ツバメ、夕暮れの群飛

ツバメたちがご近所へやって来たのは春先の3月だった。あれから約5カ月、繁殖を終えたツバメたちが淀川河川敷のヨシ原を塒にする。塒入り前、夕暮れの大空を群飛するツバメたちの姿は圧巻だ。その数はピーク時は3万を超えると言われている。昨日はそんなツバメの姿を観察する恒例の「鵜殿の観察会」へ参加した。ツバメ群飛130817_1n

画面一杯に飛び散ったような小さな黒い点。埃ではありません。みんなツバメ!こんな群れがあちこちからやって来て、やがてヨシ原へ急降下する。上手く撮れなくて超残念!

ツバメ群飛130817_4n

この画像はツバメが比較的低かったのかな。よ~く見るとツバメのカタチをしているヤツがいる(大汗)それにしても凄い!今日のカウント数は2万弱だと。誰がどうして数えるねんて!?そんな野暮を言うなかれ。このツバメたちが南へ無事旅立てることを願おう!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ツバメ、夕暮れの群飛 への30件のフィードバック

  1. superkamui より:

    ツバメの大群、圧巻ですね!!北海道宮島沼では春秋にマガンの大群が飛来しますが、それを思い出しました。天売島ウトウの帰還も…
    鳥の大群は迫力があり実にドラマチックですね!!

    • agehamodoki より:

      スーパーカムイさん、コンニチハ♪
      マガンやウトウだともっと嬉しいのですが、
      ここは暑い大阪だからしかたないですね。
      それでも、夥しい数のツバメの群飛の大パノラマは素晴らしいです。
      こんな風景がいつまでも見られることを願って止みません。

  2. 一匹狼 より:

    こんばんは😄

    凄い数Σ(・□・;)
    これだけの大群だと若干脅威に感じ迫力に押されちゃいます

    いつ南へ旅立つの!?
    今でしょ!(笑)🐧🐧

    • agehamodoki より:

      凄いでしょう!ヒッチコックの鳥ではないので、恐怖感はありません(笑)
      大きな波のように打っては返すツバメは幻想的でもありました。
      「今でしょ」ボチボチ、旅立っているようです。

  3. AYU より:

    こんばんは!

    これが、「ツバメ」の塒入りの光景なんですね~。
    噂には聞いていましたが、凄まじい数ですね。
    初めて見ました。
    「ツバメ」は、最近、数が減る傾向にあるようですが、
    この光景を毎年見ることができると良いですね。

    • agehamodoki より:

      AYUさん、どうもです。
      写真は難しいですが、ツバメのねぐら入りは素晴らしいです。
      当日は河川敷(うずらより上流)に入って見ましたが、土手からも見られます。
      涼しい風に吹かれて、ぜひ1度眺めてみて下さい。

  4. kanaconnie より:

    おぉ~!!すごい数ですね。
    もちろん数えているのは「日本野鳥の会」でしょう??

    • agehamodoki より:

      数えると言うより「見当を付ける」でしょうか?
      メッシュで区切った大空をイメージして、
      メッシュ内の密度(羽数)×スケール(メッシュ数)と言うイメージ(大汗)
      modokiには手に負えませんが、経験者はカウントされます。

  5. kakeyan52 より:

    そうか、きょうは例会日やったんや!
    コロッと忘れてた(はなから行くつもりはなかったけど)。
    そやけど、よう撮れてんね、市役所前のムクドリ。なんでやねん!
    よう見たらちゃんと写ってる。増感して手持ち?それとも三脚?
    さすが、7D、違う、modokiさん!

    • agehamodoki より:

      たまには参加しないと、忘れられてしまいそうで。
      まっ、それでもかまわないけど・・・。
      >市役所前のムクドリ
      じゃなくて、駅前のスズメですよ。なんや、そっちかいな(笑)
      これ以上上げられないISO感度、下げられないSS1/100で
      手持ち適当ピントでシャッター切りました。

      • kakeyan52 より:

        3200やったかな?そんなの使ったことない!
        もうすぐ7DmkⅡが出るとか?
        canon小出しで出しすぎやね。
        そういう私も最近、PowerShotSX40HSという新古品を落札しました。
        「登り定点」用です。マクロから光学35倍840mm望遠まで。
        画質は劣りますがさすがDIGIC5、ピント追従が早くなってそこそこ使えますよ。
        SX50HSという50倍1200mmというのは現行機種。
        もうすぐ60倍がLUMIXから出るとか。
        キリがないです。

        • agehamodoki より:

          改めて「振り切ったISO感度」は6400でした!!
          もちろん初めて使った数値です。銀塩時代には考えられないですね。
          modokiもお手軽高機能のお散歩カメラが欲しいのですが、
          ホントに貧乏なもんで・・・(涙)

  6. りばてぃ より:

    約とは言え、その数を出す根拠が分かる人は凄いですね(>_<)

    • agehamodoki より:

      技術よりも経験値でしょうか?
      早い話がひと固まり何羽(密度)がいくつやって来たか?
      ある人は、床に撒き散らした大豆を数えて練習するらしいです。

  7. koyuki より:

    凄い群舞ですね@@!
    スピードがあるのでカメラに収めるのは難しいので
    しょうね。感動しました。
    私の家の近くではカラスの塒があって夕方になると
    空を覆うさまは・・・すさまじいです(-o-;)

