地元レンジャク祭り!

春告げ鳥とも呼ばれているレンジャクの今年の飛来数は多い。

餌のあるところへ群れで飛来し、餌が無くなると移動する。

中々追い付けなかったが、modokiの散歩コースへやって来ていた。

地元でレンジャク祭りの開催だ!

ヒレンジャク130126_2n ヒレンジャク130126_27n

ちょっと天気が良過ぎると言う贅沢な悩みはあったが、距離も近く嬉しかった。

10数羽いたレンジャクはすべて「緋」。なんだ緋ばかりかと言うなかれ。

世界的に見るとヒレンジャクの方が分布は狭く、少ないらしい。

学名をBonbycilla japonicaと言い、日本に縁の深い鳥なんや。ほう~っ!

↑これAさん解説の受け売り。(汗)そやろなぁ・・・

ヒレンジャク130126_3n ヒレンジャク130126_4n

その食欲は旺盛。食べている黒い実は「ムク」

種のまわりのジャムのような果肉は人が食っても甘くて美味い。

↑これは以前Tおばさんから教えられ、modokiも試食済み!これも受け売りかいな!

ヒレンジャク130126_21n ヒレンジャク130126_14n ヒレンジャク130126_32n

歌舞伎役者の隈取りに例えられる面構えのアップ。なんともユニーク。

ヒレンジャク130126_16n

ホバリングもしてくれるのだが・・・飛びものは大苦戦!

ヒレンジャク130126_33n

尾羽の赤い色がヒレンジャク一番の特徴。

ヒレンジャク130126_23n

レンジャクを漢字で書くと「連雀」字の通り連なるような雀。団体行動が基本やな。

↑これもだれかさんの解説かいな?イエス・オフコース(大汗)

ヒレンジャク130126_34n

modokiが見かけたヒレンジャクは17羽?!翌々日その数は100羽を超えたとか。

ちなみに当日午後は一般の方参加の探鳥会のボランティアだったが、

予定コースを変えて、みなさんに見ていただき大好評だった。

やっぱり地元のレンジャク祭りだった。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

地元レンジャク祭り! への22件のフィードバック

  1. kanaconnie より:

    全方向からのお顔のアップ、素晴らしいですね。
    なるほど、なかなか精悍なお顔つきです。
    「緋色」がきれいです。尾の先のポイントはもちろんきれいですが、頭と顔もほんのり緋色に染まったように感じるのは名前のせいでしょうか。本当はそこは緋色じゃないんでしょうね・・・?

    • agehamodoki より:

      お褒めの言葉ありがとうございます。
      何より地元で堪能できたことが嬉しかったです。
      それにしても、じっくり見れば見る程ユニークな顔ですよね。
      そしてアクセントの「緋色」が効いています。
      ご指摘のように頭と顔も緋に染まっているように見えます。
      なるほど!

  2. ニコラス より:

    ヒレンジャク やっぱりインパクト強いですね! 派手!

  3. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ おはようございます^^

    (*✪o✪*)おぉぉ♬
    レンジャク祭り、開催されたんですね^^
    「ヒ」レンジャクは尾の先っぽが赤いんですね?^^
    私が出会った大群はほぼ「キ」レンジャクだと思ってましたが
    どうやら・・・1~2羽「ヒ」が混ざっていたらしいです^^;
    「連雀」の解説・・・・ナルホド!と感心させられました。
    わざわざ、そんなにくっ付いて留まらなくても・・・・・・(-。-) ボソッ
    なんて思ってしまいますね!(笑)
    正面から、左右からのお顔も、厳つさが際立って
    くっきり~綺麗な鳥さんです^^
    >一般の参加者を加えた探鳥会
    私がいつもお世話になっている探鳥会と同じ感じでしょうね^^
    野鳥の会の担当の方(鳥にめちゃくちゃ詳しい人)の
    鳥さんの説明を聞きながら探鳥!
    鳥好き仲間との時間は、本当に充実して楽しいです~(●^o^●)

    • agehamodoki より:

      そうなんだ〇島に滞在した大群は「黄」だったんだ。
      足して2で割ってくれればちょうど良いのにね!(笑)
      鈴なりのレンジャクって、レンジャクらしい風景だと思います。
      もっとも、全くやって来ないような年もあり、そちらの方も神出鬼没です。
      今回は何より地元で、近い距離でじっくり観察できたことが幸運でした。
      正面、左右・・・色々撮れたけど、どこから見ても厳つかったです!
      たまたま公休日と開催日(土曜日)が合ったので
      お手伝いさせていただきました。
      子供さんが嬉しそうにスコープを覗いてくれるとmodokiも嬉しいです。
      野鳥の会の探鳥会参加者年齢が高すぎます!
      そう言うmodokiも上げる原因になっていますが(汗)

  4. koyuki より:

    こちらはキレンジャク派です^^;。
    ヒレンジャクはワタシ的には稀ですね。
    見事な歌舞伎役者、古典芸能の顔(?)
    かっこ良いです!
    しかし食欲旺盛ですね!そちらで食べ物が豊富なので
    雪国は敬遠されてるのかな?
    「待てば海路のひよりあり」な~んちゃって!事もありますから~
    あっ!これも誰かの受け売りですよ(笑)

