冬鳥に「鴨」を忘れていませんか?

地元は海に恵まれていない。それでも冬には池や川に色んなカモがやって来ている。今季はコミミズクや山の小鳥に忙しくて、訪ねる機会が少なく、つい「ついで」になってしまっていた。そんなカモで季節初めに人気だったのがお濠のトモエガモ。最近は隣接市でアメリカコガモが大人気だ。久しぶりにカモネギ、じゃなかったカモネタで更新です。

トモエガモ141218_7nトモエガモ141218_2n  トモエガモ141218_8nトモエガモは場所が近くなので、何度か訪ねたがいつも寝てばかり。やっと起きていた日は時々吹雪く寒い日だった。上手く雪が写れば絵になるけど、ちょっと煩いかな。当日はずっとマガモと行動を共にしていた。それにしても横顔がユニークなカモだと思う。

ハジロカイツブリ141203_7n  ハジロカイツブリ141203_1nカモでは無いけど、やっぱり地元では少数派のハジロカイツブリ。赤い目が印象的だ。

オカヨシガモ141131_1nよく見られるカモの一種で、かつ地味なオカヨシガモ。デザインや色合いは確かに地味だけど、細かい地模様が美しく「シック」と言うべきでしょう。派手なオスが多い中、雌雄同デザインと言うのも好感。大好きなカモの一種です。

アメリカコガモ150212_2n最後に最近大人気のアメリカコガモ。当日は小雪が舞う中、地元の発見者Aさんにご足労いただきありがとうございました。「行方不明な時は両岸から探さないと」のアドバイスで、逆光なのにあえて対岸へ移ったことが発見につながりました。

アメリカコガモ150212_10n  アメリカコガモ150212_7n

同種を前回見たのは東京勤務時代の谷津干潟淡水池だから6年ぶりくらいか。意外と見る機会の少ないカモだと思う。

アメリカコガモ150212_12n

シャイな個体だとのことだけど丘に上がるサービスぶり。

コガモ2種150212_3n  コガモ2種150212_7n

左)普通のコガモ♂とのツーショット。右)コガモ♀とのツーショット。場所がマサチュー「セッツ市」と言うくらいだからヤンキーなコガモがやって来るのかな(笑)

おまけ)いただきました東京土産「あげ饅頭」

揚げ饅頭外箱n  饅頭n

表面にマカデミアナッツをまぶして揚げていると言うので、くどいかなと思ったが予想外の軽い食感で美味しかった。ちなみに説明書通りにトースターでちょっと焼きました。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

冬鳥に「鴨」を忘れていませんか? への22件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんばんは(*^_^*)
    カモがこんなに種類が多いとは(@_@;)知りませんでした。

    • agehamodoki より:

      関西で繁殖するカモはカルガモだけですが、
      冬に飛来するカモの種類は多いですよ。
      地味なイメージが強いけど、幅も奥行きもあります。

  2. 一匹狼 より:

    こんばんは^_^

    昨日バイトの賄いで
    親なんうどんを食べました(笑)

    っと不謹慎でしたが
    鴨にもいろいろな種類がいるんですね🎵🎵

    • agehamodoki より:

      「鴨なんばん」美味しいですねぇ、特に大阪のうどんは!
      不謹慎なんて、美味いモノは美味いのです(笑)
      はい、カモにも色々あります。

  3. とんび より:

    私も トモエガモ探してるのですが・・・
    堤防工事中で カモの数が減ってしまいました
    一度来ていたらしいですが・・・探し当てること出来ませんでした
    寝ていると 判らないし・・・・

    • agehamodoki より:

      トモエガモは居る所へ行けば団体さんがいますが、
      西日本、特に太平洋側では少数派だと思います。
      ぜひ、探してみて下さい。
      コガモに混じっていることが多いように思います。

  4. superkamui より:

    こんにちは、アメリカコガモという亜種がいるのですね!!初めて知りました。ノーマルのコガモとの違いは肩羽の白線の有無…??遠目に見て私は果たして判別できるかどうか(^^;)

    オカヨシガモはよく見ると確かに美しい模様をしていますね!繊細な羽ですね…控えめなお顔立ちも愛らしいです。雪降る中のトモエガモは冬の風情があって素敵ですね(^^)

    • agehamodoki より:

      アメリカの付く野鳥名は多いです。
      アメリカヒドリ、アメリカコハクチョウ・・・・
      コガモの場合はおっしゃるように、
      白い線がタテに入っているのが特徴です。
      見る機会が少ないのは、真剣に探していないのも原因かな(汗)
      雪の少ない土地なので、雪が降ると創作意欲が湧きます。
      そんな大そうなもんかいな(大汗)

  5. slecfarm より:

    むか~し、かもの飛来数を数えるという仕事をしたことがありますが、その頃必死で覚えたカモの種類をぜーんぶ忘れてしまいました(^_-)

    • agehamodoki より:

