残照の林を行く身近な小鳥たち

暖かい秋が去ってしまうと、いきなり冬モード。寒いです。

遅れていた紅葉も一気に進み、冷たい北風に枯れ葉が乾いた音を立てている。

冬の小鳥を期待して、300ミリ装着カメラをぶら下げて近くの公園へ出かけてみた。

ジュリジュリ、ビービー、ギーギー・・・

秋色を残した林の中で、お馴染のカラ類の混群と遭遇した。

 

ジュリジュリの声の主はエナガ。紅葉の前の小枝へ現れたが一瞬だった。難しい! 

ビービーの声の主はヤマガラ。愛嬌のある顔をしている。

 

ゼンマイを巻くようなギーギーという鳴き声はコゲラ。

一番数が多かったメジロとシジュウカラは撮り損ねた。

ありふれた風景の中で、よく見かける小鳥たち。でも、近くへやって来るとうれしい。

みんなせわしなく枝移りを繰り返しながら遠ざかっていった。

 

左)唯一の冬の小鳥は、相変わらずジョウビタキだけ。

右)鋭いくちばしは、小さな猛禽と言われるのも納得のモズ。

夕暮れが近い池を見ると、アオサギがじっとたたずんでいた。超、寒そ~!

すっかり葉っぱを落としてしまったエノキの幹にゴマダラチョウの幼虫を発見。

冬を越す為に根もとの落ち葉へ急いでいるようだった。

 

左)冬の衣裳を着たゴマダラチョウの幼虫は枯れ葉色。

右)7月頃に見たエノキの葉っぱ上の幼虫はこんなに緑色。

冬眠できない人間は、寒い冬も頑張らないとね・・・!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

残照の林を行く身近な小鳥たち への18件のフィードバック

  1. 本日は、東京はものすごく寒いです。
    ゴマダラチョウと添い寝で冬眠したいです(*^_^*)。
    冬眠できずに、今晩も浜町です。
    3連チャン中華の晩ご飯です。

    • agehamodoki より:

      トコトコさん、ゴマダラチョウと添い寝希望ですか?!
      枯れ葉の布団が心地よいかもしれませんね。
      やっぱり、お相手は「メス」希望ですか?(笑)
      浜町で中華かぁ・・・昨年は忘年会へ参加させてもらったなぁ・・・

  2. ニコラス より:

    赤と小鳥ってとてもいいですね。

  3. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんわぁ^^

    退院してきたセブンからコメコメしています^^
    師走に入り、毎日が忙しくて^^;
    未だに、全ての設定やソフトのDLも完了できてまへんのん><。
    更新・・・しばらく出来ないかもしれません(大泣)

    カラ類の混群に遭遇されたんですね^^
    珍しくない?かもしれないけど
    身近で遊んでくれると嬉しいですよね^^
    しかし・・・そちらでは例年通り?冬鳥やカラ類たちが
    身近で見れてうらやましいです・・・・・・・(-。-) ボソッ
    この辺りでは、今年はさっぱり見る事ができないんですよ・・・。
    カラスとセグロセキレイ・トビだけ、以上に多くって
    小鳥たちは全く見ないです!どうしちゃったのかしらん?
    ゴマダラチョウの幼虫、ほんと!枯葉と同じ色をしていますね(@@)
    身を守るためにこんな風な色なのでしょうが・・。
    自然って不思議ですね^^

    • agehamodoki より:

      そうかぁ、セブンが箱に入ってご実家へ帰っていたのかな?!
      パソコンって、イチから設定って、うんざりしますよね。
      年内無事「起動」をお祈り申し上げます。
      カラ類の混群は身近な小鳥のオンパレードですが、
      動きが素早く上手く撮れませんよね。
      紅葉バックにエナガが撮れたのはラッキーでした。
      たかが虫、されど虫、でしょうか?
      小さな虫にも生きる術が詰まっているような気がします。

  4. kanaconnie より:

    寒かったですね~。
    私が今日見た鳥たちはみんな体をこんもり膨らませて寒そうでした。
    鳴き声で鳥がわかるっていいですね。
    私もKLにいるときは3種類ぐらいは聞き分けられました。
    幼虫、見事にかくれんぼしてますね。これから寒い冬・・・しっかり乗り越えてきれいに飛び立ってほしいです。

    • agehamodoki より:

      今朝早くは気温がひとケタ前半でした。真冬並みです。
      料金所のブース内はエアコンが「強」足元のヒーターも「強」
      エアーカーテンもあるのですが、収受時はドア全開。寒いです!
      鳥の声で識別できるとバードウォッチングも上級クラスですね。
      modokiの場合は身近な野鳥限定で、まだまだです。
      冬は始まったばかり、小さな虫にとって冬は長いのでしょうね。
      はい、初夏に美しい蝶に変身して欲しいです。

  5. りばてぃ より:

    カラ類・・・・カラ・・・KARA!
    うーん、くだらない^^;)
    東京も瞬間的に雪が降ったようです。

    • agehamodoki より:

      >カラ類・・・・カラ・・・KARA!
      り、り、りばてぃさんカラ、まさか親父ギャグが炸裂しようとは・・・
      レベルが同程度で、内心、ほっとしていたりして(笑)
      大阪の今朝は寒かったです!