    • agehamodoki より:

      北海道は地域的に「黄」が多いのではないでしょうか?
      日ハムとオリックス間のトレードみたいに、
      緋と黄を何羽かトレードしませんか?
      レンジャクの顔はどうしても歌舞伎役者のそれです。
      ホントに食欲は凄いですよ。大きな団体さんだと、
      木1本分の木の実をあっという間に食いつくしてしまいます。
      う~ん、雪に埋もれてしまうとやっぱり不利かなぁ・・・
      その替わり雪国ならではのお楽しみもあるのでは。
      そう言えば今季は「ワシのなる木」が登場しませんね。
      海路のひよりと言うより、冬の海にも魅力が詰まっているのでは!
      北方系のカモが見たいものです。

      • koyuki より:

        今年のワシのなる木!
        実は12月初めの大洪水でシャケのホッチャレが流されて
        しまい寂しい状態です^^;。
        ハンターの仕留めた鹿の血の臭いで山では見られるようですね。
        山にも海にも行きたいのですが交通事故が多くて
        昨年の様に出かけられませんのよ。

        • agehamodoki より:

          シャケのホッチャレですか?
          産卵にやって来たシャケの残骸でしょうか?
          自然現状とは言え、ホントに迷惑な雨だったのですね。
          しかし事故の方は、言っては何ですが、
          北海道は広いこともあって運転の荒っぽい方が多いのでは!?
          事故は笑えません。気をつけていても、
          当たってこられたら避けようがないことがあります。
          出歩かないのが一番!ちょっと悲しいですね。

  5. とんび より:

    観察会お疲れ様でした。
    息子がお世話になりました。
    近所の運動公園で出たと聞いて走らせましたが、見られませんでした。
    今回しっかりと見られて満足げでした。

    お父ちゃんはと言うと、全て外しています。
    100羽越えの翌々日って観察会の翌々日ですか。
    私が行った日だけ居ないと云う事ですね。(T_T)

    • agehamodoki より:

      とんびさんご無沙汰しています。
      当日は名代のご子息が活躍されていました。
      大きくなられてとんびさんに「ふんいき」が似てきましたよ。
      とんびさんのレンジャクはハズレでしたか。残念でした。
      でもまだ大丈夫では!?
      ちなみに本日夕方、Aピア周辺に健在でした。
      夕方の散歩時に姿と鳴き声を確認しましたよ。

  6. 一匹狼 より:

    こんばんは😄

    凛々しくてくっきりとした顔立ちをしてますね。

  7. kakasi24 より:

    連雀祭りとは羨ましい響きです・・・こちらにも年末から3回程通過が有ったのですが、少群で当日に通過でした。~~昔は宿り木が有ったのですが、今は、ネズミモチと柳が餌となっているので、長時間の滞在が殆ど無くなりました。・・・祭りに胸騒ぎます~~1週間以内にこちらにも来てくれるかな~大群がほしい!

    • agehamodoki より:

      レンジャクはやって来ると大群になることが多いですね。
      ネズミモチやピラカンサなど色んな木の実を食べますが、
      似たような状態の木の実があっても来ない木には来ないですね。
      でも「祭り」は全国規模。月が変ればツキも変るのでは!?

  8. ちえみ より:

    こんにちわ~
    冠羽が素敵ですね(*^_^*)
    後姿きれいですね尾羽の先が紅いですね。
    100羽もいると凄いでしょうね~声はどんなだろう?
    春を告げる鳥!早く春が来るといいなぁ~(^o^)/

    • agehamodoki より:

      ホントにユニークな小鳥でしょう!
      冠羽も目立ちますね。確かに後ろ姿が綺麗です。
      独特の艶もあります。英語でワックスウィングと言うらしいです。
      団体行動が多く、京都では数百羽の群れが見られているそうです。
      優しい声でピリピリ、ピーピー、ヒーヒーと鳴いています。
      この冬が寒いだけに春が待ち遠しいです。

  9. 日本の鳥とは思えないほど派手な色彩ですよね~
    天気が好すぎるなんて、ホント贅沢ですよ!
    私は雨の日に一度だけチャンスがありましたが、
    それ以降は全く見ないですね。
    大群で現れては、木の実を一気に食べつくす鳥ですが、
    遅い時期になると空中へ飛び出しては、昆虫を捕まえますよね。
    レンジャクの飛びものはまともな写真を撮ったことがないかも・・・
    シャッタースピードが稼げる好天の日に、もう一度見たいものです。

    • agehamodoki より:

      そうですよね、天気が良くてもんく言ってはバチが当りますね(笑)
      今年の関西はレンジャクの当たり年になっています。
      つい最近は京都で数百羽との声が届きました。
      そんな数でやって来ると、1か所で餌を食べつくすなんてあっと言う間。
      シャッタースピードの前に、現地へ出かけるスピードも必要ですね。
      まだまだチャンスはありますよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中