太平洋は霧のベールにおおわれていた。

昨日(土曜日)は仕事、一日だけの休日(日曜日)は、掃除洗濯ETC。浴室換気扇のフィルターを初めて洗った。真っ黒!

そんなワケで、鳥見はなし。先週木曜日の振替休暇に、日帰りだが初めてワイバードの探鳥ツアーへ参加した時の話し。

ツアー名は『オオセッカ、コジュリンとアジサシに会いたい』今年すでに見ていたオオセッカ、コジュリンよりも

アジサシに興味があったから。これからの季節、太平洋岸はアジサシが通過する。その中に珍しいのが混じると言う。

東京駅前丸の内を8時過ぎに出発したバスは、途中トイレ休憩をはさんで一つ目の探鳥ポイントへ。九十九里浜の一角。

太平洋の波が打ち寄せる広い砂浜に、コアジサシに混じって大きなアジサシがいた。水辺にはオオソリハシシギ、オバシギの姿も。

アジサシ コアジサシ親子1 コアジサシ親子2

 濃霧の中↑コアジサシよりも大きいアジサシ         ↑陸側にはコアジサシのコロニー。足元に雛がいます。

太平洋1 ←だいぶマシになってもこんな感じの海辺。濃霧の中から波がやって来る。

し、か、し。辺りは濃霧?に覆われて、姿がハッキリ見えない。高山の「ガスってる」というのと同じ。

ハイライトでピントを合わすバカチョンカメラは、白いベールを前にオートフォーカスが機能しない。まいった(汗)

2か所目は銚子よりにある漁港へ移動。少しマシになったが、やっぱりスッキリしなかった。遠い海原にオオミズナギドリを初めて見た。

波とコアジサシ1 波とコアジサシ2←波にさらわれそうな?コアジサシ

 太平洋2 ←海は広いな大きいな・・・

探鳥に時間を割くと、昼食は移動バスの車中になる。シチュエーションが海から河川敷の草原へと大きく変わった。

ポイントはmodokiが歩いた場所に近い利根川下流域。オオセッカ目当てで関西から参加の方も数組。やっぱりオオセッカは人気の珍鳥なのだ。

ちなみに環境省レッドデータリストによるとオオセッカはEN(絶滅危惧種1B類)となっている。

ツアーでもオオセッカ、コジュリン、コヨシキリの3点セットを観察。ただ堤防上から見るのでみんな遠い!

オマケは帰り際のヨシゴイ。久しぶりに見たが、広い河川敷では飛ばないと見つけられない。

コヨシキリ3 オオセッカ

コジュリン ヨシゴイ

団体旅行など、ホント久しぶり。ワイバードは探鳥専門の旅行代理店で、この手の先駆者だ。

デリケートな自然を相手にした商売ということで、快く思わない人もいるらしい。

しかし、今回参加した感じではみなさんマナーも良かった。

 名札 ←帰りの暗くなった車中で返却した名札

何、modokiはワイバードで探鳥するよりも、「ヒ」を頭につけてヒワイ(卑猥)バードで探蝶する方が似合てるって?

いいえ、夜の蝶など追っかける元気も余裕もなんにもありません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

太平洋は霧のベールにおおわれていた。 への22件のフィードバック

  1. たんぽぽ より:

    濃霧の中、よく撮影できましたね。団体旅行・・・経験がありません。知らない人たちばかりで、おもしろそうですね♪

  2. アカショウビン より:

    モドキさんは週末、レンカクあたりを目指されるかと思っていましたが、お出かけされなかったのですね。昨日こちらの山はガスっているというか、雲の中だったようで霧雨が降り続いていました(^^;コアジサシに嘴の黒いアジサシに、オオミズナギドリまで見られて充実していますね。太平洋は外洋性の鳥などに出会えるチャンスもあるでしょうし、これからの時期、台風の後など、ワクワクするでしょうね(^_^)ヨシゴイも羨ましいです。昔は、オオヨシゴイと共に相当数が繁殖していたと聞きますが、現在ではなかなか観察が難しいのでしょうね。まぐれでも一度見てみたい鳥です(*^-^)

