秋の名物、千里丘陵のノゴマ

秋が深まって来ると立ち寄ってくれるノゴマ。運が良ければ地元の田んぼや河川敷で見ることができるが、勤務明けの午後に確実を狙って千里丘陵の公園へ。

ノゴマ151012_04nノゴマ151012_05n  ノゴマ151012_06nお約束通りに居た。歌舞伎役者のノゴマ君が公演中だった(笑)ノゴマの出を待っていると背中の金木犀にカラ類の混群がやって来た。黄色い花から甘い香りが漂ってくる。秋らしいシチュエーションなのに、ノゴマへ向けたカメラをメジロに向けるバーダーさんは居なかった。ちょっと寂しいのでは・・・・メジロ151012_03nシジュウカラ151012_01n上)メジロ、下)シジュウカラ

続いて秋の蝶 晴れ間が続き、昼間は暑いくらいで蝶の活動はまだまだ活発だ。ツマグロヒョウモンペア150923_02nツマグロヒョウモンのペアかな?両方メス?

アオスジアゲハ151003n  ウラギンシジミ151019n左)だいぶ羽が痛んだアオスジアゲハ、右)ウラギンシジミ♂ このまま越冬予定?

アカタテハ151015_02n  テングチョウ151019n陽だまりのアカタテハ2頭(左)とテングチョウ(右)いずれも成虫で越冬。

ルリタテハ151015_02n樹肌に溶け込んだルリタテハを探せ!ヒント;僅かに羽の表がのぞいている。ルリタテハ151015_04nしばらく待つと開翅してくれた。ホントに美しい。これも成虫で越冬かな?

秋の夕暮れは早く、どこか寂しい。早く冬鳥が一杯やって来てくれると嬉しいと思う今日この頃です。ジョウビタキに続いてアトリなんかもやって来たようだ。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

秋の名物、千里丘陵のノゴマ への22件のフィードバック

  1. slecfarm より:

    ノゴマさんの赤い襟、とーーっても素敵(^^)/

  2. wakasahs15th より:

    こんばんは(●^o^●)
    ノゴマの赤い模様は素晴らしいです(^^♪ 仰るように歌舞伎役者のようですね。
    メジロは桜でも梅でも金木犀でも絵になります。これは映画スターかな(^_-)-☆
    蝶は私の周りでは、あまり見かけなくなったけど。modokiさんの近くではまだまだ
    多いですね。成虫で越冬するのが多いんですか?(@_@)

    • agehamodoki より:

      ハッキリとした顔立ちが歌舞伎役者のようでしょう。
      春よりも秋に会えることが多いです。
      北海道辺りへ行けば夏に草の上で囀っているらしいです。
      メジロはスズメの次くらいに身近な小鳥ですが、人気者です。
      なのに、ノゴマに注目のバーダーさんから無視されていました。
      卵、幼虫、蛹そして成虫と蝶の越冬スタイルも色々です。

  3. AYU より:

    こんばんは!
    「ノゴマ」
    私も行きました。
    ここは、撮りやすいですね。
    振り返ると、金木犀に「シジュウガラ」、雰囲気のいいフィールドです。

    • agehamodoki より:

      はい、当地は撮り易いですね。
      金木犀の小鳥たちと遭遇出来て良かったです。
      しかし天気がイマイチで林の中のキビタキなどは上手く撮れませんでした。

  4. kanaconnie より:

    紅いポイントがとても素敵です。この冬のトレンド!?
    金木犀とメジロちゃんもいいですね~♪かわいい!
    蝶々、いろいろいますね。私も見かけはしますがとてもカメラには収まりません。

    • agehamodoki より:

      トレンドと来ましたね。秋の深い赤色はアクセントカラーとして最高ですよね。
      金木犀のメジロ、季節感たっぷりに撮れて良かったです。
      蝶は苦手なのではなかったっけ、チェックありがとうございます。

  5. そのちゃん より:

    暗い枯葉がノゴマの赤をいっそう引き立てていますね🎵
    金木犀とメジロは色合いがさわやかな秋らしくて素敵です。

    • agehamodoki より:

