2シーズンぶりの「大きくて赤いやつ」

 

あなた変わりはないですか?山の寒さがこたえます。

来てはくれない赤い鳥、鼻水たらして待ってます~。

バーダー心の未練でしょうか、あなた恋しい北の山(それって、もしかして都はるみのHIT演歌?)

 オオマシコ090124_1 オオマシコ090124_2 オオマシコ090124_3

な~んて言うわけで、寒波がやって来た先週末に大きくて赤いヤツを求めて出かけてきました。

家内に車をゆずって、公共交通乗り換えで最寄り駅まで約2時間はちょっと遠かった。

寒さは思ったほど苦にならなかったが、前立腺に難あるmodokiゆえ、キジ撃ち回数が増えて(笑えない)

その甲斐あって、1時間半待ちの昼前にやって来ました10程度の群れが!

(※オオマシコ情報は複数の方からいただいた。嬉しいねぇ、ホントにありがとうございます)

嬉しかったけど、撮れた写真は俗に言う「地べたもん」見たい、見たいでせっかく見れると直、贅沢を言う。

とりあえず証拠写真を押さえたので周辺を散策。帰る前にもう1度ポイントへ戻って、枝かぶりだけど止まりも撮れた。

ミヤマホオジロ シロハラ ジョウビタキ

あとは、やはり地べたもんのミヤマホオジロ。黙々と地面で餌を啄ばんでいた。ちっともエンベリザ「エレガンス」ではない。

逆に地面にいることが多いシロハラが横枝で震えていた。羽を膨らませ、寒そう。

トラツグミ090124_1 トラツグミ090124_2 オオマシコ羽

他所より多く見かけたのがトラツグミ。開けた芝生広場に、なんと2羽も居た。

時々辺りを警戒しているようだが、ちょっと甘い。それが命取りに。写真は散らばっていたトラツグミの羽。合掌。

 蝋梅

蝋梅は早くも五分咲き、甘い香りを漂わせていた。

 

日曜日はふろ掃除片付けて、先週に引き続き隣町の山の手へ。

日曜日は採石場のダンプが走っていないので、渓谷沿いが本来の姿を見せている。

が、今日も目的の鳥には会えなかった。でも、fsskさんと初めてお会いした。

想像通り「こだわりを持ったバーダーさん」のようで、感じの良い方だった。

ベニマシコメス 

写真は数少ないシャッターチャンス「ベニマシコのメス」派手さは無いがチャーミング。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

2シーズンぶりの「大きくて赤いやつ」 への10件のフィードバック

  1. アカゲラ より:

    こんばんはohマシコさんですね。羨ましい 写真ですね。コチラは 赤,黄色と 信号機みたいになって ベニヒワ,マヒワの混成群が 飛び回っていますが,マシコ類は見えていません。ギンザンマシコ,ベニマシコを撮ったのは もう 2年も前のことで 忘れてしまいました。ミヤマホオジロさんとも しばらくご無沙汰していますよ。長時間かけて 出かけた甲斐がありましたね。まずは おめでとうサン& オツカレサマでした。こうして 各地の 鳥情報を見られるのは ありがたいですね。先日,デジスコの方と一緒に 撮りましたが,デジスコは 根気が要りますね。暇人は 動きまわって撮りますが,デジスコさんは じーっと ガマンの子??。それだけに 証拠写真が撮れて  こちらも 嬉しいです(^^♪。こちらも トラツグミがやってきそうな 時季になりましたが まだ 音信がありません。昨季も 飽きるほど撮ったのに 時季になると 情報が気がかりになってきますです。きょうは すっかり 楽しませていただきました。そちらは もう 蝋梅が咲いているんですね。こちらは ネコヤナギが 咲いたり,蕾を閉じたりしています。

  2. かけやん より:

    「地べた」でもいいじゃないですか!誰がそんなことを言うんですか!地べたでもエンベリザです。良かったですね。

  3. アカショウビン より:

