山陰の鳥見Part-2

 

■2日目/日曜日

朝はホテルのレストランオープン時間に合わせて6時起床、6時半食事、7時15分出発。

昨日見れなかったが、朝は見れる可能性が高いという湖北海洋センター付近へ。

周辺には他府県ナンバー中心に10台くらいの車が集結していた。が、し・か・し、残念ながら大きくて白いヤツは現れなかった。

池の周囲を複数のミサゴが飛んでいた。昨日も見たが、ハリヤー(チュウヒ)も近い距離で堪能、芦原に着陸したが・・・

 ミサゴ チュウヒが居るはず コハクチョウ

○左:ミサゴを見るとつくづく日本の鳥だなぁと思う。なんで?

湖面へダイブ一発ジャパ~ン、ジャパン、Japan・・・。デジスコでジャパンは撮れない、日本(2本)じゃなかった1本(ポール)で休憩中のショット。

背景はのどかに走る地元一畑電鉄は2両編成。バーダー兼鉄系マニアのmodokiです。それに系列の一畑百貨店は御得意先だ「毎度です」

○中:ウォーリーを探せ、芦原に隠れたチュウヒを探せ!動かないと分からない!?わからんなぁ・・・こりゃ。

○右:定番のコハクチョウ、この水を張った田んぼに嘴の黒いのもいるはずだった。

昼前、ふたたびベニヒワポイントへ。今日はバーダーの姿が多いと思ったら朝一(7時ころ)に出たらしい。

その時間modokiはホテル出発前で、トイレで朝のお勤めの最中だった(そんなんやからmodokiはあかんのや)

と言われても・・・なんぼ広い田んぼでも野糞はできん。「違う!早く済ませて出て来チュウヒ!」ハイハイ、おかげでチュウヒが近所で見れました。

ベニヒワ、現地にいる間にも「つい先ほど10秒ほど来ましたよ」に、え~っ!画像は無理でも、ひと目見たいなぁの気持ちが通じたのか、

ヤシャブシに向かって飛来する小群をかけやん先生が双眼鏡で捉えた。しかし、たくさんのバーダーを前にUターン。

飛び去る前に遠い電線に止まった。スコープスコープ。と、確かにそれらしい小鳥を捉えたが・・・シンボルの頭上の紅色が確認できない。

かけやん先生が声も確認したから本物だろう。出合い頭のポテンヒットだが、ベニヒワは今回の鳥紀行2種目のライファー!

 ホシムクドリ ←電線のホシムクドリ、この後、田んぼへ降りたが・・・

残念ながら中型の白いヤツも不在。昨日はたくさん居たマガンもほとんど見かけなかった。な、な、なんでやねん!?

しゃ~ないなぁ~と、干拓地を徘徊していたら、かけやん先生の「ムクドリにホシムクまじってへんか?に続いて、混じってる混じってる!」

お~っ、疲れが吹っ飛んで、電線を見上げるとムクドリに混じって3羽のホシムクドリが並んでいた。

なんや電線と言う無かれ、広大な干拓地に電線はほとんど無い。その電線に止まってくれたから発見できたのだ。

 ミヤマガラス群舞 ミヤマガラス ←ミヤマはくちばしが白い。

帰る前、カラスの大群を見た。その大半がミヤマガラスだった。以前は地元河川敷にもやって来たが、最近は見ない。

一生懸命コクマルを探したが、居なかった。しゃーないね。でもミヤマガラスの群れも大迫力。

と言う訳で「マナちゃん」と「星ムッくん」そして「小さいけど紅いヤツ」の

都合3種のライファーを達成して山陰鳥見紀行は無事楽しく終了。大・中の白いヤツは見れなかったけど充実の2日間だった。

かけやん先生、本当にありがとうございました。同行のタナゴさんもお疲れさまでした。

 大山

↑帰路、姿を見せてくれた大山の雄姿。よし(また)行くぞう!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

山陰の鳥見Part-2 への10件のフィードバック

  1. アカショウビン より:

    相変わらずお寒うございますm(_ _)m私もモドキさんから風邪をうつされてしまいました(^^;モドキさん鉄もですか?さすがにこれは走ってなかったですよね~http://ruddykingfisher.spaces.live.com/blog/cns!D1AA3C98D68FA059!2331.entry何で大きな白いのは来なかったのでしょうね?土曜日私が行った時はすでに待っていましたよ。前回も同じ場所だったので、よほど気に入っていて毎日同じ場所かと思ってました。私は3羽いるという嘴が黒くて周りと同じ大きさのが見たかったのですがまた振られました(ーー;)そして別の場所でカラスの大群は見たけど白い嘴はいませんでした(><;)エッ? (;゜⊿゜)ノまた白いヤツに再挑戦するんですか?