      へぇ、鳥のカウントですか!?例のカウンターを持って。
      正しく正統派野鳥の会メンバー(笑)
      >カモの種類をぜーんぶ忘れてしまいました
      わたしなんかは、最初から覚え切れてませ~ん(爆)

  6. そのちゃん より:

    鴨って色々種類があるのですね!
    鴨と聞いて思い出すのは、ブルーグリーンのお顔のマガモぐらいです。
    オカヨシガモは大人っぽい風格で日本画の対象に合う感じですね。
    私も素敵なぁと思います♪

    • agehamodoki より:

      カモ、色々います。デザインも色々ですよ。
      小鳥と違って大きいので見つけやすいです(笑)
      鴨っていうと「青首」はみんな知ってますよね。
      オカヨシガモ、シックで大人っぽいでしょう。ホントに玄人好みです。

  7. 雪の舞う中のトモエガモが良い雰囲気ですね(^^)
    毎年のように大群で飛来しますが、なかなか画像を残すチャンスは少ないです。
    アメリカコガモはまだ見ぬ鳥さんです。
    コガモの群れを見た時には一応チエックしますが、
    なかなか交っているものじゃないですね~

    • agehamodoki より:

      そちらではオシドリやトモエガモは「普通種」ですよね。
      こちらでは意外と少ないです。団体さんはまず来ません。
      アメリカコガモは真剣に探していないかもしれません。
      アメリカヒドリより地味だし、見つけ難いです。
      見たら「当たり」を引いたみたいで嬉しいです。

  8. kanaconnie より:

    最後の一行がちょっと寒かったので今夜はねぎを買ってきて鍋にしようかな(笑)
    アメリカコガモも胴体?翼の下?の模様が繊細ですね。コガモのブルーグリーンのワンポイントも素敵ですがアメリカコガモもなかなかいいです。
    オカヨシガモ、うんうん、シックです。

    • agehamodoki より:

      それでなくても寒い日が続いているのに迷惑なヤツです(謝)
      カモはオシドリのような派手系とオカヨシのようなシック系がいます。
      シック系には繊細な模様を持っている種が多いように思います。
      今日(月曜日)は久しぶりに穏やかな1日でした。

  9. AYU より:

    こんばんは!
    先日は、お疲れ様でした。
    もうすこし天気が良ければ色も・・・。
    雪が余分でしたね。

    • agehamodoki より:

      寒い中をホントにありがとうございました。
      それにアドバイスが効いて久しぶりに見ることができました。
      しばらく滞在してくれるようなら、天気の良い日にまたお邪魔します。

  10. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^
    (-^〇^-) あははは
    マサチュー「セッツ市」に、座布団5枚ですね!
    面白すぎです!
    鳥の知識だけでなく・・・ギャグまで冴えてるなんて~♪
    と褒めても何も出ん!?(笑)
    トモエガモ、長い事見てないですぅ・・・・・・・(-。-) ボソッ
    2年前位は、うちの前の川にも出没してくれたりして
    あの綺麗な模様を拝ませてもらってたのですが
    最近は・・・・・どこかで逢ったという噂すら聞こえてきません!><
    アメリカコガモ???そんな種類が居るんですね~( ..)φメモメモ
    普通種との違いが、私にはよくわからないです^^;
    揚げ饅頭美味しそうです!最近はもみじ饅頭も揚げもみじなるものが流行っていますが
    外はサクサク、中は餡子でフワフワ~絶対美味しいに決まっていますね^^

    • agehamodoki より:

      Thank you very much.
      なんて、お礼もアメリカンになってしまったしまった・・・(笑)
      トモエガモの横顔はユニークですよね。
      お山を越えて、アカショウビンさんち方面へ出かけられると普通種ですよ。
      関西以西の南部では少数派だと思います。
      アメリカコガモと普通コガモの違いは
      ボディに入っている白線が横(普通)縦(アメリカン)です。
      ただそれだけ?!(笑)
      もみじまんじゅうも食べていないなぁ・・・
      広島出張の定番土産として喜ばれました。

  11. koyuki より:

    マサチュー「セッツ市」?笑いを取るのが
    さすがお上手ですね(爆)
    アメリカコガモこちらにも居たそうですが、節穴のkoyukiの目では
    探せませんでした^^;。
    釣り人が居るので探索地点から遠くて無理なんです。
    羨ましいトモエガモ、オカヨシガモ、これも探すのが難しいです。
    オカヨシガモは高級な大島の装いですね。
    マガモはいますがこのところカルガモの姿が見えません。

    • agehamodoki より:

      写真よりギャグでお褒めいただき嬉しいです(笑)
      アメリカコガモと普通コガモ、違いは白線の入り方(横普通、縦米国)だけです。
      見逃していることも多いと思います。
      トモエガモは北方系でもないのかな・・・・
      オカヨシは普通種です。たくさんいますが、そのシックさが大好きです。
      「大島の装い」と言うのは上手い例えカモ(笑)
      そちらではマガモは通年居るのですね。
      こちらではカルガモ以外は冬鳥です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中