近くて遠いホームグラウンド(葛西臨海公園)にも秋の深まりが・・・

 

土曜と打って変わって快晴の日曜日。目的地を決めていなかったのと、給料前とあって結局電車賃が安い葛西臨海公園へ。

最近はJR最寄の錦糸町駅から秋葉原経由で東京駅へまわる。ここの京葉線地下ホームがホントに遠い。ふた駅分歩いている感じ。

日曜日はぞろぞろ歩く乗客の大半がディズニーリゾートへ向かっているような気がする。

そう言えば昨日は組合主催の秋のリクレーションイベントが「ディズニーリゾート」だった。

いくらタダといわれても、定年前のタンシン赴任親父が文字通りの単身で行ってどうするねん?!

行ったことが無いディズニー・シーの方には未練はあったが。グスッ。

modokiの野鳥好きを知っている女の子からは「ディズニーリゾートで野鳥観察どうですか?」と言う声も。

しかし園内で怪しい親父が双眼鏡を覗いていたら、それこそ「怪しい親父で逮捕される!」

と言う訳で、ディズニーリゾートがある駅のひとつ手前で下車、行ってきましたこの日曜日はお馴染みの葛西臨海公園へ。

オナガ_1 キビタキ♀_3

一番最初に出迎えてくれたのはオナガ。ここには少なく見積もっても2~30羽は居るのでは。煩いけど憎めないヤツ。

センター前の木陰で探鳥会とおぼしき団体さんが観察中。横から見るとキビタキの♀だった。いつ見ても、どこで見ても可愛いねぇ!

アオアシシギ_2 セイタカシギ091018_0

池にはエクリプス羽のコガモが増えていた。みんなお昼寝中。オオバンの姿もあった。秋はここでも深まっている。

シギではアオアシがまだたくさん残っている。ここで越冬するのだろうか?

オオハシシギ_2 オオハシシギ_3

数日いたのに午前中は留守だったオオハシシギが、午後になって戻って来てくれた。

珍鳥じゃないけれど、なかなかご縁がない。何年か前の尼崎レディファースト以来だ。

なんやかんやと言いながら良いヒマつぶしになる葛西臨海公園ではあります。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

近くて遠いホームグラウンド(葛西臨海公園)にも秋の深まりが・・・ への12件のフィードバック

  1. アカショウビン より:

    オナガ実に美しい姿ですね^^日本で見られる尾の長い鳥はサンコウチョウとオナガとおまけのエナガくらいでしょうか?とてもカラスの仲間とは思えないですね。私の見てみたい鳥の中では、上位の方になりますが、これからもチャンスがないかもしれません(T_T;)セイタカシギは以前は珍し系だったようですが、普通種になりつつありますね。でも美しい姿はいつ見ても素晴らしいし、脚の色がなんともいえませんね^^オオハシシギは毎年越冬している場所があるのですが、1km四方を超える蓮田を探さなければならないので、まだお目にかかったことがありません(>_<;)

  2. hulala より:

    こんにちは水面にいるシギ類は 小鳥に比べおっとりしているような風情ですね。ずいぶんとセイタカシギの足は目立つ色をしているんですね。>ディズニーリゾートで野鳥観察・・・・残念でしたね、又いつかチャンスがきますように。

  3. モドキ より:

    アカショウビンさん、こちらはオナガの密度が高いです。こちらのバーダーさんは「オナガか?!」と言うノリですね。うるさいし、目立つところへも出てくるのですが、意外とシャイでいい写真が撮れません。オナガたちには競争の激しくない山陰へ疎開するように言っておきます。セイタカシギもオナガ同様、地元バーダーさんに振り向かれませんね。実にスマートで美しい鳥なのですが・・・初めて見たときは感動したものです。オオハシシギの個体数は多くはないと思います。ただちょっと地味で損してますね。そちらでも見られると良いですね!ぜひ、蓮田で探してください。

  4. モドキ より:

    hulalaさん、水鳥は水面にいる限り四足動物に襲われる危険は低いですよね。おっとりしているのはそのせいかもしれません。ただ油断していると上空から猛禽類が・・・ディズニーランドで双眼鏡を使った探鳥はやっぱり難しいでしょう!

