紅顔の美少年。

ふたたび、舞い戻ってきて滞在中の大阪の我家からです。

先のブログで書いたように、退職が決まると貯まっている有給休暇の消化に努力する。

そんなワケで正月休みも長かったのだが、休みの終盤に淀川河川敷に滞在中の

ホオアカ、つまり頬赤。modokiの幼少時代を思い出させる紅顔の美少年を見に出掛けた。

(書いている本人の頬が恥ずかしさに赤くなっています:大汗)

ところが、ホオアカのようでホオアカでない個体も同時滞在中だから話はややこしい。

かしましい連中はコホオアカだと言うのだが・・・だと、1種ゲットなのだが!?

↓まずは、ほぼホオアカ確定個体の画像?

 

↓頬の赤い部分の大きさや位置、眉斑、胸の白さや大きさ、止まる位置など

コホオアカの条件を備えたように見える個体。

 

※さて、画像を見て識別に自信のあるあなた、同定書き込みをお願い致します。

◆東京へ戻る前日、地元野鳥の会の探鳥会へ参加した。担当は師匠のカケスさん。

最後にレンジャクが出て盛り上がったが、

modoki的には「オオムラサキの越冬幼虫」が地元で見られたことが何より嬉しかった。

カケスさん、オオムラサキの4対の角はやっぱり大きさが揃っているようです。

左の小さいヤツがオオムラサキ。蝶になるとオオムラサキより小さいゴマダラチョウの

幼虫時代は、オオムラサキより大きい(右側の3頭すべて)

鳥でも蝶でも、地元で見ると嬉しさは格別だ。夏に雑木林に舞うオオムラサキを見たいものだ。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

紅顔の美少年。 への26件のフィードバック

  1. たんぽぽ より:

    かわいい鳥ですね。
    今日は葛西臨海公園に行きました~
    いろいろと大変でしょうね。
    頑張ってくださいね。

    • agehamodoki より:

      たんぽぽさん、おはようございます。福岡からコメントです。
      小鳥たちは嫌なことを忘れさせてくれ、癒されます。
      葛西臨海公園、バーダーさん見かけましたか?
      近日中に出かけてみたいです。

  2. ニコラス より:

    仕事の事を忘れて趣味の世界のひと時って素晴らしいものかも!(笑

  3. 暇人 より:

    こんばんは
    勝手知ったる 地元と言うのは いいですね!(^^)! 「コホオアカ」ですか・・。暇人は「コホオアカ」は 一度しか 撮ったことがありません。ホオアカは 毎年 初夏の頃に 見られるんですが,「コ」のほうは難しいですね!(^^)! そんなことで,同定が できませんので アシカラズ!(^^)!
    蝶の幼虫ですか・・,暇人は 幼虫は苦手ですから,良く見ても分からないでしょうね(-“-)

    • agehamodoki より:

      暇人さん、今日は九州福岡へ来ています。
      もう少し暖かいかと思ったら、日本海側に位置する福岡は寒いです。
      やっぱり、地元がいいですね。ホオアカは毎年やってきますが、
      コホオアカは、なかなかお目にかかれません。この個体が、さて「本物」なのか?
      オオムラサキの幼虫は毛虫タイプではないし、
      角がある顔はアニメのキャラクターにしたいくらい可愛いですよ(笑)

  4. koyuki より:

    アットホームでぬくぬくしてるmodokiさんこんばんは!
    懐かしいホオアカさん、modokiさん地方で避寒してたのですね^^。
    コホオアカさん名前は聞いてましたが初めて見ました。
    可愛いですね(^-^)
    こちらは晴天が多いですが最近冷え込んでます。
    鳥影もKoyukiの近くでは見当たりません。
    腕(テクニック)と足(三脚)とセンスが決め手ですか・・・皆欠損してました(泣)
    道路が怖い状態で遠出も出来ずおとなしくしております。

    • agehamodoki より:

      koyukiさん、今日は福岡からコメントです。
      そうですね、ホオアカは夏の間、北海道や本州だと信州の高原で「避暑」ですね。
      なかなかリッチなライフスタイルで、羨ましいかも(笑)
      koyukiさんは羨ましい三ツ星級の画像を連発されることがあるじゃないですか!
      センス抜群ですよ!その「素直な視線」が素敵です。
      だいたい山で鍛えた腕と足があるではないですか?
      どちらもネイチャーカメラマンの必須アイテムですよ!

