シルバーウィーク後半戦(やっぱり鳥見)

 

4連休、1日くらいは掃除洗濯を済ませて文化にでも親しむために出かけようと思っていたが・・・・

3日目は山野の野鳥を求めて、埼玉県でけっこう有名な探鳥地「秋が瀬公園」へ。

最寄駅は、あのサッカーで有名な浦和。商店街に赤い旗が揺れていた。

公園は広大な荒川の河川敷にあり、ゴルフ場や先ほどのレッズ練習場などがある。とにかく広い。

そうしたグラウンド・草原と森が交互に配置されていて、そのひとつがピクニックの森であったり、子供の森である。

メインは子供の森。連休中と言うことで、入り口付近の広場はバーベキューの煙の嵐・・・こら、あかん。

しかし、奥の方へ足を運ぶとけっこうバーダーさんがいる。大砲軍団も少々。

ハクセキレイ090922 エゾビタキ090922

レッズの練習場近くにいたハクセキレイ。レッズ応援団なら赤いはずだが・・・なぜか白い。

森の中でやっと出会えた季節の小鳥はエゾビタキ。胸の模様が懐かしい。

 

4日目。結局、ホームグラウンドとなりつつある葛西臨海公園へ、洗濯の後、のんびり出勤。

オオタカハンティング事件以来、シギチがやってこなくなったとか・・・

でもお馴染みのアオアシシギ、セイタカシギにカワセミの若いヤツが迎えてくれた。

アオアシシギ090923 セイタカシギ090923 カワセミ090923

観覧車の西側にはエゾビタキやキビタキメスが出ていると聞いたが、ちょっと遠い。

で、ツツドリの赤色型が見たくて、センター前と下の池周辺をうろうろ。

ツツドリ090923 ツツドリ赤色型090923

観察小屋から池の対岸を見ると、ヒヨドリのようでヒヨドリでない・・・おっ、遠いけどツツドリ?ゲット。ただしノーマルタイプ。

?はポッポと鳴いてくれないから!他のトケン類である可能性も否定できない。トケンも難しい。

夕方、帰り際。やっとセンター前に赤色型。しかしばだ観客が多いのか離れた桜の木へもぐりこんでしまった。

う~ん、やっと見つけた赤色さんは、お腹から尻尾しか見えない。よ~く、見ると嘴も見える。しかし顔が・・・まっ、いいか。

夕暮が早くなった5時撤収!鳥見は遠くへ行けば良いと言うものではない気がした4連休だった。季節、タイミングや天気、そして運かな。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

シルバーウィーク後半戦(やっぱり鳥見) への12件のフィードバック

  1. koyuki より:

    こんばんは!シルバーウイークも終わってしまいましたね。鳥との出会いはkoyukiは運とタイミングだと思います^^;。あまり運がありません(>_<)。カワセミ羨ましいショットですね。バーダーさんが止まり木を設置して狙ってる場所があるのですが如何なものでしょうね・・・・シギチの飛んでる姿は見たことがありませんが優雅ですか?

  2. アカショウビン より:

    4連戦お疲れ様ですm(_ _)m私の三日目は生憎の天気で、近所を一回りしただけで終わってしまいました(T_T;)私は秋にトケンを見たことがないし、エゾビタキも3年位前にはたくさん飛来しましたが、それ以降は1羽も見ることが出来ず渡りのコースからは外れているのかもしれません。「遠くへ行けば良いと言うものではない」正にその通りだと思います。1日は、私にとってのシギチのメッカに出かけるつもりでいましたが、どうも今シーズンは数が増えないという情報が多かったので、最終日も日本海側へ行き、結局連休中、他のバーダーを一人も見かけませんでした(笑)干潟より種類も数も少ないながらも、鳥に近づけて一人占め出来るのはなんとも快感です(^^)

  3. アカゲラ より:

    おはようございます。やっと 連休が終わりましたね(^J^)。連休中の探鳥は 成果が上がりませんでしたよ(^^♪。アゲハモドキさまのところは 結構 成果があったのですね(^J^)西岡公園にも 少しずつ 鳥さんが 戻ってきていますが,連休中は 子供さんの歓声が 響き渡っており,思うようには 撮れませんでしたよ(^^♪探鳥は 本当に 運 ですね。時の運,場所の運が 揃わなければ 撮れませんものね。 また,運任せで 走り回りますが,連休が終わったら 雨になっています(>_<)

