充実の彼岸?

明日は晴れるぞ~!22日の夕焼け。タカが飛ぶぞ~!

23日、やっと台風一過の晴れ間が広がった。

タカ渡り観察地点へ直行したいけれど、今日は「彼岸の中日」。

と言うワケで、まずは家内とふた手に別れて、それぞれのお墓参り。

(先日、台風の影響で行けなかったのが痛かった)

お寺のある京都円町から帰りは巨椋干拓地を経由。

  

先日来あちこちネット上に登場していたオグロシギの団体さん(と言っても7羽)が居た。

予定の休耕田に居なくて、ドキッとしたが、やっぱり「墓参り」の後。良いことはしないと!

 

左)餌、見っけ、パクッ!右)オグロシギと言う名の通り尾は黒い。

先日のタマシギファミリーは約2週間ぶり。

 

小さかった雛は親と見違えるくらい大きくなっていた。どうやら全員無事!

巨椋を後に、最後は地元「萩谷」のタカ渡り観察地へ。現地到着は午後3時前。

今日はすでに200羽以上飛んだと言うが、時間的に辛い。

お泊まり組を期待したが、人の多さに嫌気がさしたかダメだった。

と言うワケで、最後は「タカ画像の種当てクイズ!?」

画像のタカは埃大のピンボケ画像を超スーパーウルトラトリムしたものです。

全体に黒っぽい。細く突き出た首。良く見るとフィンガーが6本。尾羽に太いライン。

なんやかんやで、成鳥ハチクマとさせていただきました。ご(清聴)ありがとうございました。

異議ある方は、当ブログへ書き込みをお願い致します。

尚、当地では高槻野鳥の会はじめ色んな方にもお会いできました。

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

充実の彼岸? への24件のフィードバック

  1. りばてぃ より:

    やはり観察スポットは、シーズンで混雑っていうのがあるんですね。
    落ち着いてウォッチングをするには、なかなか大変なのですね。
    千葉の田舎の方に行ってきたら、海や野山でいろいろな鳥が飛んでいました。
    子供たちにはやはり猛禽類が人気でした^^。

    • agehamodoki より:

      りばてぃさん、こんにちは。
      ここに来て、やっと秋らしい青空になりました。
      出遅れ気味だった「タカ渡り」に期待されたのか、バーダーさんが多かったです。
      それが嫌で、ご自分だけの「ポイント」を探す方もいます(笑)
      千葉は高い山がありませんが、海に突き出てた地形なので
      意外と珍しい鳥が見られるところです。
      猛禽類は大人にも人気ですよ(笑)

  2. たんぽぽ より:

    オグロシギの後ろ姿、よく撮れましたね(^_^)

    • agehamodoki より:

      ず~っと、ファインダーのなかでオグロシギの追っかけをします。
      最近は高解像で大きい画像で撮るので、
      その容量サイズは数ギガになります。
      その中の1枚です(大汗)

  3. お彼岸ですね・・・充実ですネ!
    私は、休みもなく仕事してます(夜明けのご近所鳥見はやってます)
    鷹のシーズンですね!
    私もどこかへ出かけたい!
    ところで、オグロシギと言えば、ただ今鳳蘭に高梨さんの撮影したものが
    額に入って飾られていますヨ!(パチパチです)

    • agehamodoki より:

      「暑さ寒さも彼岸まで」の彼岸です。
      休日も仕事でしたか、良く稼がれますね。
      またまた、新しい遊び道具を狙っておられるのでは(笑)
      出かけるのに良い季節の到来です。
      へぇ~っ、高梨さん撮影のオグロシギですか?
      今度冷やかしのメールでも飛ばしておきます(笑)
      楽しい情報をありがとうございます。

  4. kanaconnie より:

    オグロシギ、まさに撮って!と言わんばかりのポーズ!!
    尾の模様が本当によくわかります。抜群のタイミングでしたね。
    なんだか雲がドラマチックです。

    • agehamodoki より:

      >まさに撮って!と言わんばかりのポーズ!!
      と遭遇する為に、それなりにファインダーで追っかけました(汗)
      おかげさまでまた、少ない種類の鳥画像で
      なんとかブログの間延びを防ぎました(大汗)
      この雲は、見えないところで苦労しました。
      バカチョンカメラで撮ろうとしたのですが、
      いきなり「メモリーがありません」の表示。
      最近使ってなかったので、初期化設定を思い出せず。
      撮り始めた頃は、少し赤い色が薄くなっていました(泣)

  5. koyuki より:

    modokiさんこんばんは!
    オグロシギもタマシギもバッチシですね(^Q^)/^
    バックシャン(笑)かっこよいです。
    一枚一枚クリックして見せていただいてますが図鑑のようで
    素晴らしいですね。
    Koyukiの見たのがこんなだったのねぇ~3羽でしたけど。
    タマシギも無事で何より、成長が早いですね。
    まさに充実で良かったですね(^-^)