  6. koyuki より:

    modokiさんこんばんは!
    メジロが一番多い?Koyukiは今年は一度も
    見れませんでした。何時でも撮れる鳥と思ってる鳥ほど
    残ってないのよね~アルバムに・・・特にスズメ!(笑)
    紅葉を背にしたエナガ素適ですね^^。ヤマゲラもあまり見かけません。
    シマエナガ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラが一番賑やかですよ。
    蝶博士のmodokiさんは何気なく蝶が気になるようですね。
    蝶の生態を改めて認識しました^^。春が待ち遠しいです。

    • agehamodoki より:

      そうなんですよね。暇人さんのコメを読んだことがあります。
      北海道のメジロは渡り鳥的存在で、季節が限定されるとか。
      その変わり北海道限定のシマエナガ、ハシブトガラなどが居るではないですか!
      紅葉バックのエナガは、テクニックと言うより偶然ショットでした(汗)
      同じちょう類なので、鳥類、蝶類はどうしても気になります。
      冬は鳥類の季節ですが、蝶類は辛いです。
      また葉がすべて落ちたら根もとを探してみます。
      冬を越して、無事羽化して欲しいものです。

  7. 暇人 より:

    こんばんは
    そちらの「エナガ」さんは,やっぱり こちらの「シマエナガ」さんと 違いますね!(^^)!
    きょうは 「シマエナガ」を撮りましたので 見比べて見て 納得しました!(^^)!。ヤマガラとコゲラは こちらと同じで安心しました。こちらは,今は ヤマガラ,コゲラ,ハシブトガラ,シジュウカラ,シロハラゴジュウカラという ご常連さんばかりで 食欲が湧きませんです。こちらの 今時季は,贅沢を言っていられないようですヨ!(^^)!

    • agehamodoki より:

      北海道限定のシマエナガと普通のエナガは違いますね。
      シマエナガの方が全体に白く、小柄かな?
      ヤマガラ、コゲラは同じですね(笑)
      ゴジュウカラも、そちらではシロハラゴジュウカラと言う亜種になりますね。
      食欲が湧かないとおっしゃるシマエナガ、シロハラゴジュウカラ、ハシブトガラを
      じっくり撮ってみたいものです。それも雪を背景に!

  8. ジージー より:

    始めまして!
    シャッターチャンスを狙っているagehamodokiさんの目は猛禽、それともアオサギなのでしょうか?
    更新を楽しみにしております。
    それにしてもアオサギは健気な初老の収受員さんのようですね。今回のアオサギさんはベテラン?
    新人さん?

    • agehamodoki より:

      ジージーさんコメントありがとうございます!
      WordPressのシステムで初回コメントのアップが遅くなって申し訳ありませんでした。
      下手な鉄砲のようなカメラで野鳥を追っかけています。
      >アオサギは健気な初老の収受員さんのようですね。
      いやいや、agehamodokiはもどき、いつも本物になれない「もどき」です。
      とりあえずはまだ「新人」ですので、頑張ります!
      下手な写真とくだらないひとり言ですが、
      ヒマな時、またお立ち寄り下さ~い!

  9. 紅葉バックのエナガが実に美しいですね(^_^)
    私もこんな写真を撮りたいと思っていますが、全くチャンスに恵まれません。
    小鳥目当てのときは、大砲より機関銃の方が成功率が高そうですね!
    毎年飛来数があまり変わらないと思っていたジョウビタキですが、
    今年はそれさえ少なくありませんか?
    私は今季、雌には一度もめぐり合えていないのです(T_T;)
    この週末は、アトリ科やホオジロ科の鳥を中心に、
    かなり大きな群れを見ましたよ!
    北風に乗ってようやく渡りが本格化したのかもしれません。
    渡りの変な年は、珍しい鳥が見られるかもしれないので、期待しましょう!

    • agehamodoki より:

      そうですね、小鳥目当ての時は機関銃がいいかもです。
      「数撃てば当たる」方式が、有効だと思います。得意です(爆)
      関西圏の冬の小鳥も遅れています。
      ジョウビタキはそれなりですが、ルリビタキはまだお目にかかっていません。
      アトリやマヒワもさっぱり。アオジとベニマシコはやっと声を聞きました。
      どうなっているのでしょうねぇ・・・!?
      北風に乗って、早くやって来てくれることを願っています。
      珍しいのにも期待していま~す!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中