深まりゆく秋の武蔵野を鳥友と歩く

 

今日はこちらに来て初めて「友人と鳥見」。一人は同僚、もう一人はその友人。

穏やかな秋の日差しを浴びながら多磨霊園から武蔵野の面影が残る浅間山公園へ。

霊園というくらいだから、ボチボチ(墓地墓地)歩いた。

昼前、現地集合だったので、先に一人で墓地ウォッチング?

山本五十六 与謝野晶子 岸田劉生jpg

左)第2次世界大戦の南方戦線で戦死した連合艦隊司令長官「山本五十六」。評価が分かれる軍人だと思う。

中)歌集「みだれ髪」くらいしか知らないけど、大阪出身の歌人であり思想家の「与謝野晶子」とその夫「鉄幹」。

  墓石は仲良く並んでいた。自民党の与謝野衆議院議員はお孫さんらしいね。

右)草創期の偉大な洋画家「岸田劉生」。代表作「麗子像」は教科書にも出ていた。墓は松の大木の影の小ぶりな自然石だった。

紅葉1 紅葉2 紅葉3

多磨霊園は広大。大きい樹木も多く、ちょっとした森のよう。紅葉がちょうど見ごろだった。

ところでmodokiよ、鳥はどうしたん?そ、そ、それが・・・ほとんど、風呂上がり状態。・・・サッパリ!?

ツグミの声や遠いルリビタキの姿を確認したが、カメラに納めることはできなかった。

ジョウビタキ♀091128 シジュウカラ091128 クロコノマチョウ

左)墓/石の上にも3年のジョウビタキ(意味不明)メスの優しい表情は大好き!

中)シジュウカラと色づいた葉っぱ

右)ウォーリーを探せ第2弾。こちら鳥類ではなく蝶類(クロコノマチョウ?)どこにいるのかなぁ?

友二人と楽しい時間を過ごせた。夕暮が早いのが惜しい。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

深まりゆく秋の武蔵野を鳥友と歩く への14件のフィードバック

  1. hulala より:

    こんばんはお得意のウオーリーですからすぐわかりました。触角がみえみえ。お友達とおしゃべりが弾んで、鳥さんは遠慮したのではないかしら。美しい紅葉が見られていいじゃないですか。ボチボチとさっぱりに拍手、パチパチ。

  2. koyuki より:

    こんばんは!思わずボチボチでプー!サッパリでププッ!写真見るよりおもろいでんな(爆笑)hulalaさんのコメントと同じになってしまいました^^;。クロコノマチョウ触覚だけ解ります。今頃蝶に縁が無いと思い図鑑片付けてしまいました。シジュウカラさん絵になりますね。ステキです^^。

  3. アカゲラ より:

    こんばんは墓地で探鳥をするのは 暇人だけかとおもいましたら,そちらさんも なさっているんですね!(^^)!こちらの 墓地は 徒歩10分 車で3分で,園内を 車で探鳥しています!(^^)!。そちらの ほうは 有名人の墓地も沢山あるようですね。こちらのほうでは,ツグミや シメ,マヒワ,ベニヒワ,チゴ゙ハヤブサなどが お参りにきていますし,ミヤマカケスが 墓地内を常時見回っており,ミヤマカケスさんに用事のある時は お参りにいっていますよ!(^^)!。クロコノマチョウは 探し出せませんでした(^v^)

  4. モドキ より:

    虫に造詣が深いhulalaさんに、かかれば「触角見え見え」ですか?ですよね!(笑)でも、この季節に蝶を見れて嬉しかったです。この蝶も私が子供のころは見かけることがなかったような・・・確かに、友達と鳥見すると、目が多くなって発見確率がアップするけど、お喋りに夢中になると、アウトです。

  5. モドキ より:

    koyukiさん、いつもは「ピン芸人のmodoki」ですが、今回はトリオでした。みんな目指せ、3級バーダー。漫才トリオではありませんので、念のため。うまいこと隠れているようで、やっぱり、触角が見つかりましたか?シジュウカラは色づいた葉っぱといい感じでした。今回の鳥見で、唯一ヒット性の当たりでした。

