秋の田んぼへ、そしてお城へ。

先週半ば、職場の健康診断に出かけた。

徹夜勤務明けだから、血圧高め、目はショボついてCの開き方向が見えない!

腹は減ってヘトヘト・・・なのに、とって返して■京都方面の田んぼへ。

セキレイの珍しいのがいるはずだったが、見つけることはできなかった。

せっかくだから休耕田でシギチ探し。

 

関西でも見る機会は増えたセイタカシギ。

水鏡に写り込む姿はなんとも優雅で美しい。

 

次は・・・思案したけどウズラシギということにした。白いアイリングがある。

珍しいシギではないが、画像に残すのは初めて。それなりに嬉し!

翌休日は久しぶりに■平日のお城へ。

台風前は色んな夏鳥と冬鳥が交錯して賑わっていたらしいが、当日は小康状態。

 

少ないなりに、キビタキを何箇所かで見ることができた。黄色が目と心に沁みる。

郷ひろみのデビュー曲を口ずさむ「♪キビタキ男の子、ゴー、ゴー」またかいなぁ!

 

キビタキのメスもよく見かけた。右はアメリカニューヨークで撮りました。

ニューヨークと違って入浴やろ、のぞき見なんて趣味悪いぞ~!

今シーズンもっとも多く見かけるヒタキの仲間がエゾビタキ。

 

 

お濠っへ飛びだし羽虫をフライングキャッチ。その一瞬は撮れなかったが、

お気に入りポイントへの出入りをパシャパシャ。上手く撮れないけど・・・

オマケは蝶のウラギンシジミのオス。

このまま越冬するのか、もう1度発生するのか微妙な季節ではある。

涼しくなって、職場のブースも微妙な季節。先日の深夜早朝勤務、

エアコン送風で、初めて足元のヒーターを入れた。1本だけね!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

秋の田んぼへ、そしてお城へ。 への24件のフィードバック

  1. koyuki より:

    modokiさんこんばんは!
    イケイケGoーGo-、ギャグ爆発ですね(笑
    今年初見したセイタカシギが良いですね~
    脚の長さが優雅で憧れます^^。
    旭山動物園から脱走したフラミンゴはコムケ湖で観光バスも立ち寄る
    名所になってるそうです。
    ウズラシギも決まってますね!
    私は初めて見ました。
    夜勤明けの疲れを癒してくれるのはやはり鳥さんなのね(笑っても良い?)

    • agehamodoki より:

      modokiのギャグに反応して下さってありがとうございます(汗)
      セイタカシギは関東圏では「フツー種」になっています。
      しかしその姿は優雅で美しいです。
      脱走フラミンゴ、地元の観光にひと役かっているのですね。
      ウズラシギと決めましたが、100パーセントの自信はありません(大汗)
      はい、今やmodokiを癒してくれるのは野鳥たちと
      ブログへコメントを寄せていただく皆様だけです。

  2. ごっち より:

    ウズラシギは幼鳥ですかね?
    好きなシギチの1種ですが今年は見損ねてしまいました・・・

    急に寒くなってきたので布団を急遽1枚追加しました。
    風邪などひかぬようお気をつけ下さい。

    • agehamodoki より:

      100パーセントの自信は無いのですが、
      一応ウズラシギの幼鳥だと判断しました(汗)
      意外と見る機会は少ないですよね。
      はい、ここにきて一気に秋が深まりましたね。
      鳥の動向も気になります。

  3. 一匹狼 より:

    こんにちわ♪

    凄くキレイで可愛い鳥さん
    O(≧∇≦)o

    僕も毛布を出してきました!!
    季節の変わり目になると体調が悪くなるので気を付けたいと思います(゜ロ゜;

    • agehamodoki より:

      一匹狼さん、コンニチハ♪
      ヒマを見て野鳥たちに癒されています。
      一匹オオカミさんは「映画」かな!?
      お互い、体調には気を使って、趣味を楽しみましょう!

