イナバヒタキvsサバクヒタキ!

先週末、勤務明けのひまつぶしに淀川河川敷へ出かけたら、

少し上流に「怪しいヒタキ」が出てますヨ!と教えて下さったのはAYUさんだった。

さっそく現地へ急行するとギャラリーは50人以上。朝は100人オーバーだったとか。

で、目の前のステージでポーズを決めていたのは・・・印象はサバクヒタキ?!

意見色々。ハシグロヒタキ改めサバクヒタキ改めで、結局イナバヒタキだと!?

ホンマかいな!?15日夕方には行方不明と聞き、当稚ブログにも登場です。

 

 

上段は以前見たサバクヒタキ(在庫から)下段が今回のイナバヒタキ。撮影条件の違いが大きいが「イメージ的には一緒」サバクヒタキは目の下の黒い部分が広いくらいしか目立った違いは無い。見たことない鳥の幼鳥?。modokiなりに検証してみたが・・・

 

イナバヒタキのポイントは尾羽の黒い部分で、逆T字になると図鑑は解説している。

しかし右の飛び出しを見ても太い横帯が1本あるだけ。

 

左)ステージにやって来たハクセキレイを追っ払った。大陸系の強さ。

右)目の前を飛ぶ赤とんぼに ????(笑)

 

リラックスする怪しいヒタキ。「で、結局どやねん?」となるけど、

modoki的にはイナバよりもサバク度が高いのではと思う。

それにしても今頃、消えた怪しいヒタキは、どこかで笑ってるで!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

イナバヒタキvsサバクヒタキ! への20件のフィードバック

  1. 一匹狼 より:

    こんばんは♪

    淀川?大阪の方ですか?
    ご近所さんかも(笑)

    素晴らしい激写ですね!!
    両雄の激突ですね。

    • agehamodoki より:

      一匹狼さんコメありがとうございます。
      modokiは淀川右岸に住んでいます(笑)
      ご近所さんと言うことは、
      どこかで知らず知らずニアミスしているかも・・・(笑)
      今回の鳥は通勤路脇にあり、2度訪ねることができました。
      おかげで、ちょっとはマシな写真が撮れたかな!

  2. kanaconnie より:

    赤とんぼを見ている写真可愛いですね。
    私的にはほとんどおなじ「茶色系の鳥」です。すみません。。。
    まぁ人間の世界にも外国人のような日本人もいるし
    注目を集めるオーラを持ったヒタキさんだったのですね。
    本人は「どっちでもええやん」といっている・・・かなぁ??

    • agehamodoki より:

      余りのカメラの砲列に、散歩の方から「何を撮ってはんですか?」と、
      「あの岩の上にいる小鳥です」とmodoki。すると散歩の方「あ~あ、雀ですか!?」
      とまあ、興味の無い方にとってはそんなもんですよ(笑)
      当の小鳥にとっては「どっちでもエエねん」が正直なところでしょう。

  3. kakasi24 より:

    今晩は、やはり地元だと行きましたね・・・関東からも押しかけて行っているそうですよ~そこまで行くか?
    関東でノドジロの時に沖縄から来た武者や、レンタカーで数日泊まり込んだ武者もいましたから行きたくなるのかな?  それにしても、貴重種ゲット!おめでとう御座います。

    • agehamodoki より:

      kakasiさん、ありがとうございます。
      地元と言うより「通勤路脇」の河川敷でした。
      出勤時に見ると朝の7時過ぎから人垣が出来ていました。
      6日間に渡って毎日100名以上のバーダーさんがやって来て大変でした。
      先日からまた新手の小鳥が田んぼに出て、またフィーバーです。

  4. りばてぃ より:

    バーダーさんはそんなにたくさん集結するんですね!
    その情報にまずびっくりしました^^。
    加えて、その情報網もすごいなぁと感心。

    • agehamodoki より:

      ケータイの普及に合わせて、バーダーさんの情報伝達は早くなりました。
      「珍鳥」が出ると、翌日には他府県からもバーダーさんがやって来ます。
      地元なのにmodokiは出遅れ気味でした(汗)
      早い人は時間の都合がつく職業の方や
      「サンデー毎日」の方ばかりですが!

