ここも春の気配が・・・・

先月下旬に地元野鳥の会探鳥会で訪ねた「嵐山」当日は双眼鏡だけの軽装備だったので、月が変わった今月上旬に再訪した。梅の開花が進み甘い香りが春を感じさせてくれた。

ジョウビタキ♀150302_5nジョウビタキ♀150302_8nどうですこの「梅にジョウビタキ♀」思わずイルカの「春が来て君は綺麗になった。去年よりずっと綺麗になった」そんなフレーズが出てくるでしょう。ところが・・・・

ジョウビタキ♀150302_14n  ジョウビタキ♀150302_20nいきなり地上で餌を獲ったと思ったら、なんとキモイ虫の踊り食い。ゲゲ。春になるとこんなのも出てくるからなぁ。娘だったら悲鳴やね。後は何もなかったかのような後ろ姿。

アオジ150302_4n  アオジ150302_5n日影の石段でアオジが採餌中。近づいても逃げないばかりか寄って来た。はみ出すがな。

アトリ150302_2n  アトリ150302_1nお立ち台のアトリ(笑)

ソウシチョウ150302_5n  ソウシチョウ150302_14nどうやらお立ち台で餌付けされていたようで、外来種のソウシチョウの団体さんもやって来た。外来種を毛嫌いする人も多いが、勝手にやって来たのではない。連れて来られたのだ。余り邪見にしたら気の毒だろう。それにしても派手やなぁ・・・

クロジ150302_8n比べて、日本固有種クロジのなんとシックなこと。水墨画のようだ。美しい!

メジロ150302_7n最後は花に戻って、馬酔木(アセビ)にやって来たメジロ。毎年この季節に同じことが繰り返されている。こんな風景ならずっと変わらないで繰り返されて欲しい。

追伸)捨てられないモノVOL.5

今日(10日)は公休日なのに生憎の空模様で家でくすぶってる。あっと言う間に空が重たい鉛色になり雪が降ってきた。それも一瞬吹雪。どうなってんの!?と言うワケで、以前作っていたバッジ用丸太スライスが残っていたので「コミミズクの顔」にならないか考えてみた。これからが長い。だいたい天気がよければフィールドへ出たいから。

コミミズク顔バッジラフ  コピック72色

左)耳の刻みが手間やなぁ・・・外側も削ると折れ易そうだし・・・ 右)前職時代に仕事で使っていたマーカー(コピック72色セット)水性でもなく油性でもない。あえて言うならアルコール性?その名の通り油性のようにコピーのトナーを溶かさないので、ラフやラインパースに着色する際に重宝した。アナログ時代のシロモノ。いらないというのでもらった。今は何でもパソコンで描くもんなぁ。大分枯れてしまったが補充するのももったいない。捨てられないモノの代表だ。枯れてしまった色すら捨てられないのだから・・・・

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ここも春の気配が・・・・ への20件のフィードバック

  1. 一匹狼 より:

    皆凛々しい顔立ちでイケメン&べっぴんさんだらけですね🎵🐤

  2. superkamui より:

    梅とジョウビタキ、実に絵になりますね~!紅梅は華やか、白梅は清楚でとても美しいです。こちらでは梅が咲くのはあと2ヶ月も先です、待ちきれないです(^o^)ジョウビタキさん、可愛いお顔に似合わずグロテスクなお食事ですか…昆虫食の鳥はどうしてもそうなりますね(^^;)

    アオジとアトリも可愛いですね…なぜかアトリはまだ初見を果たせずにいます。餌付けは残念な感じですが、クロジまで登場して羨ましいです。

    • agehamodoki より:

      日本画の代表的モチーフが花鳥図ですから
      日本人は昔から花と鳥の組み合わせが好きなんですよ。
      春はそんなチャンスが多いです。札幌はもう少し先かな!?
      そうなんですよ、昆虫食の小鳥たちはグロいモノを食べます。
      そう言う人間もけっこう色んなモノ食べますねが。。。
      アトリがまだ未見ですか?今季まだチャンスはありますよ。
      帰る前の大きな群れと遭遇して下さい。

  3. AYU より:

    こんばんは!
    冬鳥と初春の花、
    良い取り合わせですね。
    どうも今季は梅絡みは撮れそうもありません。
    桜メジロを狙って見ようかと・・・。
    「アオジ」は意外と近くに来てくれますね。
    「クロジ」、良い色ですね~。

    • agehamodoki より:

      やっぱり「花鳥図」を獲ってみたいですよね。
      普通種がぐっとカッコ良く見えます(笑)
      確かに次は桜ですね。
      メジロはもとよりニューナイやレンジャク・・・希望は一杯あります。
      季節はじめと違って今のアオジはフレンドリーです。
      クロジは黒字。美しさにあやかって黒字を目指します(笑)

