冬の赤い鳥、青い鳥。

相変わらず寒い日が続いていますね。

深夜の高速道路料金所ブースはエアコンが効いていて、暖かいです。

でも車の往来が途切れると気持ちが寒くなってきます。

鳥見も相変わらずで、ご近所徘徊を繰り返しています。

◆そんな冬の身近な青い鳥と言えば前号にも登場のルリビタキ。

ルリビタキ130113_2n ルリビタキ130112_2n

左)やっと見つけた青い個体はしし避けの金網にしか止まらなかった。

右)オス若か?!竹林と見返り姿が純和風の風情。尾にピントが惜しいねぇ。確かに。

アオジ130110_3n

アオジと言うくらいだからこれも青い鳥と言うことで!

◆勤務先の仮眠室でメールをいただいたのは河川敷の赤い鳥、アカゲラ情報。

アカゲラ130115_1n アカゲラ130115_2n

勤務明けの朝、教えていただいた「巣穴を掘っている」という場所へ立ち寄ったが、前日カメラマンが接近し過ぎてダメになったとか・・・無茶しよるなぁ!(怒)

でも日ごろの行いの良いmodokiには、ちょっと遠かったけど姿を見せてくれました。

ホオアカ130110_10n ホオアカ130110_11n

シックだけど可愛いホオアカも河川敷で越冬中だ。

そう紅顔の美少年と言われたmodokiの少年時代のよう。

糸目のにぃちゃんがそんなワケないやろ!ホオアカに失礼や!はいはい。

ヒレンジャク130115_3n

緋ぼたんの「緋」はやっぱり赤い色でしょ。今季2度目のヒレンジャク。

電線に鈴なり100羽、いや200羽などと連絡を頂いたが、modokiが出かけた時に残っていたのはたったの1羽(笑)まっ、さっきまで居ました。で「0」よりヨシとしよう。

ネズミモチの実は小鳥たちの好物。他にも・・・

ツグミ130115n メジロ130115_2n

大きいのはツグミから小さいのはメジロまで、たくさんの野鳥がやって来ていた。

アカゲラ帰りの淀川で陸に上がったカモを見ていて、濃い顔のヒドリガモ発見。

アメリカヒドリガモ130115n

奥に写っているヒドリガモとはハッキリ違う。アメリカヒドリガモと言って良いカモ(笑)

そんなこんなで寒い毎日を鳥に遊んでもらっています。鳥と友に感謝!

◆最後にちょっと、いや正月早々に見た悲しい風景を

河川敷伐採跡

これは淀川河川敷の三島江取水口から本流方面を見た風景。

昨年12月上旬まではこの水路両岸はセンダンやヤナギに覆われた河川林が広がっていた。常連さんの野鳥が生息する好環境で、春と秋の渡りの季節にはオオルリやキビタキなどが羽を休めていた。そんな木々がすべて伐採されご覧のような荒涼とした風景が広がっている。河川敷だから大雨の時など増水時は水没する。その際、水の流れの障害物になるから伐採したと言うのだ。それなら数十年もなんで放置したの?生物の多様性の大切さが叫ばれている時代に、何故?!一方では干潟やわんどの復活などと称して重機で掘り返している。なんやかんやと言って、仕事が欲しいとしか思えない。ほんまに悲しい!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

冬の赤い鳥、青い鳥。 への18件のフィードバック

  1. 暇人 より:

    こんばんは
    そちらは「赤」、「青」、「黄」とお賑やかですね。こちらとは大違いですね。
    「ヒドリガモ」にそっくりですが「アメリカヒドリガモ」ですか、暇人には 見分けがつきませんです。こんど「ヒドリガモ」を見た時には よく注意して かんさつします。(+_+)

    • agehamodoki より:

      そちらの冬は厳しそうですね。鳥撮り大変ですね。
      こちらも寒いですが、冬鳥が最盛期を迎えています。
      赤、青、黄の黄がまだまだ不満ですが、
      赤と青はなんとかなりました。
      100%アメリカヒドリガモなのか不明ですが、
      顔は端バタ臭かったです(笑)

  2. kanaconnie より:

    カラフルですね!
    1枚目のルリビタキは何か怒っている?ちょっと怖い顔しています。
    アカゲラ、見れてよかったですね。「愛鳥家」の皆さんの中にも困ったさんがいるんですね~。。。
    メジロかわいい♪
    顔が濃いカモ・・・、おもしろい(^~^)

    • agehamodoki より:

      怒ってますか?modokiにカメラを向けられたからかな(汗)
      アカゲラ、決して珍しくは無いのですが撮れる機会は少ないです。
      はい、困ったさんには困ったさんです。
      メジロ、きりりと可愛いでしょう。
      濃いと言うか、バタ臭かったです。
      やっぱりアメリカヒドリガモです。

  3. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^

    ホント!年末からぐっと気温も下がって
    毎日さぶぃ日が続いていますね><
    でも、気温は低くてもこちら〇島の南部では
    積雪は殆ど無くて、例年よりは過ごしやすいかな?
    せっかく履いたスタットレスが無駄になりそうな感じです^^;

    >車の往来が途切れると気持ちが寒くなってきます。
    あはは^^;
    何となく・・その気持ち解ります!
    忙しすぎるのも嫌だけど、それなり~な感じが一番いいですよね^^
    御近所さんで、ルリちゃんにアオジ!
    アカゲラまで逢えて、羨ましい巡回ですね^^
    アカゲラ、いつものモリバヤシさんでも出没するらしいですが
    中々、運とチャンスに巡り合うのは難しいですね><

    河川敷の木々の伐採・・・・・・・。
    河川維持管理工事の中に含まれてるんでしょうね。。。
    いつものヤマミンミン出没場所でも、そんな光景が多々あります。
    土木業に従事している会社に勤務している私は・・・・。
    河川工事の図面を見ながら・・・・。
    人の安全は確保できても、魚や鳥さんは???と思う事は多々あります><
    人と自然の生き物を、同時に守れる方法があったら・・・。
    そんな風に常に思っています!(中々難しいですが・・・・・・(-。-) ボソッ)

    • agehamodoki より:

      そうですねぇ、こちらも寒さの割には雪は降りません。
      もっとも行ってみたい湖北方面は「スタッドレス」が必需品です。
      なんでもほどほどが一番ですよね。
      ご近所めぐりでもそれなりに鳥果があるのは嬉しいです。
      冬のピークを迎えたということかな!?
      >土木業に従事している会社に勤務している私は・・・・。
      それなんですヨ。modokiもNEXCO西日本の子会社勤務。
      だから新名神高速道路の工事で山が削られて・・・
      と言う話に大きく相槌を打てません(汗)

  4. 一匹狼 より:

    おはようございます😄

    かなり寒いですがお互い体調管理気をつけましょうね👍

    ヒドリガモ可愛いです😄
    一目惚れしちゃいました😍🐧

    淀川にはいろんな鳥さんたちが居てはるんで
    凄く興味深いです。

    • agehamodoki より:

      いよいよ大寒。お互いに冬の体調管理に気をつけましょう。
      淀川にはたくさんのカモがやって来ています。
      天気が穏やかな日にぜひ1度お出かけ下さい。

  5. ちえみ より:

    こんばんわ~(^o^)/
    寒いですね~昨日は雪がほんの少し降りましたね。
    あたたかな物を食べると身体も心もほんのりあたたかくなるような。。。
    そんな気がします(*^_^*)
    ヒレンジャク目尻の模様が歌舞伎役者さんみたいですね。
    メジロは、ほんとうに可愛いですね。
    河川敷の工事。。。自然を大切に!とか言いながら無駄に木を伐採したり
    いったい何を考えているやら。。。家の近所の川も整備するとかでせっかく
    鴨達の休憩所だったのに。。。ガッカリです。

    • agehamodoki より:

      ホントに寒いです。これでも地球は温暖化しているのでしょうか?
      そんな冬はやっぱり温かいモノを食べたいですね。
      深夜勤務の合間にはインスタントのカップスープが美味しいです。
      レンジャクの顔は歌舞伎役者のくまどりのようです。
      でも名前は落語家?!桂連雀だったりして!?
      今さらながら自然との共存の難しさを実感します。

  6. ニコラス より:

    >一方では干潟やわんどの復活などと称して重機で掘り返している。なんやかんやと言って、仕事が欲しいとしか思えない。ほんまに悲しい!