  5. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^

    >modokiの幼少時代を思い出させる紅顔の美少年・・・・
    フムフム^^ナルナル^^ どんな男の子だったのかしらん?
    きっと、繊細でお絵かき上手な可愛い男の子ちゃんだったのでしょうね^^
    (勝手に想像中~~~~♪)

    ホオアカちゃん♪ 可愛いですね^^
    私は一度もお目にかかった事がないのですが・・・。
    珍しい小鳥なんでしょうね?
    そして、これまたもっと珍しいコホオアカちゃんにも遭遇されて♪
    良かったですねぇ~♪

    オオムラサキの幼虫を見つけられたんですね^^
    昆虫はさっぱり解らない私ですが
    この名前だけは知っていましたヨ^^v

    • agehamodoki より:

      ちえたんさん、米原付近の積雪で送れた新幹線で博多へやって来ています。
      ○島も停車しましたよ。ホントはちょっと途中下車したかったですね。
      はい、自称「元紅顔の美少年」のmodokiです。ホントは厚顔だったりして(笑)
      ホオアカは普段、茂みのなかですね。やっぱりmodokiに似て「シャイ}
      河川敷の葭原などで見られますよ。コホオアカはちょっとレアかな?!
      オオムラサキは日本の国蝶ですね。オスは特に名前に由来の紫が美しいですよ。

  6. ホオアカ、私は冬には見たことがないですね。
    滅多に見る機会がないだけに、ホント見つけると嬉しいものです(*´∇`*)
    コホオアカと思われる個体は、胸の模様からはホオアカと断定できないことは確かですね。
    お辞儀をしてくれて、頭央線を確認出来ればベストでしたね。
    私も以前、消去法だとコホオアカでは?というような個体を見たことがあるのですが、
    腹部の斑や全体的な雰囲気が違うような気がして、全く自信がありません。
    いつかこれぞコホオアカ、と断定できる個体を見たいものです。

    • agehamodoki より:

      アカショウビン先生でも断定できませんか?
      もう1度、下を向いている画像を探してみます。
      それとも、地元へ帰ったときもう1度トライしてみます。
      確かに「これで文句ないやろ!!」と言う個体を見てみたいです。
      で、今日は最後の福岡出張なのですが、仕事片付けて
      午後のひと時を博多湾東部の和白干潟へ行ってこようかと!

  7. hulala より:

    こんばんは
    ホオアカも見たことないから何ともいえず、なにしろ鳥さんは、ど素人で
    解りません
    オオムラサキの幼虫を木の下で探しているアゲハモドキさんを想像して
    一人微笑んでしまいました。ゴマダラチョウが3頭でオオムラサキ1でしたか。
    夏にはチョウになれるといいですね。

    • agehamodoki より:

      はい、hulalaさん福岡からコンニチハ!
      エノキの根元で落ち葉をひっくり返すmodokiを想像されましたか(笑)
      昔は簡単に越冬幼虫を探せましたが、最近はホント目にしません。
      見つけた時は嬉しかったです。これも、ひとえに「カケスさん」の
      下見のおかげなんですよ。飼育の自信があれば「お土産」にしたかったです。

  8. かけやん より:

    ツノの大きさの違いがよく判りますね。
    因みに「萩谷公園チョウの里」の4本のエノキの下のオオムラサキの幼虫は昨冬はたったの2匹だけだったそうです。16年前は30匹以上見つかったそうです。名前が泣いています。

    コホオアカ、見たことありませんが、耳羽のうしろの囲み線が黒褐色ではっきりしていること、胸の白さが違うこと、などからコホオアカだと思います。画像からは大きさの違いや頭央線、頭側線は分かり難いです。

    • agehamodoki より:

      カケスさん、コメントありがとうございます。
      ほんと、modokiが紅顔の美少年だった頃(まだ言ってる)、
      蝶が好きな先生に連れられて長岡の山裾で探した時も、
      あっと言う間の大漁でしたネ。それが今では、住宅地と化しています。
      ホント寂しい限りです。飼育に自信があればねぇ・・・オオムラサキは難しい。
      コホオアカ、だったら良いのですが、別にホオアカでもいいのです。
      楽しく鳥見ができれば!