  4. slecfarm より:

    ジョウビタキさんの踊り食い!あっぱれ(^^)/

  5. とんび より:

    何故か アトリに出会えません
    クロジは諦めています

    花に鳥がとまる季節の到来ですね

    • agehamodoki より:

      アトリはまだチャンスはあると思います。
      来る時もそうですが、帰りも大きな群れになることがあります。
      ぜひそんな大きな群れを捉えて下さい。
      花と鳥の組み合わせは永遠のモチーフですね。

  6. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪
    アセビを背景にワタクシを美しく撮って下さり
    ありがとうございます~♪(笑)
    梅とジョウビタキもですが、どちらも春を感じさせる写真ですね^^
    切り株と一緒のクロジもシックでお洒落です。
    カラフルなショウシチョウ、数が増えつつあるというけど
    私は未だ見たことがないです。。。
    このバッジ用丸太がこれからコミミズクに変身するんですね?!
    世界に一つだけの鳥のバッジ、可愛いだろうなぁ~♪
    バックに付けて歩きたいです^^

    • agehamodoki より:

      はい、ご本人様からお褒めいただくと超うれしいです。
      アセビは漢字で書くと馬酔木」馬を酔わせるような毒があるのかな。
      酔って色っぽいご本人様ともお会いしたいですね(笑)
      ジョウビタキのメス、ホントに梅が似合ってました。
      クロジのシックな美しさも一流ですよ。大好きです。
      ソウシチョウの派手な美しさは意見が分かれるところです。
      バッジはラフに忠実に、いやもっと手抜きすることになうでしょう(汗)

  7. kanaconnie より:

    確かにソウシチョウは作り物のようにカラフルですね。でも、きれいです。
    今日はどれも絵ハガキにしたいような鳥さんばかりです。
    最後のメジロ、いいなぁ~♪
    プロ仕様のカラフルペンでコミミヅクバッジの完成、楽しみにしてます。見せてくださいね!!

    • agehamodoki より:

      ソウシチョウ、派手でしょう!
      それになんとなく大陸好みの色調ですよね。
      「絵葉書」はお褒めの言葉と理解しておきます。
      メジロはソウシチョウと対照的に日本人好みです。
      カラフルペン、セットの半分くらいが干からびました。
      そのうち、本人も干からびる日がやってくるのかなと・・・・

  8. koyuki より:

    こちらは家の前の空き地にうず高く積まれた
    雪の壁なんです^^;。
    しかし空の色も雲も吹く風も春の気配が嬉しいかな~
    今回は上部にmodokiさんの好きな女子の小鳥さんが並びましたね(‐^▽^‐)
    み~~んな良い顔してますね^^
    アセビとメジロもステキなショットですね!
    早く来い来いクロジさ~ん♪

    • agehamodoki より:

      そもそも同じ雪であって、こちらの雪とは違うのでしょうね。
      想像するだけでも、冷たく重く感じます。
      その雪の壁の向こうに春の気配を感じますか?
      koyukiさんが、歩かれた雪山には春の光りが踊ってました。
      はい、可愛い小鳥たちと遊んでいると幸せです(笑)
      私もなんとかクロジにあやかりたいです。

  9. kakasi24 より:

    今日は、クロジがシックで良いです。 ジョウビも調教がよいのかな?花絡みになってますね・・・こちらは、殆ど葦絡みで絵になりません~笑

  10. お花バックの鳥さんたち、一層可愛らしく感じますね(^^)
    ソウシチョウを初めて見たときは、
    こんな綺麗な鳥が繁殖しているのかと驚いたものです。
    そのうちあれよあれよという間に辺りはソウシチョウだらけになってしまいました。
    確かに鳥さんが悪いわけではなく、元々飼っていた人が悪いのでしょうが、
    今の状況を予見することは難しかったでしょう。
    本来の生息環境とは大きく違うのでしょうが、適応力がありますね。
    クロジの渋い色は魅力たっぷりですね(^^)
    私は冬に見ることは滅多にありませんが、また夏山で探してみたいと思います。

    • agehamodoki より:

      花鳥図は昔から日本人が大好きなテーマです(笑)
      梅の次は桜がらみを狙ってますが、あっと言う間に散ってしまうから。
      ソウシチョウ、ベニズズメ、東京ではガビチョウなどもよく目にしました。
      共通点はみんな逞しいところです。増えすぎると困ったものです。
      クロジ、シックで大好きです。今季は見る機会が多かったです。
      財布の中身も黒字になりますように!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中