冬の使者、地元河川のカモたち。

やっと肌寒くなって、秋の深まりを実感します。

ここは珍鳥情報に踊らされて出かけて空振りするよりも、地元をぶらり。

300ミリレンズをつけたカメラ手持ちで、地元を南北に流れる芥川中流域を歩いた。

お馴染のカモたちがやって来ているのを見ると嬉しいもんです。

 

一番個体数が多かったのはヒドリガモ。目の前を飛んでくれたが・・・!

 

左)一番早くやって来ていたのはコガモ。右)シルエットが美しいオナガガモ

 

左)ちょっと怪しいマガモ。ちょっと大きすぎない・・・アヒルかな?!

右)年がら年中、黄色いソックスのコサギ。たまには履きかえろよ。臭くなるよ!?

でも水の中にいるから洗濯の必要はないか。modokiが履くソックスじゃないよね(笑)

地元のアイドルと言えばカワセミやね。近くへやって来た「女子」やっぱり可愛い!

そんなこんなで地元にいると、下流の準地元の淀川から「鳥情報」が・・・!

 

やって来ていたのは独特の風貌のアカハシハジロ。毎シーズン、湖北辺りへやって来るが、淀川では珍しい。平日にもかかわらず大勢のバーダーさんが押し掛けていた。

せっかく淀川まで下ったので、その他のカモも観察。

 

左)こちら黒パンツが特徴(これも失礼な表現)のオカヨシガモ。シックで美しい。

右)やはり淀川では珍しいトモエガモ。超スーパーウルトラトリムでこの程度。淀川は広い。

久しぶりに、それなりの鳥見でした。

最後の画像は時系列が前後するが、芥川中流を渡る東海道線の鉄橋です。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

冬の使者、地元河川のカモたち。 への22件のフィードバック

  1. ニコラス より:

    >こちら黒パンツが特徴
    やっぱりおじさんカモ!

  2. 暇人 より:

    こんにちは
    そちらも カモ類のシーズンですね。西岡のほうは カイツブリ,カワアイサぐらいで,ヒドリガモなどは ウトナイか長都沼へ出かけなければ 撮れませんです。アカハシハジロには出会ったことがありません。苫小牧北大研究林の池には オカヨシガモなどの カモ類が豊富ですので 行ってみようと思っているんですが,ウトナイまで やっとで 北大研究林までは 足が延びていません。野暮用のほうも 11月末で お役御免になりますので,その後にでも 覗いてきます(*^_^*)。こちらは 雪の予報が 出るようになりました。そろそろ 白い世界になりそうです!(^^)!

    • agehamodoki より:

      暇人さん、コメントありがとうございます。
      そちらのガンカモと言えば、大型のハクチョウやガンが中心ですよね。
      それに、マガモやオシドリは夏鳥ではないでしょうか?
      シノリやコオリなど北方系のカモがやって来ますよ。
      雪の中、無理しない程度にカモ探しに出かけて下さい。

  3. 東京湾も、カモ集結中です。
    カモシーズンですネ!
    先日の日曜日、カモを見にいきました・・・水上スキーの若者達が(>__<)ゞ
    シギチドリ、カモ・・・見あたりません。
    お天気だけは、素晴らしい1日でした\(^O^)/

    • agehamodoki より:

      東京湾のカモの飛来数は凄いですよね。
      特に万単位のスズガモの群飛は圧巻ですね。
      淀川でも、水上バイクとバスボートには勝てません(怒)!
      気候的にはやっと秋が深まった感じです。

  4. koyuki より:

    カモが浮かんでるとホッとした気分になりますね。
    黒パンツに黄色のソックス!バカウケですよ~
    Koyukiも覚えやすいですφ(。。;)メモメモ
    カワミンミン、ヤマミンミン、ノビタクンなどmodoki造語が多くって
    ホントの名前を忘れそうです(笑)
    こちらではシックな鳥コサギなどはあまり見かけないですね。
    カワセミ美しいです!なかなか出会いがありません。
    黒パンツならこちらでも見られそうなので探してみますね。

    • agehamodoki より:

      はい、koyukiさん、カモが水面に浮いているとほっとします。心がホットします。
      ご存知なかったかな「黄色いソックス」これ、識別ポイントとして有名です(笑)
      でも、履きっぱなしソックスや黒パンツは失礼ですよね。反省。
      はいはい、modokiのブログは適当に流しておかないと、
      本格派バーダーさんから「ヒンシュク」をかいますよ!?
      カワセミが少ないと言うのは意外です!
      カワセミと黒パンツ、頑張って探して下さ~い!

  5. カモたちが勢ぞろいしてきましたね。
    不思議と場所が少し違うだけでも、集まるカモの種類が違いますよね。
    私の家の周りでは、オシドリが一番多いかな?
    他はマガモとコガモくらいで、それ以外は少数派です。
    アカハシハジロは私にとっては苦い思い出の鳥ですね。
    珍しい雌でしたが、片道5時間を5回挑戦して見事に振られました(笑)
    その年の夏に雄の越夏個体を見られたのも、不思議な縁でした。
    オカヨシガモの雄は、顔がツートンカラーになっているのも居るのですね。
    先日私も同じような配色を見てビックリしたのですが、
    時期にもよるのでしょうかね?
    トモエもいいですよね(^^)
    昨シーズンは1500羽飛来していたようですが、
    今年もそろそろ飛来しているかな?