  9. くまた より:

    紅顔の美少年も、今や渋いナイスミドルですか・・(゜m゜*)
    そしてリンゴのホッペの美少女(美が少ない)は厚顔なクマになったそうな・・(^^)v
    さてさて、ホオアカさんとコホオアカさん、お写真で見せていただくと
    明らかに胸の色もお顔の白い部分も違うように思えるのですが
    それだけでは決定力不足なのですか?鳥さんの識別は難しいですね(@_@;)
    オオムラサキとゴマダラチョウとは、豪華なラインアップですね!
    家の軒下では、アオスジアゲハの蛹が越冬中です。毎日チラチラ見ちゃいます^m^

  10. agehamodoki より:

    くまたさん、こんにちは♪
    今日は久しぶりに東京の自分のデスクで仕事をして(いるフリ)います(笑)
    ナイスミドルな~んちゃって。すでに「出がらし状態親父」みたいなもんですよ。
    ホオアカ、コホオアカの識別には苦戦しています(汗)
    でも、そうして「あれこれ悩むのも楽しい」のが、趣味の良いところです。
    仕事だと大変ですよ!どんなことでも、結果を出すのが仕事だから・・・
    ほ~っ、アオスジアゲハの蛹。なかなかナイスなネタがぶら下がっているのですね
    春に羽化して、美しい蝶になってほしいですネ。続報期待!

  11. たんぽぽ より:

    バーダーさんは見かけませんでした。
    九州は、高校生の時に行っただけです。
    お仕事、頑張ってくださいね。

    • agehamodoki より:

      たんぽぽさん、再訪ありがとうございます。
      有給休暇で、ヒマはあるけどカネがない時は葛西へ行こうと思っているのですが(笑)
      仕事は「軽く終了」しました(爆)

  12. ちえみ より:

    大坂に帰って来られているんですね。
    自然って凄いですよね。
    青い空も川も海も花も癒してくれますね。
    家にもホッペの紅いオカメインコがいますが。。。
    美少年とは決して言えません。。。(>_<)

    大坂も寒いです風邪ひかないようにして下さいね。

    • agehamodoki より:

      ちえみさん、こんにちは♪ちえみさんの地元も関西でしたね。
      戻ったら、どこかで「接近遭遇」するかもしれません。
      疲れた時、自然は癒してくれますね。
      何もせず、ぼ~っと海を眺める。森の木陰で昼寝する。
      (なんや、modokiは単にサボっているだけでは・・・!?)
      いずれにしても、今は寒すぎます。ハ、ハ、ハクショーン!

  13. Tommy より:

    こんばんは、お久しぶりです!
    ・・・と、覚えてらっしゃいますか^^;

    久々にお邪魔したら・・・コホオアカ、バッチリですね!
    ハッキリした眉斑に、丸みのない小さな嘴、全体の雰囲気を見ても間違いないと思いますよ!
    現地で見ると、ホオアカよりかなり小さく見えたのではないでしょうか。
    ホオアカ>スズメ>コホオアカですので、全然違うように見えると思います。

    キガシラシトドは最近話題になっていますね。
    私も近所に引っ越してしまったので、少し人混みがマシになったら(なるのか?)行ってみようかと思っています。

    なんだか、modokiさんとはどこかでお会いできそうですね・・・^^;
    関東で道内ナンバーの車を見たら要checkです(笑

    • agehamodoki より:

      コメントを、は、は、発見できなかったナマズもどきです!
      な、な、なんとキガシラシトドとご近所つきあいですか(笑)
      相変わらず、素敵な「鳥画像」を残されているのですね!
      全国のナンバーを見ますが、道内は見たことないですね(笑)
      鳥の次に、注意させていただきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中