      移動途中のノゴマはどうしても暗い所がお好きなようです。
      繁殖地の北国では、夏に陽気にさえずっているらしいです。
      金木犀のメジロに季節感を感じていただければ嬉しいです。
      野鳥カレンダーを作ったら10月で採用ですね。

  6. 一匹狼 より:

    色鮮やかで皆綺麗ですね🎵

    素敵です

  7. とんび より:

    ノゴマ・・・・ね~ 
    今季は出会いがありません

    そうそう 蝶がまだまだ盛んに飛び交っていますね
    成虫で越冬するのですか
    サナギで越冬は聞いていますが・・・・・

    • agehamodoki より:

      ノゴマ、春より秋に出会うことが多いです。
      まだ今季にチャンスはありますよ。
      気温が高めだとまだまだ蝶の動きも活発です。
      卵、幼虫、蛹、そして成虫と越冬スタイルは色々です。

  8. superkamui より:

    ノゴマ雄、地上にいるとルビー色が一層鮮やかに見えますね。機材の問題もあるのでしょうが、私はここまで深いルビー色を出せたことはありません(汗)関西のバーダーさんはメジロそっちのけでノゴマ撮影に夢中でしたか…北海道だと、メジロにカメラを向ける人のほうが多いかもしれません。こちらでは、メジロのほうがレアなので(^^;)

    それにしても、そちらは暖かくて良いですね。昼間は暑いくらいですか!!こちらは寒くて震え上がっています。冬季はアオジやベニマシコ、ホオアカたちとともにそちらに飛んでいきたいですよ(苦笑)

    • agehamodoki より:

      夏の北海道の草原辺りだと草のテッペンで囀っているらしいですね。
      そんな明るいノゴマを見てみたいものです。叶うでしょうか?
      う~ん、さすがにこちらではメジロはノゴマに勝てませんね。
      でも金木犀のメジロが無視されたのは不思議でした。
      数日、寒かったですが今日の午後は「夏日」に近かったのでは。
      しかし夜は雨、また季節が進むでしょう。
      はやくベニマシコやホオアカと会いたいです。

  9. 毎年のようにノゴマの全身写真が撮れるのは羨むばかりです。
    キンモクセイの香りだけでもカメラを向けてしまいそうなものですが、
    バーダーさんたちは無視ですか?
    どこでも見られる鳥さんですが、
    花と鳥だけでなく香りまで伝わってくる写真は大ヒットだと思います。

    • agehamodoki より:

      ノゴマ、渡りの時期の春より秋の方がよく見かけますね。
      と言っても表に出てくることは少ないです。
      金木犀のメジロが無視されたのは不思議と言うかちょっと悲しかったです。
      おかげで一人ゆっくり撮れましたが・・・(笑)
      ありがとうございます。

  10. koyuki より:

    ノゴマさん少し日焼けしたような・・・気のせい?(笑)
    メジロさんとシジュウカラさん、キンモクセイの香りに誘われて?
    甘い蜜に誘われて?
    花と鳥のショット良いですね~
    こちらではもうチョウを見かけることがありません。
    蝶のコレクション羨ましいです^^。
    お天気の良い日はヒメアカタテハくらいは見れるかな?

    • agehamodoki より:

      そうですね、そちらのノゴマと言えば草原で歌ってますね。
      そんなノゴマが見たいです。
      金木犀のメジロとシジュウカラは秋の趣満点でした。
      余り上手く撮れませんでしたが。
      見かけなくなっても、成虫で越冬する種があります。
      小春日和の陽だまりには要注意。

  11. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪
    ノゴマ・・・・いいなっ☆
    コマドリもノゴマも探しに出向いたけど
    結局、カラ類と遊んでもらったでけの一人探鳥会でしたーー><。
    次の機会、来年だけど期待しておきます!

    • agehamodoki より:

      当地のノゴマとコマドリはちょっと残念ながら「養殖」ものでした。
      でも、見られると嬉しいのは悲しい「性」です(笑)
      またの機会、つまり来春ですね。
      カラ類、可愛いですよね。秋らしいシーンで撮りたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中