  4. 以前は珍鳥扱いだったというセイタカシギも、最近では毎年のように見られますね。
    足の短いアカショウビンは、あのスラリと伸びた細くて長い脚に憧れます(笑)
    ウズラシギは、今年見てないなぁ~
    昨年までは毎年見ていた気がするのですが、
    今年は春秋とも、数も種類も少なく感じます。
    秋の陣が始まってますね!
    8月の終わりに大阪へ出かける機会があったのですが、
    環状線からそれらしき場所が見えましたよ(^^)
    エゾビタキは、羽がバッチリ広がってナイスショット。
    私のところでは、エゾビタキよりオオルリが圧倒的に多いという変なことになってます(?_?)

    • agehamodoki より:

      そうですね。関東では、セイタカシギは普通種扱いですね。
      でも、あの独特の優雅なシルエットは絵になる美しさだと思います。
      ウズラシギは、意外と見る機会が少ないので、同定自信100%ではありません。
      そうですか、大阪へいらっしゃったんですか!?それはそれは。
      せっかくなのに、大阪名物「大阪城公園探鳥」ができなかったとは・・・
      次回来阪の節は、是非双眼鏡だけでもお持ち下さ~い。
      「飛びもの」は難しいです。
      カメラテクニックよりも、鳥の行動予測が必要ですね。
      たくさん撮って、ゴミ箱から溢れています(笑)

  5. りばてぃ より:

    一気に寒くなったなぁ、なんて思って暦を見たら
    もうすっかり秋なんですよねぇ・・・寒くもなるわけだ^^。
    鳥見にはちょうどいい気温なんでしょうね。

    • agehamodoki より:

      「並び」がちょっと不自然になっても、季節はキッチリめぐってきますね。
      残すカレンダーも少なくなりました。朝夕が肌寒くなるはずです。
      はい、これくらいの季節が鳥見には最適ですね。
      寒くなると、鼻水たらしてじっとしているのが辛くなります。

  6. ちえみ より:

    おはよ~ございます。
    少し肌寒い朝です(^o^)/
    ウズラシギやっぱりウズラの模様のようだからですか?
    姿は見えないですが毎朝、かわいい小鳥の声が聞えてきます(*^_^*)
    シジミ蝶、かわいいですよね小さなこの子が越冬するって凄いなぁ~って思います。
    職場も寒くなりましたか?風邪ひかないようにして下さいね。

    • agehamodoki より:

      ちえみさん、どうもです。朝夕が肌寒くなりましたね。
      ウズラシギは確かにウズラの模様に似ています。
      体型やサイズも近いようで、その辺りからの命名ですかね。
      はい、仕事中も小鳥たちの声に癒されることがあります。
      虫たちの越冬スタイルも様々ですよね。
      どうしてそのカタチを選んだのか、
      ワケがあると思うのですが、やっぱり凄いですよね。

  7. hulala より:

    こんにちは
    セイタカシギが水面に映り込んで倍の長さに見える足、
    長くて羨ましいです。
    北海道でなくてもエゾビタキがいるんですね。笑
    一気に寒くなりましたね。お身体お気をつけてください。

    • agehamodoki より:

      なるほど、鏡を前ではなく足元に置くと足が長くなるか!?(笑)
      modokiの足が今さら長くなっても、
      人生が変わるようなことはないでしょう。
      でも、短いより良いですよね!
      北海道以北で繁殖するから、
      こんな名前になったのだと思います。
      旅鳥として通過しますが、秋の方がよく目にします。
      hulalaさんも、どうかご自愛下さいね。

  8. kanaconnie より:

    ほんと!水に写った姿も優雅で美しい。
    足が長い鳥はなんだか優雅ですよね(単なる憧れ!?)
    キビタキ、きれいですね。
    こんな鳥を見つけたらその日一日はなんとなく気分がいいと思います。

    • agehamodoki より:

      「鳥は鳥の足」と開き直れるのですが、
      今時の若い人たちの足の長さと言うか腰の高さには
      羨望の中に嫉妬心もあります(笑)
      黒と黄色のコントラストが綺麗なキビタキは、大好きな小鳥のひとつです。
      毎年身近なところで見られることを、心から願っています。