    赤いの今年来てるんですか!!こっちも2シーズン前に来たから期待できるかな((o(^∇^)o))わくわく今は地べたが無い家の近くのあの場所です( ̄▽ ̄)地べた早く出ろ~(ーー#)赤くない女の子も見たいなぁ。そしてまたも来年の干支ですね、このペースなら年賀状1枚づつ違った写真にするのも夢じゃないかも(^^)こちらは今日も小雪がちらついて、だんだん鳥が減っているような。。。

  4. koyuki より:

    こんばんわ~☆初めてお目にかかる鳥さんばかりで興奮しますね!modokiさんの恋しい気持ちが解かります^^。バーダーさんは1時間半も待つのがジョウシキなのですね。惚れた弱みか強みなのか・・・(笑)待つのも気にならないようで・・・。koyuki地方は2時間かけて出かけると釧路湿原迄行けそうです。鳥見のエリアは車で10分界隈なので新しい出会いがありません^^;。modokiさんの写すお嬢さんの瞳には哀愁さえ感じます~(^_-)~☆冷えにはくれぐれもお気をつけて下さい。

  5. モドキ より:

    暇人さん、確かにデジスコは機動力がありません。そこへ持ってきて、modokiの機材はスコープが10年以上前の機種で、カメラもちょっと古く、大体がいい加減で「マッチ」していません。だから回りを大きくケラれます。まっ、しかしプロを目指しているワケではないし、自分が楽しむための証拠写真を撮れればと思ってます。もちろん、美しいに越したことはありませんが・・・こちらでは山陰へ来ているベニヒワの小群を見に出かける方がいます。そちらでは普通種なんでしょうね。ギンザンマシコは「不可能」です。いつか北海道を訪れたいです。花の方は、蝋梅の次はマンサクですね。2月になると咲き始めます。

  6. モドキ より:

    カケやんさん、地べたに居ても確かにエンベリザ・エレガンスです。ましてや「厳しい冬を生きていくためのお食事風景」にケチつけてはいけませんね。

  7. モドキ より:

    アカショウビンさん、2シーズン前はこちらも「オオマシコフィーバー」で沸きました。昨年はサッパリで、今年は何箇所かで観察されています。もちろん「雪の上のオオマシコ」なんて最高のシチュエーションは無理ですが・・・今回の探鳥地は本当にトラツグミが多かったです。もっともっと撮って来年の年賀状すべて違った個体のトラツグミに・・・んな、出来ません(笑)

  8. モドキ より:

    koyukiさん、冬枯れの風景に赤い鳥は目立ちます。特にベニマシコよりも大きくて、数が少ないので、どうしても人気です。私自身2年ぶりだったので、嬉しかったです。しかし画像はイマイいやチイマニでした。あ~っ、それから記事中のエンベリザエレガンスは、ご存知だとは思いますがミヤマホオジロの学名で、別種ではありませんので、念のため。黄色い冠羽が大好きです。鳥の画像はできるだけ「目に光の入ったショット」を採用しています。少々ブレボケでも・・・(汗)

  9. koyuki より:

    こんばんわ~☆エンベリザエレガンスってバーダーさんの洒落言葉かと思っておりました。何時も早とちりのkoyukiでございまして(汗)教えてくださってありがとうございます。目に光!ま~~~だ未熟でございます。チャーミングなオメメが写せる日がくるのかしらん?長い目でお付き合いご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m

  10. モドキ より:

    koyukiさん、万事がいい加減なmodokiに「ご鞭撻」は無理ですよ(笑)目に光を入れたくても、相手は「プロのモデルさん」じゃないから、都合よくポーズはとってくれないですね。とりあえずは身近な自然に親しみ、野鳥たちと出会い、メモ代わりの写真が残せれば良しとしましょう。鳥見、鳥撮りは風まかせ、犬も歩けば棒に当たる。modokiも歩けば、たまにはマシな写真が残せます。かな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中