夏の虫特集(バッタを探せ)

8月は、もともと鳥枯れの季節。そこへ天候不順やらお盆の忙しさが加わって鳥ネタは底をついている。今日は再度カワセミにチャレンジして来たが、画像整理が追い付かない。という程撮ってないのだが・・・(汗)そこで夏のお馴染、虫特集。主に夕方の散歩時にコンデジで撮った身近な虫たち。もちろん無視していただいても結構です(笑)

バッタ140818_1n  バッタA140826n

夕方近く、目の前の足元を横切ったバッタ。うん、全くの保護色。バッタを探せ!

ショウリョウバッタ140826_1n  バッタC140826n

左はスマートなショウリョウバッタ?右はCMでお馴染の殿様?土下座しないと(笑)

キリギリス140825_1n  キリギリス幼虫140815n

左はバッタじゃなくキリギリス。働かないとやがて寒い季節がやって来るよ。えっ、大きなお世話だって。確かに、キリギリスはキリギリスの生き方がある。右はそのキリギリスの幼虫?それともバッタ?簡単に識別するには水に浮かべればハッキリする。キリギリスは泳げないけどバッタは泳げる。得意泳法はバッタフライ・・・・・・

訂正)右の画像はキリギリスの幼虫ではなくツチイナゴの幼虫(バッタの場合は不完全変態なので幼体)だとのご指摘をカケス師匠からいただきました。

アオスジアゲハとキバナコスモス2014_3n  ヤマトシジミの休息140826_1n

お口直し、耳直しに蝶たち。左はキバナコスモスにやって来たアオスジアゲハ。右は雨上がりのヤマトシジミの休息。

イチモンジセセリ140722_1n  ウラギンシジミ140810n

左modokiの心のような「イチモンジ」セセリ。右は雨宿りしていたウラギンシジミ。こんな細い葉っぱでは雨はしのげないでしょ!?

カルガモ親子140805n

最後に掲載もれの鳥画像から、大きくなったカルガモ親子。いつまでも親離れしない我が家の息子を連想してしまった。

セッカ140821_1n

暑い田んぼで見かけたセッカ。暑い季節もあと少し!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

夏の虫特集(バッタを探せ) への23件のフィードバック

  1. kakasi24 より:

    いよいよ撮りがれシーズン開幕? そろそろ雄山の便りも届く頃ですね・・・毎朝時間を作って短時間ですが、探してますが・・・此の所天候の性なのか?午後に居たの情報ばかりで、涙の日々が続いております。

    • agehamodoki より:

      はや8月も終わり、渡りの季節の本格化を期待したいものです。
      それにしても天気がパッとしません。
      振ると激し過ぎる雨には困ったもんです。
      災害が出ている地方では、ホントに涙雨ですよね!

  2. 暇人 より:

    こんばんは
    そちらでも「バッタ」が 跳ねているんですね!(^^)!。こちらでも 跳ねていますが 動きが早く 撮り切れていませんです。西岡公園は 例年通りに 熊さんが湿原の木道を お散歩しており、公園は 全面閉鎖されています。!(^^)! そこで、公園フェンス外の 櫟の木に 遊びに来ていた「ヤマガラ」を撮ったり、月寒公園のアオサギさんに 付き合ってもらっています!(^^)! 秋になると カラ類が 姿を見せるんでので、しばらくは、公園フェンス外で 野鳥探しをしなければならないようです。!(^^)!

    • agehamodoki より:

      跳ねるような楽しさに遭遇してみたいものですが、
      出合えるのは鳥も少なく、バッタくらいだったと言うことです(涙)
      まっ、熊がウロウロして公園が閉鎖になるような怖さはありませんが。
      そろそろ季節が入れ替わり、楽しみが増えるのではありませんか?
      またmodokiが羨ましがる写真を待ってます。

  3. slecfarm より:

    キリギリスは泳げないけど、バッタは泳げる?初めて知りましたー(゜o゜)

  4. 一匹狼 より:

    おはようございます😄

    結構葉や辺りの場所に同化して分からない時ありますよね🎵

    上の写真2枚は見分けつきにくかったです(笑)

    • agehamodoki より:

      人も都合が悪い時は保護色を使って隠れたいですよね。
      でも、覆面パトカーが保護色になったら困るかも(笑)
      はや9月になってしまいますね!

