ご近所子育て風景

渡り鳥たちの通過が終盤を迎えると、地元組はすでに子育て真っ最中。Gさんからお馴染のダクトで営巣中のチョウゲンボウに雛が孵ったという連絡を頂き、ちょっと出かけてみた。しかし、まだ子育てが始まったばかりで、餌運びもほとんど無し。待ちくたびれて油断した頃を狙って親が帰って来る。また出直そう。

チョウゲンボウ飛び出し140514n  チョウゲンボウ飛翔140514n

左)巣を飛びだしたお父さん。右)旋回中の、やっぱりお父さんかな?下手くそ画像。チョウゲンボウがダメならハッカチョウがあるさ。と、近くの橋の下へ。

ハッカチョウ140514_2n

ハッカチョウ140514_4n  ハッカチョウ交代140514_2n

何度見てもユニークな風貌のハッカチョウ。今年もここで営巣中。右下はお父さんお母さんの子守交替風景。どっちがお父さんやねん!?

ハッカチョウ飛140514_3n  ハッカチョウ飛140514_4n

飛ぶと大きな白斑が美しいのだが・・・やっぱり下手くそ!前にも書いた記憶があるが、当地は他にもイワツバメ、ムクドリ、ドバトが営巣中で、まるで野鳥のマンション。

イワツバメ140514_1n

飛んでいるイワツバメはほどんど撮影不可能。巣に戻って来たところをパシャ。一番餌運びに忙しそうだったのはムクドリ。実に色んな餌を運んで来た。以下観察記録。

ムクドリ140514An  ムクドリ140514Bn

左はハチ系の虫?右は桑の実に見えるけど・・・

ムクドリ140514Cn  ムクドリ140514Dn

左)バッタ系の虫。右)芋虫系は幼虫かな?

ムクドリ140514En  ムクドリ140514Gn

左)大物芋虫系・・・?右)カマキリにしては鎌がない???もう少し勉強してムクドリの子育てを夏休みの自由研究にしようかな(笑)。地元でそれなりに楽しい午後だった。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ご近所子育て風景 への26件のフィードバック

  1. ◯◯泰男 より:

    そろそろわたしの住む町でも、、、って今年気温上がらないから少し遅れるかもね

  2. 暇人 より:

    こんばんは
    そちらは、子育ての時期ですか!(^^)! 暇人も 探してみてはいるんですが、スズメさんも その動きがありませんです。ツバメは 西岡公園には あまりやってきませんが、以前撮った 豊平川の 橋の下を、覗いてはいるんですが、ツバメさん そのものを 見かけませんですよ!(^^)!。北国は 遅れそうですよ(+o+)

    • agehamodoki より:

      北海道の繁殖期はまだですか?やっぱり少々遅れ気味なのかな?
      その分、良い意味で一気に爆発しますよ。きっと。
      ツバメもあちこちで子育てしていますよ。
      困った時のツバメファミリー紹介は定番です。(笑)

  3. slecfarm より:

    子育て中で、ご飯運びが忙しいですね。頑張ってるなー!(^^)!

  4. wakasahs15th より:

    こんばんは(*^_^*)
    野鳥のマンションのように営巣中とは、それだけ天敵が少ないんですね。
    実家に毎年燕が巣を作って両親が大事に見守っていましたが
    小動物?に荒らされてから来てくれなくなりました^^;
    近所で巣を作りだしたので、子供が餌を要求している所を撮りたいと
    心待ちにしている所です。

    • agehamodoki より:

      そうですねぇ、天敵が少ないのかもしれません。
      今日、気になったのはカラスが覗いていたことかな・・・
      ツバメの巣、人気物件は何度も再利用されるけど、
      事故物件へは入居しなくなりますね。
      夏場、1度は必ずツバメファミリーをネタにします。
      ご近所のロケハンが必要ですね。

  5. kakasi24 より:

    こんばんは、復帰後からのトップギヤーに入れるのが早いですね。 こちらではハッカチョウ見ることができません・・・上野? マンション暮らしが近くにあれば日参したい品目ですね。

    • agehamodoki より:

      いやいや、まだまだご近所まわりで我慢していますヨ!
      ゆっくりアクセル、エコ運転ですよ(笑)
      ハッカチョウは外来種ですが、すっかり定着したようです。
      比較的新しい橋げたですが、ホントに色んな鳥が営巣中です。
      ムクドリの色んな餌運びを見ているだけでも、それなりに面白かったです。

  6. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ おはようございます^^

    こんなに沢山の鳥たちの子育て!(@@)
    これは自由研究には持って来い!ですね~♪
    表紙には、modokiさん得意の鳥のデザイン画でよろしく~(笑)
    お子たちは、動物性タンパク質がお好きなのかしら?
    柔らかいから飲み込み易い?(汗)
    私も鳥たちの巣を探してみようかな?
    長時間の観察になるだろうけど、楽しそうですね^^
    いつものモリバヤシでは、エナガの6~8個の巣を
    どうやらカラスに襲撃されたみたいで・・・全滅だったそうです!><
    自然とはいえ、なんとも悲しいですね・・・・。

    • agehamodoki より:

      子供が小さければ「ムクドリ観察」を無理強いしていたかもです(笑)
      まっ、その時は写真とイラストの応援くらいはさせていただいたことでしょう。
      たかがムクドリですが、子育てを見ていると大変さが伝わってきます。
      見ている分には楽しかったですよ。
      エナガの巣、残念でいしたね。
      上手く育っていれば団子が見られてかもしれませんね。
      カラスにはカラスの言い分もあるでしょうけど、ちょっとねぇ!

