秋色が濃くなる中、久しぶりにお城へ

月が変り10月。今年も残りは4分の1。早すぎますネ!

そんな秋色が濃くなった先週後半、久しぶりに淀川を下り登城した。

平日はさすがに、バーダーさんは多くない。のんびり歩ける。

と言うことは嬉しい反面、自力で見つけねばならない(汗)

 

鳥影は多くなかった。そこへ舞い降りたのがキビタキのオス。

modoki同様に美男だね(しら~っ!)

春に渡って来た時は、目に沁みる黄色と書いたが、秋の黄色は優しい色に見える。

また、来年も無事やって来てくれることを祈ろう。

 

シックなメスも何個体か確認できた。表情が優しい。

 

大きな瞳が可愛いコサメビタキも秋の光りの中で羽を休めていた。

そんな大阪城公園「市民の森」の日だまりには彼岸花

秋夕暮れは早い。カメラを片づけようとした4時頃。ヒラヒラと1頭の蝶が・・・

長い旅の途中だと思われるアサギマダラだった。

痛んだ羽が、旅の厳しさを物語っている。そう先月は台風で大きな被害が出た。

この蝶の移動にはまだ謎が多いと言う。旅はいつ、どこで終わるのだろう。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

秋色が濃くなる中、久しぶりにお城へ への24件のフィードバック

  1. Koyuki より:

    彼岸花に季節を感じ、キビタキに季節の逆戻りを
    感じてます^^。
    キビタキ懐かしいですね。春に囀る声が賑やかだった森が懐かしくなりました。
    Koyukiも先日見たのはコサメビタキだったのかキビタキのメス
    だったのか悩みます。木の葉隠れで識別できませんでした。
    野鳥観察若葉マークのKoyukiは識別に悩まされ頭がしびれて来ました(笑)
    最近の寒冷前線の通過で高い山は雪化粧してて今日は風も一段と冷たく
    ブルブルでした。Koyukiの懐と一緒ですよ(>_<)

    • agehamodoki より:

      koyukiさん、コメありがとうございます。
      こちらのキビタキは、山岳部では繁殖していますが、平地では渡り鳥です。
      春に繁殖地へ向かう姿を追い、秋に越冬地へ向かう姿を見送ります。
      きりりとした美しさが大好きです。
      コサメとキビメス。似ていますね。胸の白さ、
      嘴のつけ根の色などが微妙に違うのですが・・・
      人も鳥も女性は難しいですぅ(汗)
      modokiの懐はいつも始終空、肺炎状態です!

  2. ニコラス より:

    >平日はさすがに、バーダーさんは多くない。のんびり歩ける。
    平日の醍醐味ですね!!イケメンさん!!(笑

  3. ごっち より:

    基本平日休みの自分はいつものんびり鳥見です(笑)
    そろそろ夏鳥たちともお別れですね。
    自分もそろそろ地元の探索をしてこなくては。

    • agehamodoki より:

      良い季節の人気探鳥地の休日は鳥よりも人を探しますよね(笑)
      そこへいくと平日鳥見はのんびりできますが、
      自力で見つける「実力」を問われます(汗)
      はい、夏鳥を地元で見送りましょう。

  4. りばてぃ より:

    大阪都心は東京以上に緑が少ない印象でしたが
    こうやって鳥さんのオアシスがあるんですね^^。
    平日の過ごし方を味わうと、土日に出かけるのが嫌になるでしょうね。

    • agehamodoki より:

      りばてぃさん、ご指摘のように大阪は東京よりも緑は少ないです。
      だからこそ、渡り途中の野鳥たちが、
      少ない緑の中で羽を休めるのだと言われています。
      嬉しいような、恥ずかしいような、悲しいような・・・・
      でも、また来春再会できることを願っています。

  5. この時期の柔らかい光の中のキビタキ、
    子育てが終わってホッとしたのか、
    のんびり秋を楽しんでいる感じですね(^^)
    昨年のこの時期は、ヒタキ三兄弟など多くの鳥で賑わいがあったのですが、
    今年はサッパリです。
    あと2週間もすれば、ミヤマホオジロやアトリなどが渡ってくる頃なので、
    そちらに期待したいと思います。
    アサギマダラは本当に不思議な蝶ですよね!
    何でも同じ個体が往復するのではなく、次の世代が渡っていくのだとか・・・
    あの小さな体のどこに、そんな能力が刻み込まれているのかと驚きます。

    • agehamodoki より:

      残暑や台風で、9月一杯は鳥影が少なかったように思います。
      しかし、9月下旬になってタカ渡りは一気に前半のピークだったようだし
      野山の小鳥たちの渡りも活発になってきました。
      春に見るキビタキとはひと味違って見えましたが、気のせいでしょうか?
      あと2週間で、アトリやミヤマホオジロですか?
      日本海を越えてやって来るのでしょうね?!
      アサギマダラは謎めいた美しい蝶ではあります。
      たかが虫、されど虫。小さな虫たちの能力に驚きですね!

