ハヤブサの巣立ち

modokiの勤務先の山の手に有名なハヤブサ営巣地がある。

天気が良いので、勤務明けの眠さを我慢して立ち寄ってみた。

ハヤブサ親130513_1n

現地はロッククライミングゲレンデに隣接した岩壁。そのまだ上に親が居た。遠い!

ハヤブサ親子130513_2n   ハヤブサ親子130513_5n

巣の奥の方でもぞもぞ動いていた雛が岩棚へ出てきた。猛禽類の場合はこれで巣立ちらしい。大きさは親と変わらないけど、白い産毛が残っていて「ブチ模様」そのうち疲れたのか寝てしまった。おやおや、やっぱり幼いと言うか可愛いネ。modokiもベンチで寝たかったが、辺りは毛虫の大発生でそれどころでは無かった(冷汗)

ハヤブサ親飛130513_1n

親鳥(お父さん?)が餌を持って帰って来たけど、着陸できなかった。持っている餌はムクドリかな。雛が目を開けた。

ハヤブサ親食事130513_2n

受け渡された餌を崖の上で食べる親(お母さんかな!?)。

睡眠不足と毛虫の余りの多さ、そして駐車場代(1時間200円)が気になって昼前に撤収した。当地ではしばらくは親子を見ることができるようだ。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ハヤブサの巣立ち への16件のフィードバック

  1. 暇人 より:

    こんにちは
    「ハサブサ」とは すごいですね!(^^)! 見つけるだけでも大変なのに、それを見事にキャッチするとはね!(^^)! こちらにも いるのかな!(^^)! こちらは、ツバメが電線の上で 一休みをしていたり、オオルリが 広場で遊んでいたりしていますが、サッパリ 撮れませんですよ。撮れても 曇天で 無残な写真しか撮れないでいます。早く 快晴の日がやってきてくれるといいんですがね(‘_’)

    • agehamodoki より:

      暇人さん、一番でコメントありがとうございます。
      時々「承認待ち」になってしまいますが、
      そうした設定は一切していないのですが、申し訳ありません。
      当地のハヤブサは有名なのですが、
      ちょっと目標の鳥までが遠いと言うので控えていました。
      でも、ハヤブサの飛翔は迫力があり、また美しかったです。
      雛は可愛いのですが、よく見るとハヤブサの顔をしていました(笑)
      こちらここ数日は五月晴れの夏日となっています。
      そちらではやっと桜が咲いていますね。
      夏鳥観察本番ですね!

  2. 一匹狼 より:

    こんばんは😄

    こんな崖にもいるんですね〜🐤
    穴場発見ですね(-_^)

    確かに駐車場代気になっちゃいますよね
    (笑)

    • agehamodoki より:

      ハヤブサは崖に営巣するのですが、
      最近は泉州方面のホテルのコンクリートの庇の上での営巣が有名ですよ。
      人と上手く共存できる猛禽類かもしれませんね。
      はい、鳥観察は鳥まかせ。
      何時間になるか分らないので有料駐車場に入ると、
      時間単価が安くてもビックリする金額になることがあります(大汗)!

  3. koyuki より:

    アッチッチ地方のmodokiさんへ
    こんばんは~!
    ハヤブサの雛、ふわふわの白い産毛が可愛いですね(^○^)
    こちらも高い崖の上に通年いらっしゃるのですが遠くって^^;。
    でも雛の誕生は見た事ありません。
    都会は鳥見するにも駐車料がかかるので大変ですね。
    猛禽類は羽を開くと綺麗!っていつも感じます。
    無事巣立って欲しいですね。
    今日も10℃前後で寒いのよ~熱中症なんて信じられません。
    お身体に気を付けて下さいね。

    • agehamodoki より:

      アッチッチ地方のアッチッチ族のmodokiです。
      私は関西の少数民族ですか?(笑)
      今日も仕事場は暑く、エアコンは冷房でした。
      猛禽類と言えど雛は可愛いです。
      当地も距離があり、modokiの鉄砲ではしんどい距離です。
      まっ、勤務先のご近所という事でこれからも行ってみようかと。
      過ごしやすい季節はホントに短いですね。

  4. kanaconnie より:

    毛虫は苦手です。。。
    やっぱり保護色なんですよね~。色目が・・・。

    • agehamodoki より:

      とにかく茶色いの黒いの斑の、毛虫に芋虫に尺取虫の行列。
      遊歩道の木フェンスにゾロゾロ、それが延々と続く!
      それに風に吹かれた奴が糸でぶら下がっている。
      今回の「毛虫がいる風景」は今までで最高、いや最低でした(寒気)!
      雛は生まれた当初は真っ白らしいです。
      今は「保護色」でしたね。

  5. 旅の仲間 より:

    そろそろハヤブサの巣立ちと思ってましたが、すでに終わってたのですね!
    のんびりし過ぎました。

  6. ごっち より:

    もうハヤブサの巣立ちですか。
    フワフワ羽毛の雛は可愛いです。
    こちらの有名ポイントでももう巣立っているのかな?

    毛虫が多いところは小鳥も多いかもしれませんよ。
    まぁハヤブサがいたらみんな逃げ出してしまうかもですが。

    • agehamodoki より:

      そちらでは湘南に有名な営巣地がありましたね。
      猛禽類と言えど雛は可愛いです。
      無事に大空を飛べるようになって欲しいです。
      「毛虫×多数=鳥が来る」は数式ですね(笑)
      トケン類でもいれば嬉しいのですが、居ませんでしたね(涙)

  7. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^

    「ハヤブサ親子の愛物語❤」
    堪能させてもらいました^^
    親は猛禽類らしい、鋭いお顔ダチだけど
    やはりお子は産毛っぽくて可愛らしいですね^^
    きっと、岩場をヨチヨチって感じで歩いてたんでしょう♪
    えっ?ムクドリが餌?(汗)
    鳥の中ではムクドリは大きい方ですが・・・そうなんですか・・・。
    食べっぷりは、結構むごい姿なのかもしれませんね><
    今年は毛虫多いですか~~?
    これからモリバヤシは、毛虫やらブヨ?やら
    へびちゃんやら~(← ちゃんはいらんかっwww)
    鳥に夢中になり過ぎて、危険な目に合わないよう
    お互いに気をつけましょうね^^

    • agehamodoki より:

      ちえたんさんコンニチハ♪
      ハヤブサはルパンを思い出せるもみ上げがある風貌がユニークです(笑)。
      雛にもハヤブサ顔の特徴が出始めていす!
      そしてなんと言っても猛禽類でもトップクラスのスピードが魅力です!
      少ない羽ばたきで直線的に飛ぶ姿は圧巻です。
      以前、目の前のハンティングも餌はムクドリでした。
      食物連鎖とは言え残酷ですね!
      先日の毛虫の多さには、撮り観察中だけに「鳥肌もん」でした。
      いや、そんな冗談が出るのは今だから・・・当日はぞっとしましたよ!

  8. ちえみ より:

    巣立ちですね。
    まだまだ産毛が残っているけど元気で羽ばたいて欲しいですね。
    自然の中で生きて行くのは大変ですよね。

    毛虫。。。これは大変です。。。

    • agehamodoki より:

      小鳥の巣立ちは可愛いですが、
      猛禽類は少し「凛」としたものを感じます。
      猛禽類と言えど、無事大空を舞い、
      狩りができるようになるまでは遠いです。
      思わず声援を送りたくなります。

      けっこう見なれたはずの毛虫ですが、
      当地の毛虫は種類も数もハンパではありませんでした。
      早めの撤収は、そこに原因があったかもです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中