大阪湾の野鳥たち(師走載せ残し)

元旦を鳥かご勤務でスタートし、昨日午後初めてご近所へ鳥見。いつもの顔ぶれしか会えなかったけど、心が和み癒された。まだ画像未整理につき、情けないけど昨年12月の未掲載画像で更新です。modokiは大阪在住と言っても内陸部の高槻市在住。海が遠いので憧れがある。そんな大阪湾2か所の話。

「ミミカツブリが近いですヨ」に大和川の河口へ。「アカアシカツオドリ」の新聞ニュースに塩屋の海へ。鳥果は両日とも本命さんは散々だった。しかし冬らしくない穏やか海辺で、太陽の光りと潮風が気持ち良かった。

ミミカイツブリ151215_10n3人で出かけたのに最初はミミカツブリが見つけられなかった。そのはず、はるか遠い所に居て、良く潜るのだ。トリミングは諦めてノートリ。2羽が、どうやらミミらしい。これでは拡大してもミミかハナやら分らない(爆)

カンムリカイツブリ151215_01n  ハジロカイツブリ151215_02n左)比較的近くへやって来たカンムリカイツブリ。右)これも遠いハジロカイツブリ。

ミサゴ151215_12n当地にはミサコさんが沢山いた。これは近くて、頭上へやって来ると大迫力。

ミサゴ151215_03n  ミサゴ151215_17n左)防波堤の杭と流木にミサゴが3羽。1羽はアオサギに追われた。情けないなぁ、魚専科とは言え猛禽でしょ。右は2羽の並翔。みんな遠い。

ミサゴ151215_15n黄色いポールに止まるミサゴの向こうを青い船が行く。長閑な港内ではあった。

スズガモ151215_01nスズガモの休息。東京湾では万単位のスズガモが越冬し、時としてそれが群飛ぶ。その迫力は凄かった。それも年々減っているとか・・・当地では万に遠く及ばないが、スズガモの群れが居た。できれば群飛して欲しかったが、そうは上手くいかない。

もう1か所は駐車できるか不明なのと、駅から近いと言うのでJRで出かけた。目的はアカアシカツオドリ。現地では地元と言って良いK木さんにバッタリ。聞くと戦績は5戦2勝で、1勝ははるかかなただったとか。やっぱり確率は良くないのだ。それに眼前に広がる海を見ているとmodokiの鉄砲では心もとない。昼まで待ったがやって来なかった。午後はもう1ブロック西の公園へ。

クロサギ151231_06n赤いのはダメだったが、黒いのが出て来た。遠すぎるけどクロサギ。大昔のデジスコ時代にピントを合わせている間に飛ばれて以来である。それ以来縁がなくて、だから遠くても嬉しかった。得意のスーパーウルトラトリミングをしてみると・・・・・クロサギ151231_04n  クロサギ151231_03n左はファイティングポーズだけ、餌は獲らなかった。かろうじて目が写っていた(汗)ウミアイ♀151231_01nクロサギより近かったがやっぱり遠いウミアイサ。独特の風貌がユニーク。ウミアイ♀151231_02n  ウミアイ♀151231_05左)海藻を食べていた。右)潜って出てくるところが変と思っていたら2羽居た(笑)

なんや、みんなミクロネシアの海で撮ったの、小さすぎるDE!          ではこれはどう、近いヨ。当地はさすが磯、イソヒヨドリが多かった。イソヒヨ♂151231_05nイソヒヨ♂151231_01n釣り人が釣り上げた小魚のおこぼれ頂戴。見ていると餌箱からも失敬していた(笑)イソヒヨ♂151231_13n  イソヒヨ♂151231_10n目の前のテトラポットでくつろぐイソヒヨドリ。近過ぎる(笑)両日はホントに穏やかで、気持ちの良い海辺ではあった。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

大阪湾の野鳥たち(師走載せ残し) への18件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんばんは(●^o^●)
    modokiさんが海へ出かけられるのは珍しいですよね?イソヒヨドリは獰猛な顏してます(@_@) 餌箱からも失敬するとは!いつか痛い目に合いそうです(^_-)-☆ スズガモ!凄い数ですね。今日、琵琶湖に行ったら黒い軍団がいっぱい浮いてたけどスズガモだったかも?遠くからは黒一色で不気味なくらいでした(@_@)

    • agehamodoki より:

      京都生まれの大阪在住。海への憧れがあります。
      が、中々出かける機会が少ないです。海鳥も難しいです。
      イソヒヨドリ、色の組み合わせが綺麗で囀りも綺麗ですよ。
      今は内陸部でも見られます。
      スズガモ、群飛して欲しかったです。
      タカでも現れれば、ね。そう都合よくは行きません。
      似たように大群をつくるのに、キンクロハジロがいます。
      こっちは淡水系だから、こっちかも。

  2. slecfarm より:

    イソヒヨドリさん、衣装がおしゃれですー。かわいすぎるー(^^)/

  3. ◯◯泰男 より:

    イソヒヨドリさん、初めて見ました

  4. kanaconnie より:

    イソヒヨドリ、可愛い!実家付近でこの色合いを見つけてた時、とても嬉しかったです。
    海編は…、ネッシー祭りでしたね。でも見つけるだけ立派です!近頃目が悪くなった私には見えないかも…(*_*)