  5. kakeyan52 より:

    久しぶりのコメント(ちょっかい)です。
    相変わらずの人気ですね。
    キリギリスのとなりのバッタフライの正体は?
    ツチイナゴの幼体かな?眼の下の模様がヒントです。唯一成虫で越冬するバッタの仲間です。
    検索してみてください。

    • agehamodoki より:

      「ちょっかい」ありがとうございます(笑)
      ご指摘の通りツチイナゴの幼体のようですね。
      実は会社の休憩時間にパソコンで遊んでいて気付きました。
      また、時々ちょっかいして下さ~い!

  6. kanaconnie より:

    バッタ、見事な保護色で・・・。
    言われてみれば最近バッタをあまり見てないな~。
    キリギリスとバッタの区別、わかりません。わかるのは・・・カマキリとバッタ、コオロギくらい・・・。
    でも、コオロギと鈴虫は?と言われたら降参です。・・・つまりあまりわからないってことですね(^_^;)
    さっきわが家の前にコガネムシがいました。大金はめったにやってきません・・・(-_-;)

    • agehamodoki より:

      天候不順などで鳥ネタの入荷がなく、身近な虫ネタです。
      昔とは比べるべくもありませんが、まだまだ自然が残っています。
      キリギリスとバッタの違いは難しいです。特に女性には(笑)
      コオロギとスズムシも似ているけど・・・・
      家内や娘も同様で、玄関にコオロギが飛び込んできたりしたら
      ゴキブリと間違って大騒ぎです。
      はい、コガネムシはやって来ますが諭吉さんや一葉さんはやって来ません。

  7. superkamui より:

    こんばんは!こちらも鳥枯れです。辛抱ですね(+_+)バッタは地面に完全に溶け込んでいますね(^^;)先日、ノビタキがバッタを丸飲みしたのを見たこともあり、バッタ=鳥のエサというイメージがついてしまっています(笑)

    カルガモの親子、微笑ましいですね(^^)セッカは独特の顔立ちですね。こちらでは見られないので、はるか遠い存在ですよ☆

    • agehamodoki より:

      北野大地のsuperkamuiさんちでも鳥枯れですか?!
      季節の移ろいが早い北海道のことですから辛抱もあと少しでは!?
      なるほど、虫は鳥の餌、居ないより居る方が期待できますよね。
      今年はカルガモファミリーを見る機会が無かったです。
      セッカは確かに独特の顔をしています。
      飛び方と囀りも独特です。

  8. koyuki より:

    modokiさんこんにちは~!
    暑い夏から少し解放されてバッタフライ?
    相変わらず流暢なギャグに滑ってます(笑
    私は以前ショッキングピンクのバッタを見た事がありますが
    珍しくないんですって。
    何をやるにも気合がイマイチなkoyukiで達成感を味わえてません(((^_^;)
    カモのお子ちゃんも一人前になってしまいましたね~
    シギチの季節でトーネンくらいしか見てないわ^^;。
    浜は鮭の太公望の竿が見事に並んでます。

    • agehamodoki より:

      koyukiさん、ご来場ありがとうございます。
      残暑が戻ってきましたが、、寒いギャグで涼しくなりましたでしょうか?
      ショッキングピンクのバッタ、WHO?
      私は見たことありません。次回はアップして下さい。
      気合い不足は季節的に中途半端からかな?!
      秋にはひと皮剥けたkoyukiさんがいらっしゃることでしょう!
      期待しております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中