  3. hulala より:

    こんにちは探鳥ツアー、ツアーもいろいろあるんですね。アジサシ、よりコアジサシの方が大きいというのもどうなっているんでしょうね。コヨシキリ、コジュリン、なども他にコ無しの名前があるのですか。コアジサシの親子も素敵ですね、親の方はなんとなくオナガに雰囲気が似ているような気がします。

  4. くまた より:

    おぉ。。千葉県知事が夕日に向かって走っていきそうな浜辺 寄せては返す波の音が聞こえてきそうです~ ゜゜;\(゜▽\)ザッパーン  (ーー;)霧の中から現れる波も幻想的ですね^^ でも、確かにカメラマン泣かせかも^^;雛コアジサシちゃん、砂の上では見事に保護色ですね。ヨシゴイさん、フリーキックの時にゴールの前で壁になってる選手みたいです^m^あらあらまぁまぁヾ(#^.^#)夜の探蝶会ですか?はいはい 内緒にしときましょう!  聞いて聞いて~(/〇^)/ modokiさんったらね~~~~っ

  5. koyuki より:

    モドキさんこんばんは~^^意地悪なベールですね。シャープ売りのモドキさんにはお気の毒のベールです。でもシッカリKoyukiには見えますよ。あっ!フィルターを洗ったせいでしょうか(笑)コアジサシって浜辺でコロニーを作るのでしょうか・・・モドキさんがコロニーを作るとはだ~れも思ってませんですよん。そちらも緑が美しい季節ですね。

  6. フー より:

    こんばんは~梅雨の海が好きなので う~ん いい海だなぁ~と モドキさんに怒られそうですが言っちゃいました。しかし、この状況で鳥さんを見つけるのは大変なご苦労と言うことは判りますので 怒られる前にお疲れ様でした。と申し上げます!コアジサシの親子も この天候の中では保護色のようで狙われなくてちょっと安心かも・・・・ヨシゴイはとても小さいので見つけられたモドキさんの勝利ですね~ワイバードという便利なものもあることを初めて知りました。上手に利用するのもいいかもしれませんね~お疲れ様でした!

  7. モドキ より:

    たんぽぽさん、こんばんは♪濃霧の海もファンタジックというばファンタジックなんですが、目的が鳥見だったので辛かったです。まっ、ツアーガイドさんにヤツ当りしても始まらないし・・・そう、たんぽぽさんは団体旅行未経験!?リッチなのかな。でも、昔の修学旅行なんてのは団体旅行の代表ですよね(笑)

  8. モドキ より:

    アカショウビンさん、こんばんは!!!さすがアカショウビンさんのネットワークの広さと感度の良さに驚きです。実は前日に知ったのですが・・・当日のツアーの参加者の一部にはすでに出掛けられた方もいらっしゃいました。ワイバードの担当者も「レンカクへは立ち寄りません(笑)」と、ご存知なようでした。当日の状況がハッキリしないのと、ツアーで利用していた大型バスが止まれない道沿いということでした。すぐ側を通過していただけに残念ではありました。ガスやなんやで、写真もイマイチでしたが太平洋は大きくて気分の良くなるところですね!

  9. モドキ より:

    hulalaさん、いつもありがとうございます。modokiの説明が下手だったかもしれません(汗)アジサシはコアジサシより大きいです。オオヨシキリがいて、コヨシキリがいますが、ただのヨシキリはいません。同じようにオオジュリンがいて、コジュリンがいますが、ジュリンはいません。樹林は知ってますが・・・。ところがオオセッカはいますが、コセッカはいません。たあし普通のセッカがいます。大。中・小とそろっているのは白鷺でしょうか?ダイサギ、チュウサギ、コサギと揃ってます。

  10. モドキ より:

    となりのくまたさん、どうもです。千葉県知事が昔活躍していた青春ドラマをご存知だと言うことは、意外と・・・・これ以上言えませ~ん(汗)太平洋、特に九十九里浜辺りから見る太平洋はスケールが大きくて、くよくよしていられなくなりますね。確かに、砂浜周辺で繁殖する雛はアースカラーの縞模様が多いです。自然はよく出来ていますね。ほ~っ、ヨシゴイはフリーキック時のゴール前の壁ですか?なるほど。いつも鳥に近づきすぎて飛ばれているmodokiですが、夜の世界で噂を飛ばされてみたいです。