  9. ニコラス より:

    そうだ 思い出した 明日職場健康診断でした。でも診断票は何処?(w

    • agehamodoki より:

      健康診断で「頭が悪い」くらい言われてもその通りだから平気ですが、
      レントゲンで「腹が黒い」とか「根性が悪い」なんて言われないようにしたいです(笑)

  10. 暇人 より:

    こんにちは
    コメが すっかり遅れてしまい 申し訳ありません
    深夜・早朝勤務があって 大変ですね。苫小牧のウトナイ湖まで出かけるときは、高速を利用していますが、出入口を通るたびに モドキ様のことを思い出してしまいますよ(‘;’)
    シギ類を 撮りたいのですが、鵡川の干潟まで出かけるのは、ちょっと 遠すぎて出かけていません。石狩の浜辺でも観察できるようなんですが、イソシギしか見たことがありませんです(‘_’)
    それに最近は 視力が衰え、鳥さんを見つけるのに苦労しています。でも、 白鳥、マガンが渡ってきていますので、それを 撮りに行こうと思っていますヨ!(^^)! 西岡公園が閉鎖されて、暇人は 暇を持て余していますよ!(^^)!

    • agehamodoki より:

      ありがとうございます。
      同じNEXCOでもそちらは東日本になりますから
      料金所にmodokiはいません(笑)でも、たまには行ってみたいです。
      シギチの渡りのピークは過ぎてしまいました。
      後は冬鳥の到来待ちです。
      ガンカモの仲間が早くやって来て欲しいです。
      暇人さんがホントの暇人さんになったらシャレになりませんね。
      でも熊とは遭遇したくありません(大汗)

  11. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんわぁ^^

    (-^〇^-) あははは
    出ました!!オヤジギャグ~~~♪
    「♪キビタキ男の子、ゴー、ゴー」
    これは、どこかで使わせてもらおう!( ..)φメモメモ(笑)
    珍しいシギでは無いといいつつ
    私にとっては、見たこともない未知のシギさんなので
    セイタカシギもウズラシギも、マジマジとじっくり見させてもらいました^^
    水鏡に写る自分に、「私って綺麗~?」と言って無かったですか?(笑)
    お城には渡りの途中のキビタキたち^^
    オレンジの喉と黄色と黒のコンビな色合わせ
    いつもながら美しい~~~~♪
    エゾビタキ、今年は沢山見れますが
    繁殖が上手い事出来た?という事なのでしょうか?
    この前 昨年のこの時期より、集団のエゾビタキを見る事ができました^^v
    やっと、やっとですが・・・嬉しかったですねぇ^^

    • agehamodoki より:

      そう言えばセイタカシギが水鏡に向かって
      「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン・・・・」って言ってました(笑)
      セイタカシギは、アカショウビン師匠も
      おっしゃるように見る機会が多くなりました。
      関東方面では「普通種扱い」ですね。
      〇島で見られる機会も増えると思いますヨ!
      はい、キビタキは何度見ても綺麗です。
      見られる環境が続くことを願っています。
      エゾビタキは繁殖地そのものは北海道以北と聞きます。
      上手くコトが運んだのかは、本人たちに聞くしかありません(笑)
      だいたい見られる鳥とその数は当たりハズレがありますよね!
      今年の冬鳥はどうなんでしょう!?

  12. こんばんは!
    早速、訪問させていただきました。
    うまく出会えましたでしょうか?

    また、訪問させていただきます。

    今後とも、よろしくお願いいたします。

    • agehamodoki より:

      AYUさん、さっそくお訪ねいただきありがとうございます。
      あの後、現地へ急行させていただきました。
      ご指摘の通りすでに「養殖モード」だったので
      ずっと愛想は良かったです(笑)
      帰るまでに、同じ内容のTEL&メールが入りましたが、
      AYUさんの一言が一番早かったです(感謝)
      こちらこそよろしくお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中