  2. hulala より:

    こんばんは落語モドキのお話はとても面白い、ですが、よくわからん。最後の大山の写真は雄々しい姿ですね。ほんとに鳥だけ追いかけての2日間だったのですか~?

  3. アカゲラ より:

    こんばんは。アカショウビン様の モドキ様との掛け合いを 読んでいましたら,どちらのブログを見ていたのか忘れてしまいました。(-_-;)バーダーさんになったり 鉄系になったりで 忙しい 遠征でしたね。それでも 暇人にとっては 珍しい鳥さんばかりですよ(^^♪マガンの気の早いのが こちらのほうに 少数ですが やってきているみたいですよ。きょうは 珍しい小鳥さんの お話で参考になりました。こちらは 納税の義務を果たすため 収めすぎた税を 鳥 返すのに苦労しています。年金の源泉徴収額から 取りかえすのですから 鷹がしれているんですけどね(-_-;)。 大山・・富士山に似て きれいな山ですね(一度 見たことがあるようなんですが 忘れてしまっています。)。

  4. koyuki より:

    リリ(@_@)???此処は何処?吉本興業に入り込んでしまったなり~^^;。チョット寒くなってきたんでないかい?(笑)また笑い皺がふえましたぁ。modokiさん大収穫でしたね!koyukiの見たことの無い猛禽類など見せていただいてホクホク暖かくなってきました^^。ところで日曜日の恒例お風呂掃除は出来ましたか(^_-)~☆

  5. かけやん より:

    お疲れ様でした。今山奥の宿からです。初認が増えて良かったです。でもいつから私は「先生」になった?(笑)アトリの大群はPCの背景画面になりました。

  6. モドキ より:

    アカショウビンさんに「風邪」を移してしまって申し訳ありません。私は別に鉄道ファンではありませんが、無骨な旧式車両や田舎の電車そして、すっかり減ってしまったブルートレインなんかに心惹かれますね。むかし近所のお金持ちの子供がNゲージの高価な鉄道模型を持っていて、羨ましかったのを覚えています。大きくて白いのは、土曜日は入れ違いだったようです。残念。アカショウビンさんの嘴の黒いのって、もしかして朝にたっぷりと飲む「薄めのコーヒー(笑)」ワンモアトライが希望ですが、そうもいきませんねぇ~!

  7. モドキ より:

    hulalaさん、意味不明な親父ギャグで申し訳ありません。鳥だけ追いかけていた2日間であったことは確かです。まだまだ寒の戻りはありそうですが、ちょっぴり春の気配を感じます。

  8. モドキ より:

    暇人様、当稚ブログとアカショウビンさんのブログの違いは明確ですよ。こちらは万事がいいかげんで、証拠写真を羅列しただけのブログ。あちらは観賞に耐えられる写真がメインの素晴らしいブログです。唯一、勝っていた「親父ギャグ」でも負けています(笑)「払いすぎの税金はしっかり鳥返してください!」暇人さんまで、さりげなくギャグが出てますね。そろそろ北帰の季節かな・・・

  9. モドキ より:

    koyukiさん、芸人modokiが山陰へ地方営業に行ってまいりました。違います!1泊2日の鳥見なんて何年ぶりだったでしょうか!?思惑通りではなかったところもありますが、中身も濃くて楽しかったです。※ふろ掃除は昨日(建国記念日)にちょっと手抜きでさせていただきました。

  10. モドキ より:

    かけやん先生ありがとうございました。「いつから先生」って、鳥をやり始めたころからずっと先生ですよ(笑)いつも鮮度とキレがある辛口先生。かけやん先生をビールみたいに言うたら失礼やろ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中