  5. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ おはようございます^^

    (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…ヒタキにも色んな種類がいるんですね!
    ちょっと大きさは大き目なのかしらん?
    サバクヒタキということは、大陸から渡ってきたんですか?
    ・・・・・・・と質問攻めをお許し下され~~~(笑)
    地べたに立っているせいか、ツグミたちの姿に似ていますね^^
    トンボを不思議そうな目で見つめる姿、笑えます~♪
    人なつっこいセキレイたちも、初めて見るこの子に
    興味深々だったんでしょうね^^
    そういえば、先日あのモリバヤシに大砲レンズがすら~り並んでまして
    何が出るのかと聞いたら。「オジロヒタキ」という名の子だと・・・・。
    それってなに???初めて聞いた名前だな・・・・。と
    私より少しお兄さんたち数名が、一日中その子が出没するのを待っていましたよ^^
    それにしても・・・この方たちすぐに集まってこられるということは!
    連絡網でも作っておられるのかしら~~ん(笑)

    • agehamodoki より:

      ヒタキと言ってもご指の通り小型のツグミの仲間だから正解です。
      アジアの内陸部が生息地だから、「サバク」なんでしょうね。
      中国から飛んでくる黄砂色に似ているのもその辺が理由かな・。
      「モリバヤシさんに大砲」ですか、原因はオジロビタキ?!
      当稚ブログにも何度か登場しましたが、可愛い冬の小鳥です。
      特にオスは喉のオレンジ色がアクセントで可愛いです。
      居つけば、ひと冬居ますヨ。ぜひ、ゲットしてブログにアップして下さい。
      バーダーさんの情報伝達は早いですね。全国ネットですよ!

  6. koyuki より:

    modokiさんこんばんは~
    珍鳥ゲットおめでとうございます!
    結局どっちやねん?頭がこんがらがりました(-o-;)
    いろんな芸をして見せてくれたのですね^^。
    トンボとのツーショット、goodtiming!素晴らしい!
    大砲の放列、こちらでは見かけない光景です。
    想像がつきません。

    • agehamodoki より:

      最近は熱心と言うかおヒマと言うか、
      たくさんのバーダーさんたちの目によって「珍鳥」がよく見つかります。
      まだまだ情報に疎く、勤務の都合で出遅れるmodokiです。
      それに実戦知識も進歩がありません。W
      結局、識別できてないのと同じですよね。情けないですぅ!
      偶然やって来たトンボに感謝です(笑)
      大砲、凄いですよ。1本百万え~んナリのレンズがズラリです。
      やって来る車のナンバーに横浜や千葉がありました。
      そう言えば、今日の田んぼでは「旭川から飛行機で来た人が・・・」

  7. ちえみ より:

    おはよ~ございます(^o^)/
    翼を広げて自分を大きく見せているんですね。
    家のゴマも自分のテリトリーがあってそこに入ると翼を広げて
    「ここは、ゴマ様の場所だ!」って感じです。
    トンボを見ている?姿かわいいなぁ~(*^_^*)
    何て言う鳥なんでしょうね?いい写真が撮れて良かったですね。
    そう言えばこの前、淀川の河川敷を散歩していて何か凄く脚の速い
    鳥がいました余りの速さに姿がどんなだったか???^^;

    • agehamodoki より:

      鳥の縄張りをめぐる争いはけっこう凄いものがあります。
      自然の中では、それが死活問題になるのだから、しかたないですネ。
      「人の家族」になっても、どこかに野生が残っているのかも・・・
      最近「珍鳥情報」が連続しています。
      なんとなく、この冬が期待できそうです。
      >何か凄く脚の速い鳥
      なんでしょう?大きさは・・・?色は・・・?
      また珍鳥だったりして(笑)

  8. ニコラス より:

    手を広げても大きく見えない自分がある!(w

  9. ごっち より:

    会えなくて残念です~(涙)
    写真だけでしか見ていないので何とも言えませんが、
    サバクによく似ていますね。
    おそらく同じサバクヒタキ見ていますが(笑)
    今年は冬鳥が多くなりそうな予感がして今から期待しています。

    • agehamodoki より:

      残念でした。
      今年は珍鳥情報が多いです。
      またの機会にぜひ関西方面へお越し下さい。
      このサバクは、確かひと冬居ましたよね。

  10. これが噂のあの鳥ですね!
    私は「ビタキ」は見たことがあっても「ヒタキ」には未だ縁がありません。
    心が濁って濁点があるからでしょうか?(笑)
    確か2年前、サバクやオガワコマドリが滞在していたらしいですが、
    なぜか私が巡回コースからその場所を外してしまっていた年でした(-“”-;)
    幼鳥の識別は本当に難しそうですね。
    そんな中、尾羽がバッチリ写った写真は重要な手掛かりになりそうですね~
    トンボとのツーショットは奇跡の一枚、拍手です(^-^)//””ぱちぱち

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中