  11. モドキ より:

    koyukiさん、今回の濃霧には閉口しました。シャープが売りといっても、シャープ亀山モデルほどの画像が撮れれば嬉しいんですがね。だいたいmodokiの画像にごまかされていますよ。振り込み詐欺じゃなく、画像取り込み詐欺(笑)ゴミ箱行き寸前の画像をアンシャープとコントラストを効かせ、最後はお笑いコメントでごまかす。koyukiさん、modokiはコロニーには興味ありませんね。あるのはアラビアンナイトのハーレムですぅ!このバカ親父が!

  12. モドキ より:

    フーさんのご指摘通り、雨に濡れる海辺も素敵ですね。もっとも、今時の明るい雨限定ですが。はい、雨というより濃霧だった当日は一時写真になりませんでしたね。自然界では身を守るために保護色。ところが人間社会では、わざわざ目立つ服を着たり点灯して自動車から身を守ったりしますね。やっぱり、人は自然界の異端児です。ヨシゴイはツアーのみなさんの目があったから、飛んだ時に追うことができました。他にも探鳥をメインにする旅行会社がありますね。なんでも商売ですよ!

  13. アカゲラ より:

    こんばんは「ヒ ワイカード」ですと 夜の蝶探訪もできるんですか!(^^)! 久しく ススキノ界隈にでかけたこともなく,もっぱら 健全な単調な 生活です!(^^)!それに 探鳥も最近は単調になっています!(^^)!

  14. モドキ より:

    暇人さん、こんばんは♪赤い屋根の給水塔と言えば暇人さんのホーム探鳥フィールド。ススキのと言えば、知らない人も知っている(なんか変)有名な探蝶エリアですね。確かなに、夜に徘徊することは無くなりました。まだ、断ち切ったワケではないのですが(笑)こちら梅雨空の下、虫暑い夜が続いています。そちらは快適な感じですね。

  15. たんぽぽ より:

    リッチではないです・・・(>_<)

  16. モドキ より:

    月島たんぽぽさ~ん、では「それなりにリッチ」と言うので、どうでしょう?

  17. たんぽぽ より:

    ありがとうございます。それなりに・・・でもないのですが・・・(^_^;)

  18. モドキ より:

    たんぽぽさん、どうもです!では「少しリッチなイメージ」では・・・・ちょっと、しつこいですね(汗)

  19. たんぽぽ より:

    そういうことにしておきましょう(笑)

  20. 中村右近 より:

    こんにちは!ちょっとガスった浜辺は、いかにも九十九里と言った感じですね。何度も訪れていますが、1度も快晴だった事はありません。今週は月曜日から南の島、Guamへ行ってきました。ジャングル探検してみてもよかったのですが、4歳の子供にはまだちょっと早いようで…。海での遊びに徹しました。鳥と言えばどこにでも飛んできては落ちているものをついばむスズメ。日本のスズメよりスマートに見えるんですが、あれってスズメじゃないのかなあ?あいにくレンタカー屋でカメラを落としてしまい、Zoomレンズがお釈迦。鳥は撮れませんでした…。(T_T)

  21. モドキ より:

    たんぽぽさん「リッチ・イメージ」から少しでも「リアル・リッチ」目指して頑張りましょう!(まだ言ってる)

  22. モドキ より:

    Dragonfly中村右近さん、こんばんは♪富士山のブログが停滞していたので、お仕事が忙しいのか「脱出」のどちらかだと思ってました(笑)そうなんですか、九十九里浜というのはガスっている方が多いのですか?!いつ言っても、広い砂浜と青い大海原が見渡せるのだと思ってました。海外と言えば鳥をやり始める前にはアメリカ本土やハワイに仕事で行ったことあるのですが・・・グアムのスズメですか、どうなんでしょう?それにしても高価なレンズが壊れたのは余りにも痛いですねぇ!お釈迦と言うことは修理不可能ですか!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中