シルバーウィーク前半戦

 

ちまたは5連休以上が当たり前のシルバーウィーク。こちらギリギリの4連休。

初日の日曜日は、日本野鳥の会千葉支部例会「西印旛沼」に参加。

有名な探鳥地だけに期待したが、確認種25種でサッパリだった。

唯一、お初のクロハラアジサシは遠い湖面を飛んでいただけ。秋の渡り鳥エゾビタキは見損ねた。

サシバ幼鳥 キアゲハと彼岸花e ダイサギとタデ

気になったのは、サシバ(modokiの前歯ではありません)の幼鳥。

頭が白く、翼が下がっていた。リーダーさんいわく、仲間と南へ渡るのは無理ではないかと・・・厳しいなぁ。

ちょっと狭いけど、冬の間modokiの部屋で一緒に住まんか?!

道すがら、彼岸花にキアゲハ。この彼岸には墓参りも行けない。

彼岸花とは好対照、小さいけど秋を感じさせる花「タデ」をバックにダイサギ。どっちにもピントが合わなかった(グスッ)

 

2日目。珍し系の「ヒメハマシギ」に沸いている三番瀬へ。先週の水曜日には居なかったように思うが。

早起きが辛いので、平日いつも通りの起床。三番瀬着は9時前。どこや?と、東の方見てびっくり!バーダーさんは100名以上か?!

潮が満ちているので、近くへ飛来するのだが、なかなか識別が・・・(汗)おまけにすばしっこい。

トウネンより大きくて(そんなもん個体差程度やろ)嘴がやや長いですよ!解説してくれるのだが、う~ん????

やがて、潮が引き始めて鳥が散らばると、追いかけるのはほとんど不可能!まっ、見れただけでも・・・

ヒメハマシギ090921_1e ヒメハマシギ090921_3e ヒメハマシギ090921_4e

と、昨日買った長靴が役に立って、それらしき姿を追う集団のそばへ寄れた。

あれですか?あれですよ?ほんまかいな?そうかいな?引っ越しのサカイやあるまいし。しかし引っ越される前パシャパシャ。

100パーセント、これやって自信が持てないところが情けない。

ハマシギ090921e トウネン群れ  キリアイ090921_1e

キリアイ090921_2e オオソリハシシギ090921e ダイゼン090921e

その他、夏羽限定で識別容易なハマシギ。チャンバラ映画でお馴染みの切り合いじゃなかったキリアイ。オオソリやダイゼンも見かけた。

ヨロネン090921_1e ヨロネン090921_6e トウネン&ヨロネン090921e

ちょっと足が不自由なようだったヨロネンの愛称があるらしいヨーロッパトウネン。

これも難解。体が短く足が長く、初列が尾羽より突出する・・・・このトウネン、どやネン。

貝掘りやバーベキューファミリーが増えた昼ころ。撤収!

識別に難はあるがシギチ三昧の楽しい鳥見だった。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

シルバーウィーク前半戦 への12件のフィードバック

  1. koyuki より:

    こんばんは!羨ましい出会いですね^^。どのシギチを見ても区別出来ませんネン。ただダンシングハマシギさんが色っぽいですね。ダイゼンは先日の鳥見でkoyukiも見てるはずですが思い出せません^^;。何回見ても難解ですね~(^_^;)

  2. アカショウビン より:

    連日の鳥見、お疲れ様ですm(_ _)mバーダーさんも集まるところには集まるものですね。私はこの秋のシギチ撮影は、まだ他のバーダーさんに会っていません(笑)ヒメハマシギやヨロネンの識別は難解そうですね^^;もし見ていても、いや撮っていても見逃す可能性が大です(>_<)

  3. hulala より:

    こんにちはそんなにバーダーさんがバタバタと居るもんなんですか、すごい人出ですね。海辺の鳥は群れで居ることが多いようですね。バックが地味なのでトーネンもおしとやかな感じに見えます。

  4. モドキ より:

    koyukiさん、大きな声では言えませんが、modokiも、シギチはほとんど「同じに見えます」ダンシングハマシギですか?むかしアバと言う女性ボーカルバンドが歌ってましたね。それって、もしかして「ダンシングクィーン?」ダイゼンは似よりにムナグロがいますが、識別レベルはBレベルかな・・・でも、やっぱり難しい。

  5. モドキ より:

    アカショウビンさん、前半は2打数1安打と言ったところです。ネット上で大々的に探鳥情報を報ずるサイトは見かけないのですが、そこは首都圏。集まると凄いです。先日行った時は閑散としていましたから、やっぱり情報網も凄いのかな!ヒメハマシギにヨロネン。まっ、トウネンその1、その2、その3と言うか、みんなトウネンですネ(汗)

  6. モドキ より:

    hulalaさん、バタバタではなく、バーダーさんだからバダバダですね(意味不明)とにかく凄い人出でした。砂浜に並ぶ大砲の砲列は圧巻。シギチは繁殖期を除くと総じて地味ですね。しかし複雑な衣装は奥が深いです。それに、小さなトウネンなども一部は赤道より南まで渡るといいます。凄いことですよねぇ!

  7. アカゲラ より:

    こんばんは。アッ!! キリアイでよかったのですね。頭の縞が特徴的だった シギをとったのですが,コチラでは 稀にしか観察できない部類に乗っていましたので,マサカ 暇人が撮れる筈が無いということで ファイルの底に眠っています。これで 表通りを歩けそうです(*^_^*)三番瀬に 行ってみたいもんですね。バーダーさんが 大勢で 三脚が 林立しているんでしょうね。 こちらは いよいよ マガンも到着して 毎日の ネグラ入りの数が 日に日に 増えていっているそうです。そろそろ 暇人も腰を上げようかな・・と思っています(*^_^*)。キリアイの本名は チャンバラですね・・ワカリマシタ(*^_^*)

  8. モドキ より:

    暇人さん、チャンバラ観劇、いや観察の経験がおありなようで、キリアイの同定参考資料になれば幸いです。特徴ある二重眉と言うか、頭横線と言うか、確かに特徴があって、一度見ると忘れられませんね。難解シギチ識別では「初級編」かもしれません。三番瀬は、隣の千葉県ですが、住んでいる錦糸町からは割と便利です。お江戸へいらっしゃった時は、ディズニーランドとセットでどうぞ(笑)

  9. かけやん より:

    えーっどれがヒメハマシギ?ハマシギとの違いはドヤネン?てやんでー、あっしには判りやせん。

  10. かけやん より:

    modokiさん、サシバに何があったのでしょう?飛べなくなったサシバをもう何年も飼い続けている人を知っています。餌やら世話が大変でしょう。modokiさんにそんな覚悟はありますか?勿論私にはありません。

  11. モドキ より:

    かけやんさん、せっかくのカキコ気づくの遅くなりました。あ~っ、ヒマハマさんはハマさんより小さいらしいです。そして、蹼のようなものがあります。(掲出した写真に写ってないって・・・トホホ)私にもわかりません(大汗)

  12. モドキ より:

    かけやんさん、猛禽を飼うというのは一種の憧れですね。もちろんそれは夢であり、かなうこともありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中