    • agehamodoki より:

      名前の通り海岸、特に磯に多いです。
      色の組み合わせが綺麗で、囀りも綺麗です。
      「ネッシー祭り」に喜んで良いのか悲しんでよいのか?(笑)
      視力低下はお互いさまですよ。困ったもんです。

  5. 暇人 より:

    !(^^)!
    そちらは 鳥さんの種類が 豊富ですね!(^^)!。暇人も 若かりし頃は??、車で遠出をして 撮り歩いたもんですが、馬齢を重ね、視力も弱ってきましたので、免許証を返上しましたので、今は、西岡公園へは 徒歩とかバスを利用していますので、探鳥の回数が減ってしまいました。まあー、ボケないためにも 一生懸命に歩いていますが、公園手前の上り坂では 苦労していますです!(^^)! ことしも ヨロシク ご指導のほどをお願いいたします。

    • agehamodoki より:

      若かりし頃は無理でも、それなりに前向きに鳥を追っかけましょう。
      加齢で免許書返上は惜しいけど正解でしょうね。
      電車バスと自分の足で頑張りましょう。
      そう、まだまだボケるワケには行きません。
      鳥の名前を思い出すようにしていれば、ボケ防止にもなるのでは!?(笑)
      こちらこそ、よろしくお願い致します。

  6. AYU より:

    こんばんは!
    「ミミカイツブリ」
    私が行きました時は、比較的近くに・・・。
    それでも、眼の良い鳥友に教えていただくばかりで・・・(笑)
    最近は、空振りか、遠い情報が多いですね。

    「アカアシカツオドリ」
    行かれたのですね~。
    私もお誘いを受けましたが、私の眼では到底見つけられないと、断念。
    「クロサギ」が未見でしたので、連れて行っていただいた方が良かったかもです(笑)
    「イソヒヨドリ」も撮れたようですし・・・。

    • agehamodoki より:

      ミミカイツブリ、遠いどころか超遠かったです。
      まっ、空振りではなかったワケですが(微笑)
      アカアシカイツブリは遠くにも現れませんでした。
      代打のクロサギは嬉しかったです。
      イソヒヨは近くまでやってくるフレンドリーさが嬉しかったです。

  7. とんび より:

    海までは・・・20キロ無いのですが・・・
    良い干潟などが無く 出かける勇気も有りません
    見知らぬ鳥ばっかりで 羨ましいですね

    • agehamodoki より:

      海まで20キロですか?当方と似たようなものですね。
      今回の場合は干潟ではなくコンクリート護岸の港や海釣り公園でした。
      たまには趣向を変えてチャレンジされてはいかがですか?

  8. superkamui より:

    ミサゴが3羽ですか、豪華ですね!!一羽でもいいからお目にかかりたいものです!スズガモ賑やかで良いですね。フレンドリーなイソヒヨドリにも会ってみたいです。えんじ色と渋い青の取り合わせがなんともお洒落ですね。もはやこれは芸術の域に達していますね!今年は彼の美しいさえずりを聞くことが夢です。

    それにしても、そちらは暖かそうで良いですね。こちらは平年並みの寒さです(+_+)

    • agehamodoki より:

      ミサゴ、ふだんは「貴重品」なんですが、当地には多かったですね。
      スズガモの団体さんには、飛んで欲しかったです。
      ミサゴがオオタカあたりに変わると大騒ぎで飛ぶでしょうね!
      イソヒヨもさすが海辺では個体数が多かったです。
      色の組み合わせと囀りが美しいです。
      美声をぜひ聞いてやって下さい。
      鳥見の両日はホントに穏やかでしたが、
      今朝あたりから冬モードになりました。

  9. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^
    可愛らしいお猿3が、我が家に届きました~♪
    表情もですが、筆タッチ?がソフトで
    癒される3匹でしたよぉ~~(●^o^●)
    器用でセンスが光ってて、私には全く無い部分なので
    とにかく感動だし、羨ましくもあります。
    本当にありがとうございました^^

    海系の鳥たち、山住みの私も憧れますね^^
    スズガモはキンクロハジロそっくりですね!
    〇島城に毎年群れてるキンクロですが
    もしかしたら、スズガモも混じってるかもしれませんね!
    クロサギは見た事がないですが、滅多にお目にかかれない種なのでしょうね。
    ウミアイサのボサボサヘアーがカッコイイです!
    イソヒヨも海辺に行けば結構目にする鳥なのでしょうが
    雄の色合いは綺麗ですよね^^

    • agehamodoki より:

      年賀状少々遅くなりましたが、お送りさせていたたきました。
      お世辞でも褒めていただくと嬉しいです。
      来年は「トリ」だから気を使いますね(笑)
      そうですね、内陸部育ちの者にとって海は憧れです。
      キンクロとスズガモ、スズガモにはあの羽飾りがありませんネ。
      クロサギは決して珍鳥じゃないけど、
      海へ出かけないと見られないのと、
      ちょっとシャイなヤツだから会う機会は少ないです。
      アイサの仲間はみんなユニークですね。
      イソヒヨは段々内陸部へ進出しましたが、やっぱり磯には多かったです。
      青とブルーのコントラストが美しいです。
      穏やかな日にまた海へ行ってみたいですね。ちえたんもどうぞ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中