    • agehamodoki より:

      そうですよね、山陰のカモと言えば代表はオシドリですよね。
      山陰地方の確か市か県の鳥ではなかったでしょうか?
      いつものアカハシハジロは雪の湖北に出現していました。
      始めて見たのも雪の湖北今津浜で、もっと妖艶な感じがしたものです。
      けっこう珍しいカモですよね。でも、片道5時間を5階空振りとは・・・
      でも、見られる時は意外と思いがけないものですよね。
      トモエガモが1500羽ですか?!ひとケタ、いやふたケタ違いますヨ!
      あの独特の横顔がユニークですよね。

  6. kanaconnie より:

    いいかも!
    カモ漫才ですね!失礼!!カモ満載ですね。(笑)
    くさい靴下疑惑のコサギさん、気の毒~。
    カワセミ、きれいですね。美女子です。
    good鳥見、よかったです。

    • agehamodoki より:

      淀川水系にやって来るカモは、よしもと興業所属らしいです(笑)
      臭いソックスやら黒いパンツやら、鳥に失礼をしました。
      カワセミは、地元河川の人気者です。
      やっぱり美男美女は得ですよね!グスッ・・・

  7. ごっち より:

    アカハシハジロ♂25年前に地元で見たきりです。また会いたい鳥さんですね~
    ♀なら昨シーズンこちらにも来てくれたのですが。

    冬のカモたちがだいぶそろいましたね。
    今年はどんな子が来てくれるのか、楽しみにしてます。

    • agehamodoki より:

      ごっちさん、コンニチハ、コメントありがとうございます♪
      25年前とは、凄いですネ!すでにベテラン・バーダーさんだ(笑)
      適当な時期に、コウライアイサとアカハシハジロをトレードしませんか(爆)

  8. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^

    近くの川をぶらり~と散策!
    のんびりとして良いですよねぇ^^
    (私の鳥見はいつも、このパターンばかりですが・・・・・・(-。-) ボソッ)
    色んな種類の鴨さんたちが飛来してますね^^
    そちらでもやはり・・・ヒドリガモさんが多いですか?
    この辺りでもかなぁ・・。
    後はマガモも多い気がします。
    >黄色いソックスのコサギ。たまには履きかえろよ
    (*☉☉)ぷっ  履き替えるソックスな何色にしようかしらぁ~ん(笑)
    想像しただけでも笑える!(≡^∇^≡)ニャハハ
    ところで・・・センセイ!!!!!
    カワセミの♂♀の区別はどこでしょうか?
    何度も逢っているカワセミですが、さっぱり解りませへん><
    さてっと、私も前の川で違う種類の鴨さんが居ないか
    観察続けてみますねぇ~♪

    • agehamodoki より:

      秋が深まったとは言え、まだまだ穏やかなので「ぶらり」には良い季節です。
      それに水のある風景というのも「ぶらり」には良いですね。
      淀川のアカハシハジロ以外はホントに常連さんばかり。
      嬉しいと言うより、ほっとします!
      白いサギの仲間で年中黄色いソックスは「コサギ」だけです。
      別の色に履きかえられると、季節によっては識別困難になりますね(笑)
      カワセミの男子・女子の見分け方ですが・・・・
      女子は下嘴に赤い(個体差があります)部分があります。
      そう、女の子だから「ルージュ」ですね!

  9. かけやん より:

    コメントを読んでいると各地方でカモの顔ぶれが違うんですね。
    これもまた面白いですね。
    全国区ファンのmodokiさんゆえの情報です。
    地元のカモ、落ち着きます。

  10. agehamodoki より:

    そうですね、狭い日本も南北に長いですね!
    まっ、とりあえずは地元の川に、お馴染さんが戻ってくるとほっとします。
    近いうちに、1度「D池」ものぞいてみようかな(笑)
    全国区なんて・・・恐れ多くて。
    余談)modokiも結局、ムギマキ出勤できずで、
    金券ショップで事前購入の高槻←→元町の切符だけ残りました(泣)

    • かけやん より:

      了解です。
      そうでしたか、結局どうだったんですけね?
      今季は小鳥も少ないような。
      D池は60cm位減水しています。居つきのオシドリの姿が見えません。
      きょうはカイツブリ成鳥2羽もいませんでした。
      島はクズで覆われています。

  11. hulala より:

    手持ちでこんなにきれいに撮れるんですね、素晴らしい!
    カモ類は穂飛んで見分けのつかないhulalaですが
    カモ肉の塊を煮たのはフォアグラのようにおいしかったですよ。
    まぁここでも食べ物の話になっちゃった。

    • agehamodoki より:

      hulalaさん、コンニチハ♪
      夜勤明けで睡眠不足のmodokiです。
      デジタルになってから、高感度撮影が容易になりました。
      したがって、速いシャッタースピードで切れるので、
      昔よりずい分手持ちで撮影できるようになりました(汗)
      フォアグラですか?なかなか美食家ですね(笑)
      modokiの場合は、せいぜい「鴨なんばん」うどんくらいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中