    • agehamodoki より:

      はい、凄い数のツバメたちが夕暮れの大空を群舞しました。
      波のようでもあったし、雲のようでもありました。
      素晴らしい風景が永遠に繰り返されることを願ってやみません。
      やっぱり、カラスは損をしていますね(笑)

  8. KOKO より:

    ホントよく撮れてますねー!
    私も先日、初めて同じような数のツバメを見ました。
    すごかったです〜 感動もんですよね。
    その時撮った 下手なピンボケのデジカメ写真でもツバメの姿が数羽判別出来てびっくりしましたガ(汗)
    淀川のツバメの塒入のすごさは、信州でもよく知られてましたよ。
    10万とか伝えられたりするけど、本当かな、とも。

    • agehamodoki より:

      コメしませんでしたが、KOKOさんのブログも拝見していますよ!
      ツバメの集団塒入りは、ホントに素晴らしいですね。
      夕暮れで、上手く撮れないのが残念です。
      脳裏に焼き付けて、忘れる頃(来年)また見に出かけましょう!
      数は、大きな声では言えませんがアバウトですね。
      今年のピーク時は3万を超えたそうです。

  9. すごい数のツバメですね(@@;
    近年ツバメも数が減っているみたいですが、
    これだけ飛んでいれば、ひと安心できますね。
    我が家のツバメは、先日ようやく2回目の巣立ちが終わりました。
    それでも、夜になると毎日数羽が帰ってきています。
    暑い日中には30羽くらいが軒下で休んでいたりと、結構居心地が良いみたいです。

    • agehamodoki より:

      ツバメもスズメも減っていると言われていますね。
      でも今のところ、ご近所で目に見えて減っている感じはしません。
      住み難い世の中、じゃなかった環境になってはいるでしょうが・・・!
      当地の集団塒は大阪で1番と言われています。
      機会があればぜひ訪ねて下さい。一件の価値はあります。

  10. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ おはよーございます^^

    えーーーっ!2万弱のツバメの大群ですか?
    物凄い数ですね!(@@)
    家の近くにも、8月過ぎるとツバメの集団塒の場所があります。
    まだ行った事はないのです、数はこれ程では無いにしても
    一度見てみる価値がありそうですね^^
    そういえば、御近所で巣立ったツバメたち
    あれだけ沢山飛び回ってたのに、皆そちらへ移動して寝てるのかしらん?
    カウント・・・・。どうやってするんでしょうね?木に成る~~~(汗)
    野鳥の会のベテランさんが、冬に沢山いるカモ類の数を
    じーーーっと見つめてカウントされてましたが・・・。
    何か良いコツみたいなものがあるんでしょうね^^

    • agehamodoki より:

      あちこちに集団塒の場所がありますね。
      当地は大阪で一番と言われて、
      日本野鳥の会の観察地点ともなっています。
      夕暮れ迫る大空を無数のツバメが群舞する光景は圧巻です。
      スケールの大小があっても、一見の価値がありますよ。
      地元の塒を一度訪ねて下さ~い。
      知る限りではカモとツバメとはカウント方法が異なります。
      カモは、紅白歌合戦の赤白の数を数えるように、
      カウンターを押して行きます。
      ツバメはイメージとして大空をメッシュで覆い
      ひとつのメッシュの密度(羽数)×ツバメがいるメッシュ数。
      例えばA4サイズのメッシュに100羽いました。
      そんなメッシュが50枚分の広がりの群れだと約5000羽となります。
      メッシュ中の数をカウント制度を上げるために
      床にばらまいた大豆を数える練習をしているとか・・・

  11. 暇人 より:

    遅くなりました
    すごい数の ツバメの大群ですね。どこを撮っても ツバメですね。(‘;’)
    こちらでは、こんな光景は見たことがありません。ツバメさんは 寒い地方は 苦手なんでしょうかね???

    • agehamodoki より:

      はい凄い数でした。どこを切ってもツバメでした。
      と言って、金太郎飴ではありません(笑)
      ツバメは南からやってきますから、
      北海道まで行くにはちょっと遠いから逞しいヤツしか行けないのでしょうね!
      ツバメの仲間の別種がいるのでは・・・・!?

  12. kakasi24 より:

    今晩は、ツバメも此処まで集まると・・・感動一杯~~2枚目数えて見ましたが700越えて、諦めました。
    一度は見てみたいですが、さすがに遠いんですよ。

    • agehamodoki より:

      kakasi24さん、コメありがとうございます。
      お馴染のツバメですが、
      これだけの数が夕暮れ時の大空を舞う姿は感動です。
      規模の大小はあるけれど、塒は全国に点在しているらしいから
      一度ご覧下さ~い!

  13. ちえみ より:

    凄いですね~
    小さな鳥なのに海を越えるんですよね。
    元気に無事に海を渡りまた来年、戻って来て欲しいですね(^_^)v

    • agehamodoki より:

      これでもピーク時より少なくなっているそうです。
      小さいけど、秘めたる力は凄いと思います。
      どれだけの数が、来春に戻って来れるのでしょうね。
      思わず声援を送りたくなります。

  14. くなかれかなよ より:

    これは凄い

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中