な食材のチョウセンゴヨウの中身を取って山積みにされて居るのを見ると、冬眠をしないエゾリスは食料を土の中に保存してるとは云えわずかです。餌台で安易に食べる術を覚えるのもどうか知らん?な~んて思います。自然体で生きて欲しい願望なんですね。小鳥さんも同じではないかと・・・ココロはmodokiさんと同じですよ^^。

  11. モドキ より:

    かけやんさん、正統派辛口コメントありがとうございます。ホント、耳に痛いし、心に刺さります。すべては身勝手な人から始まったのです。modokiもその1人です。普通の生活を送っていても人は他の動物よりも環境に負荷をかけていますね。解っていても、文明を捨てたような生活は出来ないし・・・・適度な楽しみも止められません。心苦しいです。

  12. モドキ より:

    koyukiさん、うんうん、modokiの気持ちを理解して下さってありがとうございます。すべてが万事いいかげんなmodokiは少なくとも、鳥に興味のない人よりも鳥に迷惑を掛けています。でもね、当分鳥見は止められそうにもありません。少しでも謙虚な気持ちを持ちたいと思ってます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中