雪化粧の京都御所

 

寒い3連休最終日は久しぶりに京都御所へ出かけた。

早起きしたら、夜半の雨は上がった。きっと京都は雪だろうと・・・

期待通り京都御所は薄っすら雪化粧。アオバトが蹲に積もった雪とととも撮れればと期待したのだ。

雪の御所1 ←京都御所九条池

しかし遠くの銀杏に1羽やって来ただけで、水飲みも無く、ドングリ採食もなく終わってしまった。

「今までこんなこと無かった」と後からやって来たKご夫妻のコメント。

私が思うに「アオバトを捉えたオオタカの写真を撮っていたカメラマン」が来ていたが、それが原因だろうと。

餌付けと違ってカメラマンを責めているわけではありません。そう言うシーンに出会いたいくらいです。

地元のタゲリもそうだったが、1度猛禽類に襲われるとしばらくは、その周辺にはあまり近寄らないと思う。そら怖いもんなぁ!

 アオバト090112_1 アオバト090112_2 アオバト090112_3

↑朝一のアオバトは1羽だけ(雪空背景)              ↑執念で自力発見、松の木の中で休息中の1羽 結局のべ2羽。

そのあと黙々と御所内を徘徊。雪よりも雪解けの水滴がポタポタ落ちてくるのに閉口した。

アトリの仲間(アトリ、イカル、シメ)が多かった。イカルの澄んだ声が冬の御所の森によく似合っていた。

 アトリ090112_1 アトリ090112_2

イカル090112 シメ090112

御所名物ビンズイはあっちこっちにたくさん。どう見てもセキレイの仲間には見えない。

迎賓館の南にはカシラダカの小群。ミヤマホオジロのメスが混じっていた?アオジもちょっと見やすくなってきた。

 ビンズイ090112 カシラダカ090112 アオジ090112

朝、気づかず近づき生垣脇から飛ばしてしまったトラツグミ。帰りがけ、もう1度そっと見に行って「見~つけた」

トラツグミは鵺と呼ばれて夜の鳴き声が気味悪がられたらしい。大きくて個性的なツグミの仲間ではある。

 トラ090112_1 トラ090112_2

まだ正月だと言うのにこれで来年の年賀状の写真ネタはOKだ。「トラ(寅)ツグミ」な~んちゃって!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

雪化粧の京都御所 への10件のフィードバック

  1. アカショウビン より:

    今回は鳥のオンパレードですね(^-^)ノアオバトは日曜日に声を聞いたけど、お会いすることが出来ませんでした(ーー)あの雪に中で撮れれば最高だったんですけどね!春から夏にしかお目にかかったことが無いけど、今は地面に餌がないからね~それから冬になってこちらではあまり見かけなくなった鳥ばかりモドキさん撮ってますね(-""-;)雪が融けたらこちらに戻してくださいm(_ _)mもう来年のトラツグミをトラれたんですね(^^)

  2. アカゲラ より:

    こんばんは。同じ雪でも 京都御所の雪景色は イイデスネー!!。厄介者の雪も ここでは 一役買っているんですね。手回しよく 来年の干支ですか(^_-)-☆ことしも こちらでは トラツグミ・フィーバーが起きるのかな?? まだ 姿は見かけていませんがね。アオジがもはや・・こちらは 夏にならないと 戻ってきませんでーす。イカルは5月ですから まだ間があります。ビンズイはみたことはないんですが それらしいのは 見たんですがね??ミヤマホジロは 見た という情報はあるんですが,暇人は 今季はまだ 遭遇していません。そちらの アトリさん 栄養がよろしいようですね。シメは 毎日 ベランダから 手の届きそうなところに 5,6羽きて休んでいます。アオバトは 8月頃 海の岩場でという情報はあるんですが 探しに行ったことがないんです。こちらの きょうは 太陽がお顔を見せてくれませんで 曇り空 キレンジャクを撮ったのですが 距離もあり きれいな色が くすんで 写っていました(-_-;)

  3. モドキ より:

    アカショウビンさん、「オーアオアオ」と言うアオバトの声素敵だと思いませんか?!私は朝聞くと嬉しくなります。雪といろんな鳥を狙ったのですが、雪は溶けるは鳥は少ないはで、御所内をよく歩きました。春にはそちらへ戻るように、よく言って聞かせます。しばしご辛抱を!最後に返し技1本を「トラ」れてしまいました(笑)

  4. モドキ より:

    暇人さん、北海道の雪の苦労に比べたら、こちらの雪はほんとに「化粧」ですね。アオジは北海道では夏鳥ですね。その代わりにそちらではキレンジャクですか?レンジャクは当たり外れが大きく、サッパリ見れない年があります。特に黄色いのは少なく、まともに見たことありません。アオバトは春までいるので、落ち着いたら再チャレンジ予定です。暇人さん、太陽が顔を見せた時のナイスショット待ってます。

  5. hulala より:

    こんばんは丑年になったばかりで来年の干支の用意ができたなんて、早すぎる~~~。アオバトは大きいようですが、オオタカにやられてしまうのですね。昨日森を歩いていたら 鳥の羽が散らばっていました。何かに食べられてしまったのでしょうね。羽を拾い集めてみましたが、どうにもなりません。我が家の庭でも猫が鳥を狙っています。鳥も用心深くなりますが、hulalaはどうしても猫を追い払ってしまいます、なぜなんでしょうか。

  6. モドキ より:

    hulalaさん、ちょっと早すぎましたかね、来年の年賀状図案!アオバトはちょっとおっとりしているのか、犠牲になることが多いような気がします。森の中に散らばる羽、時々目にしますね。そこで厳しい出来事があったワケだけど、どちらの肩を持つわけにはいきませんね。オオタカも、食べないと飢えて死んでしまうわけで、必死でしょうから・・・

  7. koyuki より:

    こんばんわ~☆雪の御所、荘厳さが伝わります。小鳥さんはアオジとシメ以外は出会いがありません。アゲハモドキさんは多くの出会いでしたね。つぶらな瞳から爪先まで写る技を習得するには10年かかるかな~^^;。何事もポジティブにネ!来年の年賀状ね、何時も土壇場に大慌てするので今年は早くから・・・なんて無理^^。師走らしくあたふたやりまっせ~!

  8. モドキ より:

    koyukiさんが住む北海道ではアオジは夏鳥です。さえずりが聞けそうですね。シメは今年は当たり年かな、こちらでも例年より多いような気がします。いつも写真を褒めていただいていますが、ホント大したことないですよ。後は鳥たちとの出会う機会をできるだけ多く持てるよう、ひたすらフィールド徘徊することです。そのうち俳句、読んでたりして・・・?またやってしまった。それから、ポジティブな気持ちは大切ですね。

  9. asa92 より:

    もどきさん、こんばんわ。今日河川敷でお目にかかったasa92です。せめてこの御所くらいでてくれれば楽しかったのですが、鳥見にはこんな日がつきものですから、しかたないですね。あれから、もう少し粘って、結局ツグミとカワラヒワだけ画像に収めて撤収しました。これからもどうぞよろしく。

  10. モドキ より:

    asa92さん、コメントありがとうございます。昨日の河川敷は鳥影も少なく寒かったですね。私も、雨がポツポツし始めた昼頃撤収しました。中身はブログネタにも苦労意する内容でしたが、本日中にアップ予定です。こちらこそ、これからもよろしくです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中