  5. くまた より:

    ディズニーランドで双眼鏡を片手に アトラクションには目もくれずに辺りをキョロキョロ窺いながら さまよい歩く人影・・( ̄▽ ̄;)д確かに怪しいかも・・。オナガさん、この方達、見た目が綺麗なだけに、声が残念です・・^^; セイタカシギさんは、スタイルの良いアイドル系ですね。白い頭が可愛いです^^あ、でも奥のセイタカさんは、お顔が黒い(?_?)ヾ アレ?

  6. koyuki より:

    こんばんは!modokiさんの文章は生活感があって面白いですね。掃除、洗濯、給料日、気にしたくない事ばかり・・・(笑)キビタキ♀可愛いですねぇ^^。modokiさんは小鳥さんの一番良い顔を写す天才!小鳥さん達も幸せですね。シギはKoyukiがプロミナから覗いた顔と同じです。ディズニーランドにはどんな鳥がいるのでしょうね??

  7. アカゲラ より:

    こんばんはオナガは こちらでは 逆立ちをしても見れませんです!(^^)!。ほんとうに 尾が長いですね。尾がなければ ハシブトに見えますね(^-^)。そちらも ちょっと郊外まで足をのばすと 穴場が多くあるんですね。こちらの ナナカマドは 今年は実がなっていませんので、小鳥さんが 寄ってきてくれそうにもありません。いまから 心配しています(-"-)

  8. モドキ より:

    でしょう、くまたさん。「怪しい親父が双眼鏡ぶら下げてディズニーランド徘徊」なんてシャレになりません。オナガは、アカショウビンさん、暇人アカゲラさんのコメントでも分かるように、全国的に普通種ではありません。そう言う私もこちらへ来て初めて見たクチです。確かに鳴き声は・・・・セイタカシギの黒いのは、足の色も濃くないので「今年生まれの若い個体」ではないかと思います。セイタカシギも、珍し系から普通系と言うか、いつでも見れる鳥になりました。

  9. モドキ より:

    koyukiさん、掃除も洗濯も、こちらでタンシン生活をしているとどうしても外せません(汗)面白いワケありません。ベランダに干した洗濯物を気にせず鳥見に出かけたいものです。毎度似たような解説をさせていただきますが、ヒタキの仲間はメスの方が上品で可愛いです。ディズニーランドへ行く機会がありましたら、鳥も見てきましょう。視力の落ちた肉眼で!?

  10. モドキ より:

    暇人さん、思い出の地東京へいらっしゃった時はぜひ「葛西臨海公園」へお出で下さい。珍し系は運も必要ですが、オナガは一杯いますよ。ダメなら、来春はオナガに渡りをお願いしましょう。暇人さんの昨シーズンのブログでは、ナナカマドが野鳥たちのレストランになっていましたね。今年は、俗に言う「裏作」になるのでしょうか?他人事ながらちょっと心配です。

  11. 中村右近 より:

    こんにちは!お撮りになった画像の中の鳥達を照らす斜光から、東京にも秋がきたんだなって感じます。数日前の投稿、スカイツリーの画像を見て思い出しました!本所の近く言問橋のたもとにある『言問だんご』ここの団子は本当に美味い!特に味噌味がたまりません。以前2年ほどの短い間でしたが、仕事の関係で浅草に住んでいました。休みの定番は言問団子と寄席。なんとも昭和チックな心温まる日々でした。あ~言問団子、食べたいな~。

  12. モドキ より:

    Dragonfly 中村右近さん、コメントありがとうございます。確かに夏に比べると陽が低くなりましたね。暮れるのも早いです。天気予報によりますと、昨日の25度が今シーズン最後の夏日となるそうです。その東京の下町ホット情報もありがとうございます。本所は確かに徒歩圏です。隅田川の花火大会の折には、その団子屋さん近くまで行ったような・・・?鳥見に出かけられない時に、団子屋さんへ行ってみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中