  7. 一匹狼 より:

    おはようございます😄

    本当暖かく、いや暑くなってきましたよね。

    動物たちはそろそろ繁殖の時期なんですかね🐤🐤

    そこらへん歩いていてもハトの数もかなり増えたような✋

    • agehamodoki より:

      そうですね。心地よい季節は短いです。
      そんな季節が野鳥たちの繁殖期です。
      もっとも身近に見られるのはツバメでしょうか?
      黄色い嘴が並ぶ日も近いです。

  8. とんび より:

    今の時期 2度目の求愛活動が盛んのように見受けられます
    1番子は 巣立ってる様にも思えます
    幼鳥にも 会いたいで~~す

    • agehamodoki より:

      へぇ、とんびさん方面でははやくも2番子ですか!
      ホントに季節の移ろいがはやいですね。
      幼鳥、可愛いです。ぜひ、見つけて下さ~い。

  9. superkamui より:

    こんにちは。野鳥は子煩悩で献身的ですね!一部の心無い人間に爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい限りです。初心者にとって育雛観察で一番無難なのはツバメですかね、先週末ニセコの馬小屋でツバメの営巣を見ましたが、ツバメなら比較的安心して近寄れますよね(^^) 北海道ではおそらくこれから野鳥さんの子育てが本格的に始まるはずですから、知らずに巣にうっかり近づくことがないよう気をつけたいと思います。

    ハッカチョウという鳥がいるんですね。図鑑でもちゃんと見たことがありませんでした(汗)黒と白のコントラストが見事ですね!!

    • agehamodoki より:

      少なくとも野鳥たちの子育てに「虐待」はありませんね。
      人の子育てにそんなニュースが載ると悲しくなります。
      ツバメの子育てが一番身近で観察できますね。
      大きく開けた黄色い嘴を並べる姿を思い出すだけで可愛いです。
      北海道は短い時期に繁殖が集中するから、大変な賑わいでは!?
      はい、余裕を持って観察したいですね。
      ハッカチョウは外来種です。ユニークな風貌と美しい白班が特徴です。
      南方へ行けば色んなハッカチョウがいるようです。

  10. kanaconnie より:

    若い世代が頑張るというのは気持ちがいいものです。
    雛たちみんな元気育ってほしいものです。
    八課長失礼!ハッカチョウはマレーシア時代によくみたクロちゃんの仲間かな。向こうではmynaと言っていたような気がします。

    • agehamodoki より:

      その通りですね。未来を背負った若者、いや若鳥は気持ち良いです。
      野鳥たちだけでなく「若者」も頑張って欲しいですよね。
      我々の年代を背負ってもらわないと・・・なんて言ってるから嫌われる。
      ハッカチョウは南方系ですから
      マレーシア辺りには色んなハッカチョウがいるのでは?!
      日本には昔、十手を持った鬼平ハッカチョウが、
      現代はコンピューターで悪さをするハッカーたちがいるそうです。

  11. Sartenada より:

    Enjoyable series of birds. I enjoyed every photo.

  12. 今年もチョウゲンボウが繁殖しているのですね(^^)
    こちらでは冬鳥のイメージしかありませんが、
    人知れずどこかでコッソリという可能性がゼロではないのかもしれませんね。
    昨日、全身がほぼ真っ白な猛禽を見つけましたが、あっという間に飛んでしまいました。
    大きさから考えると、ハイタカあたりと考えられますが、
    山深いので、二度とチャンスはないと思います。
    ハッカチョウは一見地味ですが、羽を広げると白斑が綺麗ですね。
    そのギャップはブッポウソウと同じような感じかな?
    野鳥の範疇とは少し違いますが、一度は見てみたいです。
    ムクドリも地元では珍鳥です。まともな写真は撮ったことがないかも・・・

    • agehamodoki より:

      はい、今年も排気ダクト?でチョウゲンボウが子育て中です。
      他にも鉄道の橋脚などでも繁殖しているようです。
      人と上手く共存できるのなら、いいかなと・・・
      白い猛禽、興味ありますね。
      そう言えば東京在住時アルビノチョウゲンボウが有名でした。
      ハッカチョウは本来南方系外来種ですが、
      温暖化の影響もあってかすっかり定着してしまいました。
      確かにブッポウソウと「見え方」が似ていると言えば似ていますね。
      今年は岡山辺りへブッポウソウ詣でがしたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中