  4. 中村右近 より:

    こんにちは!シルバーウィーク、我々観光業者には降って沸いたような特需景気でした。各地の高速道路や一般道も今年最高の渋滞。山中湖も天候に恵まれ、一般観光客に混じってフィールドウォッチャーが多く散策を楽しんでいらっしゃいました。冬の開業を前に、そろそろ餌場の修繕を始めようかという季節になりました…。

  5. hulala より:

    こんばんは鳥見も季節 タイミング 天気 そして運ですか、植物も昆虫もそうです。そしてシッタカブッタノおなじみの場所が良いですね。鳥のいる川には魚がいるのでしょうね。上野村の川は沢山あったんですが鳥が見えませんでした。なんででしょう。セイタカシギちゃんかわいいです~。

  6. モドキ より:

    koyukiさんも、鳥との出会いは「運とタイミング」だと思われますか?!まっ、ハズレルこともありますが、それも含めて自然体で楽しみたいですね。でも、少なくても囀りくらい聞きたいし。囀りを聞けば、飛び去る後ろ姿だけでも見たくなる。なかなか、野暮なmodokiではあります。シギの飛び方はだいたいシャープで美しいですね。やっぱり遠く渡りを繰り返す野鳥だと思います。

  7. モドキ より:

    アカショウビンさん「たまには気分を変えて遠くへ行きた」が本音ですが、じっくりと「自分のフィールドを持つ」というのも基本ですね。そこで思わぬ鳥と出会えると喜びは倍増です。他人を気にしなくて良い自分だけのフィールドをお持ちのアカショウビンさんが羨ましいです。鳥は当たり年とハズレ年があるように思いますネ。例えは春先のレンジャク。赤が多かったり、黄が多かったり。全くサッパリの年もあります。単にタイミングだけではないと思います。エゾビタキ、トケンと秋に再会できると良いですね。

  8. モドキ より:

    暇人さん、サラリーマンにとっての連休も終わってしまいました。4連チャンで、体の休暇にはなりませんでしたが、心はリフレッシュできました。人の目が多いと鳥を見つける確率も高くなりますが、気も使います。平日は自力が頼りのケースが多いですが、平日の人の少ない時にのんびり鳥見を楽しみたいです。こちらでもコガモの少群とオナガガモを見ました。今日は残暑が厳しかったですが、東京でも秋は濃くなっています。

  9. モドキ より:

    Dragonfly 中村右近さん、こんばんは。以前、右近さんのブログで「子供たちの富士山洞窟探検」なんていう催しが、掲載されていたことがありましたよね。その時、地元でそうしたオリジナルのユニークなツアーを企画されているのだと思いました。この連休は天気がよかったので、何よりでしたね。天気まかせのところはウチの業界に似ています。modokiはこのブログでも触れていますが、アパレル・ファッションですね。暖冬や冷夏が大の苦手で、冬暖かいとコートが売れない。夏寒いと半袖が残ります(汗)結局、富士山へは足を運べませんでした。でも、まだ単身赴任は続きますから・・・(泣笑)

  10. モドキ より:

    hulalaさん、人以外の生き物はみんな自然まかせで生きていますよね。雨が降るからと傘をさして歩く動物はいないし、寒いからと巣に暖房を入れる鳥は見ませんネ。逆を言えば、見る方も天気任せはいたしかたないですね。じっくりマイフィールドで、いろんなチャンスを待ちましょう。ただ、やっぱり「自然」は残して欲しいですよね。少しでも。関西では見る機会の少なかったセイタカシギですが、こちらでは繁殖しています。ところ変わればで、関西の友人は羨ましがってます。優雅で美しい姿をしています。親戚筋に「ソリハシセイタカシギ」というのがいます。学名からアボセットと呼ばれ、あこがれている鳥の一種です。地元のフィールドに来ないかなぁ~。

  11. かけやん より:

    大阪のおっちゃんからのお願い。こんどバーダー風景や探鳥地風景ショットの載せて…。

  12. モドキ より:

    ちょっと前帰社しました。週末は大阪でしたが、萩谷へは行きませんでした。車が無いと遠いです。カケスさん、じゃぁ、これからは思い出した時に風景やスナップを!ただ、バカチョンカメラの画像に期待しないで下さいね(汗)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中