  6. モドキ より:

    暇人さんちのお墓は賑やかですね!マヒワ、ベニヒワが見たいなぁ・・・そう、昔懐かしいムード演歌グループのマヒワスターズ・・・あれっ、それってもしかしたら「マヒナスターズ」こちらのお墓も冬場はカケスが見周りにくるらしいですが、けっこうシャイなようで。クロコノマチョウは手前でボケて横へ伸びる一番上の緑色の草の真ん中あたり立つ小枝の向こうに右向きで居ますヨ。

  7. フー より:

    紅葉がきれいです。ジョウビタキの色がほんのりしていて好きです。ウォーリーは、むずかしい! 黄色い落ち葉のようなのがチョウですか?

  8. たんぽぽ より:

    楽しく過ごせてよかったですね!紅葉がきれい!(^-^)シジュウカラさん、かわいい顔ですね♪

  9. モドキ より:

    フーさん、ジョウビタキは地味だけどメスの方がずっと可愛いですね!これからひと冬、遊んでくれれば嬉しいのですが・・・ウォリーは、4角画像の対角線が交差する真ん中に右向きで居ます。注意すると、触角が分かりますよ。

  10. モドキ より:

    はい、たんぽぽさん、秋の日の一日を楽しく過ごせました。季節がら、小鳥も紅葉と一緒に撮りたかったので、1枚でも撮れて良かったです。シジュウカラに感謝!

  11. アカショウビン より:

    鳥見の成果はどうでしたか?ん~ボチボチでんな~!?でも、墓穴は掘っていないようなので、安心しました^^そちらでは墓地が穴場なのでしょうか?こちらでは、墓地は各家庭ごとに敷地内に作るのが普通なので、墓地で鳥見というのはないですね。でも、火葬場のすぐ側でよく鳥見するので、風向きが悪いと煙を吸い込んでしまいます(@@;)蝶は拡大しなければサッパリ判りませんでした^^;

  12. モドキ より:

    アカショウビンさん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。おかげさまで、墓地へ「探鳥に行ったおかげで」墓穴を掘らずに済みました(汗)田舎へ行くと敷地内のお墓を見かけますね。その方が寂しくなくていいかも・・・火葬場のそばで探鳥したら、きっと骨が丈夫になりますよ。いよいよ師走、鳥見に悔いを残さずサッパリとした気分で終えたいです!

  13. くまた より:

    おぉ・・ボチボチ(墓地墓地)ウォッチングですね^^;与謝野ご夫妻のお墓は玉座が並んでいるようですね(゜゜;)岸田劉生さんのお墓は松の影にひっそりと立っていて・・・・そのようなお人柄だったのでしょうかねぇ・・。  手前の石の四角いフォルムに「麗子像」が重なるのは私だけ?^^; (ーー;) 秋の陽のスポットライトを浴びた紅葉の葉っぱ、綺麗です~!土の上にも、秋色に染まった落ち葉が敷かれていたのでしょうね。さて、ウォーリーを探せですが、初めはわかりませんでしたがクリックしてみたら、とっても分かりやすいところにドドーンと・・( ̄▽ ̄;)イタ!クロコノマチョウさん、まるっきり木の葉なんですね@@;お嬢様とシジュウカラさん、透きとおった声が聞こえてきそうです。トリオ(鳥男)の皆様、湯冷めしませんでしたか^m^ ヾ(^_^;)コレコレ

  14. モドキ より:

    くまたさん、墓地・墓地ウォッチングもそこに葬られている方の生きざまなどを思うと興味はつきないです。また、墓地のあちこちで美しく染まった紅葉を見ることができました。肝心の野鳥がサッパリしすぎて、気持ちが良いくらいで(笑)そんな中でお嬢さんとシジュウカラさんが遊んでくれて、嬉しかったです。トリオくん達は湯冷めしないように、今週は反省会を画策しています。modokiはアルコールが余り得意ではないのですが・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中