エレガンスなホオジロが囀っていた。

地元北摂の山合いにも色んな冬の小鳥たちが出そろった!?そんな中で人気がミヤマホオジロ。冬季キャンプ中だというので覗いてみた。

ミヤマホオジロ♂140109_1n   ミヤマホオジロ♂140109_3n

以前より遭遇するようになったが、大体左の感じ。林道の向こうの方の地面で採餌をしている。 近づくと近づいただけ離れていく。そっと近づこうとしても気づかれ、飛び去ってしまう。右は飛び去る時にちょっと止まってくれたが、ピ、ピ、ピントが甘いT_T;

ミヤマホオジロ♀140109_1n  ミヤマホオジロ♂140109_5n

左は落ち葉と保護色だったメス。そして右、オスが木の上部で囀っているのを初めて見て聞いた。この季節になんでと思うが、ホオジロよりゆったりとして繊細な囀りだった。

ミヤマホオジロ140114_1n

近い枝に突然オスがやって来た。ラッキー、目線だったらもっと嬉しかったが・・・別の場所での出来事。何度も言うけどミヤマホオジロの学名はEmberiza elegans エレガンスなホオジロなのだが、modokiには黄色い冠羽がどうしてもヤンキー兄ちゃんに見える。命名した学者さんが今の風俗を見ていたら変わっていたかも・・・(笑)

ルリビタキ♂140109n    シロハラ140109n

青い鳥にも会えたが、思わせぶりな枝かぶり後ろ姿だけ。シロハラも出て来なかった。

「冬いちご白書をもう一度」

足元からクロジらしいのが飛びだして、脇の茂みに消えた。双眼鏡で追ってみて、鳥より先に目に入ったのが「赤い小さな実」 なんや?ひょっとして、最近カケスさんのブログで見かけた「フユイチゴ?」卑しいmodokiは食い物にも弱い。ひとつ摘んで口へ入れると、甘酸っぱさが口いっぱいに広がった。美味い!周辺にあった実を適量摘んで帰って、水洗いしてとりあえず冷蔵庫へ。

フユイチゴ131231_2n   フユイチゴヨーグルトn

左)道端のフユイチゴ。冬の枯れ風景にルビーカラーのアクセント。右)乳酸菌が良いと言うから最近食べているヨーグルトLG21にフユイチゴをトッピング。美味いかって?もう、最高!いただきました星三つ(★★★)です。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

エレガンスなホオジロが囀っていた。 への16件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんにちは(*^_^*)
    ミヤマホオジロはカラフルな鳥ですね。
    冬イチゴは山へ行くと良く見かけます。

    • agehamodoki より:

      wakasahs15thさん、コメありがとうございます。
      ミヤマホオジロは、冬の山野の小鳥として定番人気者です。
      フユイチゴ、ホントはもう少し早い季節が旬らしいです。
      本物のイチゴには無い美味しさがありますよ。
      ぜひ、ご試食を!

  2. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^

    いつか~君と逢った~映画がまたくる~~♪
    そんなフレーズ・・・・・!
    知っとるんぢゃけど・・・それは何?知らん!と言いたいですねっ!(汗)
    ミヤホの冠羽を見ると惚れ惚れしますね^^
    昨年、カラ類に混じってご近所で挨拶してくれましたが
    しっかり撮影出来てません~~~><。。。
    必ず逢っておきたい冬鳥です!^^
    この実は「フユイチゴ」っていうんですか?
    赤くて美味しそうですね~鳥だけでなく私も食いつきそうです!(*≧pq≦)プププ
    ヨーグルト+イチゴ=私の大好きな組み合わせです^^

    • agehamodoki より:

      そんな歌しりませんよ!?
      作者がユーミンでばんばひろふみが歌ってたなんて(笑)
      懐かしいメロディに涙が出ますヨ(爆)
      で、ミヤホの黄色い冠羽、冬に1度は必ず見ておきたいですね。
      ちえたんさんも、ぜひ見つけて下さい。
      フユイチゴは雑木林のハイキング道や林道脇で見つかります。
      細かいヒゲと言うか尻尾が付いているのがちょっと難ですが、
      味はナチュラルな甘さが最高です!
      ヨーグルトとの相性も、もちろん最高でした。
      ミヤホと生息域が重なるから、同時に探して下さい。

  3. kanaconnie より:

    ミヤマホオジロさん、わたしもエレガンスよりmodokiさんのヤンキーに1票かな(笑)そう思ってみるともうヤンキーにしか見えなくなって・・・(^_^;)
    赤い実は可愛いですね。どこかで鳥さんが「わしのなのにぃ」と言ってるかもしれませんよ。

    • agehamodoki より:

      ですよねぇ、やっぱり「ヤンキー」だ!
      でも、そのちょっと突っ張った感じが可愛いのでが(笑)
      赤いフユイチゴの実、正直思った以上に美味しかったです。
      すでにシーズンは終わりらしいので、来年も探してみます。
      鳥に文句を言われない程度に楽しみます(汗)

  4. ごっち より:

    冬の山は赤・青・黄色の子と色鮮やかですね~
    ミヤマホオジロはやはりヤンキーっぽく見えます(笑)
    地元の山にも来ているはずだから次の休みは会いに行ってこようかな。

    • agehamodoki より:

      冬枯れの山野では特に色の綺麗な小鳥は人気者ですよね。
      赤はベニマシコやウソ、青はルリビタキ、そして黄色はこのミヤホが代表かな。
      珍鳥じゃないだけに、ひと冬に1度は見ておきたいです。

  5. 一匹狼 より:

    こんばんは😄

    いろんな鳥さんを見られて本当勉強になります🐤🐤

    フユイチゴ美味しそうですね(*´∀`*)

    ヨーグルトとフルーツの組み合わせは最高ですね🎵🎵

    • agehamodoki より:

      一匹狼さん、いろいろ鳥の勉強をして下さい。
      そして一度、寒さを我慢してフィールドへ出て下さい。
      私は一匹狼さん推薦の映画ビデオでも借りて来ますヨ(笑)
      ヨーグルトにフルーツの組み合わせに鉄板ですね。

  6. kakeyan52 より:

    「宮前保一」素晴らしい!
    どこか見覚えのある風景ですね。
    きょうはウソ、マヒワ、アカゲラなども。
    怪しいのは一瞬高枝に止まりましたが、確認にはスコープが要ります(汗)
    フユイチゴ美味しいでしょう!ひげがありますが気にしない、気にしない。
    もう旬は終わりかな?

    • agehamodoki より:

      ミヤホの正式なお名前は「宮前保一」でしたか、さすが物知りのカケスさん(笑)
      このミヤホは北摂エリア2か所で観察したものです。
      地元だけに「見覚えのある風景」だと思います。
      次回はウソをじっくり見たいと思っていますが・・・
      はい、フユイチゴを美味しくいただきました。クセになりますね。

  7. この真冬にミヤホが囀るとは珍しいですね!
    私のところでは、秋の飛来直後か春先にたまに聞くくらいで・・・
    あっ!そういえば繁殖地があるので、真夏にもその気になれば聞くことができました(^^ゞ
    鋭い地鳴きとは違って、とても優しく癒される囀りですよね(^^)
    冬イチゴは、花は見たことがあるけれど、実は見たことがありません。
    今頃は雪に埋もれております(笑)

    • agehamodoki より:

      アカショウビンさんちのお住まい周辺の降雪のせいかミヤマホオジロが増えています。
      たくさん居ると、中には変り者が出てくるのでしょうか?
      囀りサービスまで受けられるとラッキーでした。
      ホント癒し系の囀りでしたね!(笑)
      そうか、そちらは「豪雪地帯」と化しているのですね。
      お見舞い申し上げます。

  8. Sartenada より:

    Very beautiful bird photos. My favorite is the photo of Emberiza elegans.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中