ブームに追いつけ、ユキホオジロ

大阪から帰って来た火曜日、よくチェックさせてもらっている野鳥のサイトにユキホオジロ。

北海道へでも遠征された自慢話&画像かと思ったら、な、な、なんと千葉県!

しかしこちらの方はネット上では詳しい場所は書かれない。どこ、どこ、どこやねん!?

と、ネットをチェックしていると、野鳥以外のサイトで有力情報を入手。土曜日の今日、行って来ました。千葉県外房方面へ。

電車・バス乗り継いで現着は9時過ぎだったか。ちょっと遠回りした。先客は数十人。ん十年ぶりというから仕方ないね。

場所は海辺の砂浜だが、打ち上げられたゴミが散乱するひどい場所。しかしユキホオジロは可愛かった。

ユキホオジロ08 ユキホオジロ10

ユキホオジロ11 ユキホオジロ23

ユキホオジロ27 ユキホオジロ32

待つことしばし、防波堤のコンクリー壁でご休憩。と、今度は逆サイド、カメラマン集中地帯の防波堤へ。

航行する船が背後を通過する。ユキホオジロが似合う風景ではないが、贅沢は言わない。

毎年北海道や本州の日本海側へはやって来ているようだが、本場北海道の探鳥ツアーでも見られる保証はないとのこと。

見てみたかった野鳥なのに、見られる可能性が低かった千葉だけに、ホント嬉しかった!!!

ただ、折からの季節風が容赦なく吹きつける海岸。ピントが甘いところへ、スコープが風で揺れて・・・。

昼飯のコンビニおむすびは吹きつけた細かい砂粒で銀シャリじゃなく、銀ジャリ。アレレ・・

ユリカモメの群飛、不思議なコサギ集団などながめながら帰路へ。

ユリカモメ100206_4群飛NET コサギ100206_2NET

太平洋は冬でも明るく輝いていた。

九十九里のサーファーNET

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ブームに追いつけ、ユキホオジロ への16件のフィードバック

  1. かけやん より:

    ほんまか?うそやろ?ほんまや!ホオジロの部分白化?違うな、ほんまや!ええなあ、でもおれがもしタンチンプニンやったとしたら…多分行かんやろな。って強がり言って。やっぱり行く。

  2. アカゲラ より:

    こんばんはホオジロは夏にはよく見かけますが,ユキホオジロは見たことがありません。こちらでは,雪の少ない道東方面の 海岸近くの原野よく観察できるようですが,さっぽろでは 全く見られません(-"-) 外房総の海岸線に集まっているんですか・・ちょっと意外ですね。こちらでは,道東のオホーツク海側で観察できるようですが,札幌からでは 遠いですね!(^^)!。結構な小鳥さんを ゲットできてヨカッタデスネ!(^^)! 銀シャリとは 涙ものでしたね!(^^)!。こちらは 今夜は 吹雪になっています(-"-)

  3. 中村右近 より:

    こんばんは!実に愛くるしい鳥ですね!!富士山麓には来ないんですかねえ…。それにしても暖かそうだなぁ~~~~。今夜の最低気温は-13℃の予報。強風を伴っているので体感温度は-20℃を下回ります。でも、富士山は綺麗に見えますよ!!

  4. モドキ より:

    はいカケスさん、千葉でユキホオジロが見られたのは「タンチンプニン」のおかげです。場所が場所だけに、夢みたいで、夢ならさめないで欲しいです。

  5. モドキ より:

    暇人さんはユキホオジロのホームタウンにお住まいなのだから常にチャンスはありますよね!雪が少ない道東が本場でしたか。確かに常に地面に落ちた植物の種子などをついばんでいるようでした。雪が深いと辛いかもしれませんね。年によって飛来数も変わるでしょうが、ぜひ見つけて下さい。銀シャリ、私は映画やテレビで知った単語です。食べたのは確かに、砂混じりの銀ジャリでした。

  6. モドキ より:

    右近さん、おはようございます。東京も季節風が強く、寒いですがそちらの氷点下10度の世界とは比べようがありません。外でうろうろしていると、modokiのぶさいくな髭が白く凍るのでしょうね(笑)ユキホオジロが関東地方で見られるとは夢にも思っていませんでした。今週は仕事と病院の検査でまた帰省です。車窓の富士山楽しみにしています。

  7. たんぽぽ より:

