春の花と仲間に心癒された日

 

「ヤボ用出張」で日曜日ネタのアップが週末になってしまった。そう、日曜日は恒例となった「セツブンソウを仲間と訪ねた日」だった。

バーダー仲間も当日はにわか野草マニアに変身(いや実際は専門家顔負けの植物知識を有する方もいらっしゃる)。

以前は丹波地方の青垣を訪ねたが、昨年から伊吹山の裾野になった。参加者10名が3台の車に分乗して、一路伊吹へ。天気は最高だった。

だが肝心の花の方は大方の予想通り暖冬の影響で、盛りは過ぎてほとんど終わっていた。

わずかな花が我々の到着を待っていてくれていたようだが、先の春の嵐がここでは雪になっていたのか、

残された花も痛んだ花びらを閉じていた。他にスハマソウ、アズマイチゲ、キバナノアマナ、ヤマエンゴサクなどを見ることができた。

 セツブンソウ1 セツブンソウ2

スハマソウ アズマイチゲ

キバナノアマナタテ ヤマエンゴサクタテ

オマケはバーダーである我々に気をつかってくれたのか、予想外のところにアオゲラやアカゲラが出て楽しませてくれた。

アオゲラ4倍ズーム ←デジスコではありません。素の4倍ズームのトリミング。惜しかった。

昼は姉川のせせらぎを聞きながら食事。気の合った仲間と、早春のひと時を楽しく過ごせた。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

春の花と仲間に心癒された日 への12件のフィードバック

  1. アカゲラ より:

    こんにちは。日曜日も お仕事で オツカレサマでした(^^♪。そちらのほうは,みなさん お花が登場していますが, こちらは 渡り鳥が 山場を迎えており,お花は その次です(^^♪。「ヤマエンゴサク」は,こちらでは「エゾエンゴサク」と 呼ばれています(4~5月)。その時季なると 今度は「北海道の花 図鑑」を引っ張り出してこなくては なりませんね。 お互い 忙しくなりますね。こちらは 今日は晴れていますが,近郊では 積雪,路面凍結で 事故があり 火災まで 起きての 大事故だったようです。まだまだ 気が抜けないようです。

  2. hulala より:

    こんにちはお仕事大事です、ネタのアップは遅れても待っていますから大丈夫ですよ。各種の花がいっぺんに咲くんですね、スハマソウはこのあたりでは見かけませんが6弁の梅の花見たいですね。エンゴサクもきれいですね、ハチが横から盗蜜をしなければいいですけどね。美しい花を観賞してBGMまであるお食事とは贅沢なことでしたよね。

  3. koyuki より:

    春は白い色が運んでくれるんですね^^。清楚な野草ばかりで心が和みます。セツブンソウとスハマソウはこちらでは自生してませんが春早く咲く花のようですね。スハマソウはミスミソウとそっくり^^!未だ花たちは冬眠中なので咲き出すと一気に咲き誇りますのでこちらの花見は忙しいです。花の顔が恋しくなってきました。

  4. モドキ より:

    暇人さん、しばらくは「渡り鳥」で手一杯かもしれませんね。確かに寒い地方では花が一気に咲くから楽しみですね。それまでは「鳥撮り」に集中して下さい。また羨ましいのや楽しい画像待ってます!

  5. モドキ より:

    hulalaさん、花の画像を並べただけで、知識の方は浅いです(汗)毎度、解説までしていただくのですが、来シーズンになるとまた忘れています。でも、春の花って清楚な感じがして心癒してくれます。

  6. モドキ より:

    koyukiさん、スハマソウとミスミソウは確かに似ています。花だけだと分からないかも・・・・いや、分からない(笑)鳥の識別も毎度汗ですが、花も難しいです。共通項はどちらも「心癒してくれる」ことですね。暇人さんにもコメントしましたが、寒いところの花は一気に咲きますね。こちらだと高山のお花畑でしか見れない風景が平地で見れるなんて羨ましいです。

  7. 中村右近 より:

    modokiさん こんばんは!充実したフィールドライフを送っていらっしゃるようですね! 素晴らしい事だと思います。ココ富士山麓でも花々は例年より早く咲いています。今日も庭のヤマネコヤナギ(バッコヤナギ)が今にも花序を出しそうな勢いでした。温暖期のピークだから平均気温が高いのか、Co2の影響で温暖化しているのか…。色々な学者が様々な論調で昨今の異常気象を説いていますが、いったいどれが正論なのか判りませんね。5~6年後にはどちらかハッキリするという事だけは共通した見解のようです。桜の花は僕らの年代の人間には『入学式につき物の花』でしたが、最近は『卒業』をイメージさせる花として定着してますね。温暖化による自然環境の変化を目の当たりにして、一抹の不安を拭い去れないのは私だけではないと思います。

  8. かけやん より:

    お疲れ様でした。開花時期は難しいと痛感です。次回カタクリもダメでしょうね。「花より団子」で行きましょう!kokoさんも来れれるそうです。

  9. モドキ より:

    Dragonfly 中村右近さん、こんばんは。先週は東京へ出張しましたが往路の18日は新幹線の車窓から美しい富士山が見えました。山麓の花もやはり早そうですね。やっぱり、地球は温暖化しているような気がします。そう言えば桜は入学式の花から卒業の花へとイメージが変わってしまったのですねぇ~僕たちの子供たちの時代に「冬の花」とならないことを祈らずにはいられませんね。

  10. モドキ より:

    かけやんさん、いろいろありがとうございます確かにカタクリも辛そうな気配ですね。花より団子ではなく、花より天ぷらですね(笑)

  11. アカショウビン より:

    モドキさんは、お花もかなり撮られるんですね。どれも可憐で美しい花ですが、近くで咲いていても見逃してしまいそうですね。私は花や植物の知識がなくて鳥より奥が深そうな世界に飛び込めずにいます(^^;セツブンソウはこちらでも群落があるようなのですが、少し遠いので、いつか鳥に飽きたら行ってみようと思います(笑)

  12. モドキ より:

    アカショウビンさん「お花もかなり撮られるんですね」なんて、とんでもありません。デジスコで使用しているバカチョンデジカメを取り外して、たまに「内職」している程度です。花も奥が深いのですが、鳥のように飛んだり、跳ねたりしないので、ジックリは撮れますね。ただ動けないと言うことは、環境の変化から逃げることが出来ないということでもあると思うのです。花も鳥も・・・、身近な自然がいつまでも保たれることを願っているのですが・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中