    ほんと!!悲しい事ですね~~ !! 日本の観光って人の手で創られたものばかりで面白くないかも?

    • agehamodoki より:

      自然がカタチになるには長い年月が必要ですが、壊してしまうのは一瞬です。
      modokiにまわってくるような仕事なら、ちょっとくらい目を瞑るのですがね(笑)
      ↑結局、みんなそうなんです(大汗)

  7. ごっち より:

    アメリカヒドリは思い込みが大事です。
    ハイブリッドか純血かは見た人しだいかと(笑)

    >カメラマンが接近し過ぎてダメになったとか・・・
    その場さえ、自分さえ良ければと思う人が多いのが残念ですね。
    無茶しないで暖かく見守っていれば子育てまで見れるかもしれないというのに。

    • agehamodoki より:

      確かに「言ったもん勝ち」の同定ってありますよね(爆)
      じゃぁ、このヒドリはアメリカ度100%ということで!
      笑えないのはマナーの悪いバーダーさんですよね。
      自分も余り偉そうなことは言えませんが、
      さすがにひど過ぎることがあります。
      引ったくりやひき逃げなど悪いナンバーワンが多い大阪ですが
      鳥見のマナーの悪さもナンバーワンだったら、情けないです。

  8. koyuki より:

    modokiさんこんばんは♪
    アメリカヒドリこちらでも居ますよ(^○^)昨日の探鳥会で
    純粋だと申してました^^。
    光の具合で緑が綺麗に出なくて黒っぽい写真しか
    写せませんでした。
    アカゲラさんってこちらでは珍しくないのですが、見つけると
    足が止まるのは何故でしょうね(笑)
    上記の写真、悲しい現象ですね。こちらでも同じです。ヤナギは
    鳥が身を隠す恰好の場所で昆虫や花芽を好物にしてるでしょうし・・・
    先日釣り人が川の側で近くの枝をボキボキ折ってたき火をして水鳥が
    遠くに避難して行きました(>_<)いろいろ考えさせられますね。
    紅顔の美少年に早く会いたいです(笑)

    • agehamodoki より:

      アメリカヒドリのアメリカ度を見極めるのは難しいです。
      今回の場合は、ハイブリッドであってもかなりアメリカ度は高いと思います。
      光沢のある鳥を上手く写すのは難しいですね!
      こちらでもアカゲラ、アオゲラはそんなに珍しくはありませんが
      ゆっくり見られる機会は少ないと思います。
      やぱっぱり「絵になる野鳥」ですよね、キツツキは!
      今回の河川林伐採は個人のマナーの悪さとは違って
      公共工事ですからねぇ・・・見事に無くなりました。
      はいはい、元紅顔の美少年でよければ会っていただけますよ(汗)

  9. ご近所の小鳥撮影は、鳥見の基本というか、楽しいひと時ですよね(^^)
    ルリビタキは、今年はまずまずの個体数ですが、
    青い子は一羽も見つかりません。
    ホオアカは昨年は多かったですが、今年はサッパリ。
    アメリカヒドリなんて、何年見ていないことか・・・
    最後のような光景は、数年前に私も見ました。
    その後比較的早く葦も生えそろったのですが、
    以降は小鳥はほとんど見かけず、
    予想以上に影響が大きかったように思います。
    見た目では、以前とあまり変わらない状態になった今、
    何のための伐採だったのか、疑問だけが残りました。

    • agehamodoki より:

      この冬は、マヒワに始まってウソにマシコ3兄弟やキクイタダキなどなど
      けっこう小鳥は賑やかだと思います。
      ルリビタキもここに来て個体数が増えました。ただ青い個体は少ないです。
      ホオアカも今年は例年より多いのでは。ただ見られるポイントが狭いです。
      小鳥が多い分、猛禽類がやや少なく感じます。
      公共工事も必要だとは思うのですが・・・
      先のトンネル事故を見ると新規工事よりも
      メンテナンスが重要な時期に来ているのではないでしょうか?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中