    こんにちは(^-^)今日もすごい風ですね(>_<)ユキホオジロが見れてよかったですね!ユリカモメの群飛、コサギ集団・・・実際に見てみたいです。

  8. koyuki より:

    modokiさんこんにちは^^え~~!北海道に遠征されたかと思いました(笑)と、云うワタシは未だ見ぬ鳥さんではございますが・・・ツメナガホオジロもこちらにいらっしゃるらしいですよ。難易度☆4つなのでkoyukiにはとうてい無理でございます。都会は人も群れてますが鳥さん達も群れてるのですね^^。

  9. モドキ より:

    たんぽぽさん、こんばんは♪昨日は「ユキホオジロ」が見れてホント良かったです。ユリカモメも数が多いと迫力がありました。怪しいコサギ集団は、漁港のおこぼれ頂戴が目的らしいです。今日も風が強く、鳥見は諦めて、用事を済ませて午後から柴又へ行って来ました。

  10. モドキ より:

    koyukiさん、こんばんは♪はい、実は北海道、へは行ってません。けれど、ラッキーにもユキホオジロを見ることができました。今度は爪の長いホオジロでも探してみますか・・・無理やろなぁ!そうですね、ユリカモメの団体さんはそれなりに見かけますがコサギの団体さんは、不思議な光景でした。漁港のおこぼれを待っているらしいです!

  11. hulala より:

    こんばんはユキホオジロはほっぺがオレンジ? お腹が真っ白で美しい!でもまぁよく外房までおっかけましたね、お若いだけに行動が素早い。お目当ての鳥さんが見れればおにぎりのシャリシャリもなんのそのって感じですね。コサギの集団はなんか白い服の集団を思い出してしまいましたよ。

  12. モドキ より:

    hulalaさん、modokiが住む錦糸町は千葉方面の入り口にあり、外房も思ったほど遠くありませんでした。それに、お若いと言われるとちょっと厚かましいような。そこに「定年」が見えてきました(笑)はい、思いを寄せた鳥が見られて、砂混じりのおにぎりも笑って食べられました。人間って、現金なもんで、勝手なものです。

  13. アカショウビン より:

    白くて中ぐらいのヤツに続き、白くて小さいヤツまでゲットされおめでとうございます(^o^)私もこの情報は先月末に知りましたが、このときモドキさんが帰阪ということで、残念と思っておりました。でも長期滞在中のようですね^^そうそう!こちらでも作季は、白の大中小揃踏みでしたが、小は数日だけの滞在だったようで、私は振られてしまいました(>_<;)こちらではバーダーも少なく、ブログをされている方も少数なので、情報に乏しく、関東地方は、毎年のように珍鳥が発見されるのは、バーダーの多さも物語っていますね^^こちらでの観察例は少なくないはずですので、また幸運に期待したいと思います^^コサギがこれだけ密集するのは珍しいですね!

  14. モドキ より:

    アカショウビンさん、こんばんは♪そうでしたか、情報は山陰まで届いていましたか?ネット時代だから、距離は関係ありませんね。そう言えば先日のコバシチドリがこちらの方のブログに載ってました。図鑑にも載ってました(笑)もっとも、出かけるとなると「ビンボーヒマなし人」には大変ですが!アカショウビンさんのネットワークも大したもんですよ!ぜひ、新鮮ネタのおこぼれを!ユキホオジロが関東で見られるとは思ってもみなかったので、嬉しさは格別でした。そちらでは機会は多いと思いますよ、きっと!

  15. くまた より:

    ユキホオジロさんというのですか@@ 育ちの良さそうな清楚で可愛らしい鳥さんですね。特に丸っとなっている姿のニャンとも愛くるしいこと(=^T^=)ゴクッ (ーー;)コサギさん達、出番を待つ踊り子さん達みたいです^m^銀砂利・・字面はなかなか美しいですね・・^_^;

  16. モドキ より:

    くまたさんが見ると、ユキホオジロの生まれの良さが分かりますか?確かに、茶系が多いホオジロの仲間で白いのはこの種くらいで、人気もんです。姿勢を低くして一息入れるのは、風が強い北の大地が主な生息圏だからでしょう。コサギの集団、舞台の裾で出番を待つバレリーナに見えなくありませんね。そのくまたさんの着想が、素敵ですよ!銀砂利が銀ジャラになると、パチンコですね(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中