    • agehamodoki より:

      koyukiさん、こちらは相変わらず鳥枯れ、ネタ不足。
      前回同様ほぼ「単一種」でブログの更新ですから、画像は一杯撮ってます(汗)
      数ギガん百枚の中のバックシャンですが、koyukiさんにお褒めいただき光栄です。
      1枚1枚クリックまでしていただき、嬉しい限りです。
      たくさん撮った甲斐がありました。
      そうだ、そちらでも観察されたのでしたね。
      オグロシギは上品な「シギ」らしいシギですよね!
      タマシギと言うか、野鳥の成長の速さに驚きます。

  6. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんわぁ^^

    お墓参りお疲れ様でした^^
    奥ちゃんと二手に分かれて墓参り?
    もしかして・・・その後の鳥見を計算にいれてたりして・・・(笑)
    オグロシギの団体さん!
    まるで人力田植えのように、横一列に綺麗に並んで餌を食べていますね^^
    整列の出来るお行儀の良さを感じます(・∀・)ニヤニヤ
    タマシギの雛ちゃんも随分成長したみたいですね
    全員無事が確認できて良かったです~(。◠‿◠。)ニコッ
    >ピンボケ画像を超スーパーウルトラトリム
    コレコレ~~! いつも私が使う裏ワザですやぁ~~ん(≧n≦笑)ククク
    これはハチクマですか?
    黒っぽい羽がカッコイイですね。
    猛禽類・・・羽の模様等で識別するんでしょうか?
    素人な私には識別難しそうですねぇ・・・・・・・・・・(-。-) ボソッ

    • agehamodoki より:

      ちえたんさん、コンニチハ♩
      >奥ちゃんと二手に分かれて墓参り?
      >もしかして・・・その後の鳥見を計算にいれてたりして・・・(笑)
      なかなか鋭い突っ込み、いや洞察力に冷や汗です!
      今年は事情で別行動でしたが、出かける時は鳥見道具満載です(爆)
      おかげさまで、オグロシギはそれなりの画像が残せました。
      その代わり、撮った数ギガ数百枚の画像整理にも大汗でした。
      タマシギの成長は嬉しかったです。
      高空のタカは、肉眼で見ると点。
      それを大砲ならぬ小砲で捉えるのだから、しょせん無理。
      まっ、昔なつかしい「シルエットクイズ」ですね!
      そんな点描画像の識別の難易度は高いです!
      でもタカ渡りの名人達は凄いですよ!

  7. ニコラス より:

    オグロシギ!見事なケツですね!!(笑

  8. 暇人 より:

    こんにちは
    そちらのほうは シギを堪能されているようですね!(^^)!。札幌では シギは望めませんので,ノビ太君でも 撮って気晴らしをしようと思っていますヨ!(^^)!

    • agehamodoki より:

      暇人さん、いつもコメントありがとうございます。
      やっとこちらにも秋の気配で、数は多くありませんが
      休耕田にシギチの渡りが見られます。
      コスモス畑にノビタ君も、そう遠くないと思います。
      早く戻ってくるように・・・

  9. 彼岸に悲願のオグロシギですね(^^)
    私は過去一度だけ、それも遥か彼方でした。
    ダイシャクシギとオグロシギは、日本海側では極めて少ない気がします。
    反対によく似たホウロクシギとオオソリハシシギは比較的観察できるのですが、
    今年は一度もお目にかかっていないので物足りない気分です。
    私はタカの渡りの観察しに行ったことはありませんが、
    この春は、たまたまよく行く山で初めてハチクマが次々渡っていくのを見ました。
    視界が悪かったので、カメラは向けませんでしたが、迫力ありますね。
    異議があるとすれば、私にも撮らせて!!です(笑)

    • agehamodoki より:

      アカショウビンさんがお住まいの日本海側とこちら大阪では
      渡りの時期の観察種も、少し違ってくるようですね。
      オグロシギは秋口に見られるケースが多いようです。
      でも「珍系」が出現するのは圧倒的に日本海側ですよね!!
      タカ渡りは25日が大当たりだったようで、2000羽以上飛んだらしいですぅ!
      仕事明けだったので、午後からでも行けば良かったと大後悔でした。
      秋空を飛ぶタカは美しいです。ただ、撮るにはちょっと遠すぎたり高すぎたり・・・
      有名な白樺峠辺りへ出かけられれば良いんでしょうねぇ・・・!

  10. ごっち より:

    毎年地元に来てくれていたオグロシギ、今年はタイミングが合わず
    会うことかないませんでした(涙)
    タカの渡りも見に行こうかと思っていたのに行けず・・・
    そんなわけで今年の秋の渡りは小鳥たちに期待です。

    • agehamodoki より:

      ごっちさん、コンニチハ!
      オグロシギは多くはありませんが、秋によく見かけます。
      ただ、いつも1~2羽程度で、7羽になると見ることのない団体さんですね。
      タカだけではなく、小鳥類も渡ってますよ。
      そう言えば、台風の置き土産で
      「オオチドリ」の団体さんが滞在なさったとか!?

  11. かけやん より:

    異議なしっ!
    ハチクマ成鳥♂。
    根拠は?
    顔の色がのっぺり灰色、尾羽の先端に太い黒帯。
    ハチクマは識別が楽しいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中