  6. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんわぁ^^(関西弁風にっ!笑)

    月日が過ぎるのを早く感じる・・・・・・><
    ホント!一日・一か月・一年の速い事!(大汗)
    あらぁ~modoki大名さん、白いべべ来て登城されたのですか?(笑)
    キビタキさん、いつみても黒と黄色がくっきりと綺麗ですね^^
    メスも穏やかな色合いと面立ちで、可愛らしいです^^
    そして、コサメビタキ・・・・。
    先日 この子かな?と思うのに出会ったのですが
    やはり、胸の色の感じが違ってるような・・・・orz
    お目目くりくりでこの子も可愛いですネ❤
    ヒタキ類はどの子も美形です。modokiさん同様にねっ!(ケラケラケラ。)
    傷んだ羽の蝶さん、なんだか痛々しいですね><
    つい、画面に向かって「頑張ってねっ!」と声をかけてしまいました(汗)

    • agehamodoki より:

      「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」
      まさに松尾芭蕉の句のような毎日です。
      日々が、行きかう人々のように通り過ぎて行きます。
      はい、長い秋の影に追われるように登城しました。
      優しい表情で迎えてくれた小鳥たちに感謝です。
      美男もどきのひとり言です(笑)
      長い旅にはロマンがある一方で、見えない不安がありますね。
      鳥や虫たちに「心」があるはずもないけれど
      それだけに、本能に感心してしまいます。

  7. hulala より:

    agehamodokiさん こんばんは
    ちょっとご無沙汰してしまいました。
    美しい鳥たちがいっぱいですね、心なごみます。
    麗しい瞳のコサメビタキさん、大きな目で可愛らしい!
    モドキさんの撮る鳥が素敵なのは
    撮る人が素敵だからなんでしょうね。・・・ホントニ

    アサギマダラの姿を見るとマーキングしたくなりますが、
    これからどこに集まって飛んで行くのでしょうか。
    今日もぐんま昆虫の森で4頭ですがマーキングしました。
    だんだんと少なくなってきているので、別なルートになってきているのかどうか。

    • agehamodoki より:

      hulalaさん、コンニチハ。
      今日は午後から雨になりました。また秋が深まりそうです。
      北国や高原で繁殖を終えた「夏鳥」が南へ向かっています。
      その中には、今年生まれの若い個体も多いです。
      来年、立派になって戻って来て欲しいです。
      >撮る人が素敵だからなんでしょうね。・・・ホントニ
      ↑嬉しいコメントですが、涼しくなったのに大汗です!
      このアサギマダラには、残念ながらマーキングは見られませんでした。
      タカの渡りを観察しているとアサギマダラを見かけることがあります。
      どこまで飛んでいくのでしょうね?!

  8. 暇人 より:

    こんばんは
    こちらでは 初夏に見られる「キビタキ」などが ,そちらでは秋にも見られるんですね!(^^)!
    やはり 北と南とでは 生態が ちがいますね。こちらは 10月に入り 北からの渡り鳥が 各地の湖沼に 到着し始めているようです。そろそろ 車の足回りを 冬装備にして 準備しておかなければならないようですよ(-“-)

    • agehamodoki より:

      暇人さん、まいどおおきに!
      キビタキやオオルリは夏鳥で、山の手へ行くと繁殖しています。
      秋には、もっと北で繁殖した個体が通過するので「多く」なります。
      南へ去って行く鳥たち、そして北からやって来る鳥たち。
      まさに季節が移ろうとしていますね。
      ガンやハクチョウなど、北からの使者を楽しみにしています。

  9. kanaconnie より:

    初めの2枚のキビタキの写真、きれいでいいですね~。
    さえずりが聞こえてきそう。
    蝶々の旅・・・、どこで終わるのか・・・なんだかロマンチックです。

    • agehamodoki より:

      kanaconnieさん、写真をお褒めいただきありがとうございます。
      囀りが聞こえてきそうですが、繁殖期ではないので、
      残念ながらその可能性は薄いです。
      アサギマダラは透明感のある美しい蝶だと思います。
      浅葱色だから、ネギ色かな(笑)
      移動する蝶として有名ですが、解明されていない部分が多いそうです。

  10. アサギマダラ・・・良いですね!今年はまだ見ていません。
    それはそうと、昨日から親父の看病で伊勢にいます・・・。
    2週間近く伊勢で独身生活です。

    • agehamodoki より:

      お父さんの看病ですか、大変ですね!
      独身生活の方は良いですねぇ、と言って良いのか悪いのか・・・
      鳥見だと、五主海岸や雲出川の河口などはシギチや海鳥のメッカですね!
      虫だと鈴鹿山系の御在所なんかは魅力的かな。
      ちょっと足を伸ばして、関西へもぜひ!
      いやいや、お父様に付き添って下さ~い!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中