赤い鳥が見たかったが・・・・

今日は海の日。関西の梅雨が前触れなく明けた。今回の更新ネタはまだ梅雨前線が停滞していて「大雨予報」も出ていた少し前の鳥見。なんせ今季は入院生活などもあってドキドキするような鳥との出会いが無かった。で、赤い鳥で有名な鳥取へ鳥友さん誘って出かけたのだけど、途中は予報通りの前が見えないような豪雨にビックリ。高速道路の左側車線を80キロで走るなんてまず無いよ(笑)しかし現地滞在中は小雨程度で、傘を出すことは無かった。ラッキー。

期待の赤い鳥アカショウビンは事前情報通り巣を放棄したようでさっぱり見ることができなかった。せめて声でも聞けたらと思ったが、それも叶わなかった。代わりに相手をしてくれたのはコノハズク。確認できた3羽はすべて赤色型で、赤い鳥と言えば赤いかな・・・・

最初に見つけた個体。雨予報の平日とあって森の中は独占状態。空いているのは有難いが自力で探さねばならない。これは同行さんが見つけるのに10秒もかからなかった。凄い!

コノハズクA160713_01n

一番愛想が良かった個体。アニメのキャラクターのようだ。

コノハズクB160713_29n

下を公園の管理人さんが通ると体を細める「擬態」を披露してくれた。目を瞑っているようで薄眼を明けて闖入者を観察している。

コノハズクB160713_06n

低いモミジ?に居た個体。低いけど遠かった。

コノハズクC160713_06n

コノハズクはふだん目にする事の無い鳥。こうして3羽も見られるのはホントは凄いことだと思う。行って良かった良かったの往復400キロのドライブであった。

オマケ画像「アイランドの落し物」

羽160711HGn アイランドと言ってもリゾートアイランドではなく勤務先である高速道路料金所のコンクリートアイランド。レーンとレーンの間の1段高いところで収受員のいるブースやETC関連のセンサーなどが林立している所。そこで鳥(画像参照)の羽を拾った。ホントは札でも飛んで来るともっと嬉しいのだが、羽でもそれなりに嬉しい。同僚さんが笑っていた。模様から猛禽類の期待がかかるが、現在落とし主を調査中。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

赤い鳥が見たかったが・・・・ への16件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    おはようございます(^^♪
    400kmものドライブでコノハズクと対面(@_@)コノハズクは聞くのも見るのも初めての鳥?です。素人からすると一瞬セミではないかと(^^)/妙な鳥がいるんですね~~~。400kmもかけて来てくれたmodokiさんに敬意を表して3羽も顔見せしてくれたのでしょうね?熱意が通じたようです。アカショウビンには通じなかったのかな?
    鳥の羽の落としもの!実家の母が猛禽類だと鳥被害を受ける野菜や果物の近くに置いています。カラスやムクドリが近寄って来ないと信じています(^_-)-☆

    • agehamodoki より:

      往復400キロくらいが日帰りの限界ですね。
      途中の雨がちょっと怖かったです。
      まっ、おかげさまで久しぶりにコノハズクが見ることができました。
      アカショウビンは今年はサッパリ縁がありません。
      1枚の羽から落とし主を探すのは楽しいですよ。

  2. AYU より:

    おはようございます。
    「コノハズク」
    三羽いたのですね~。
    私が、行きました時は「アカショウビン」は幸いいましたが、
    「コノハズク」は、最後の画像の場所にいただけで・・・。
    と言いますより、なかなか現れない「アカショウビン」にほぼ専念していましたので、
    探す余裕がありませんでした。
    今季の「アカショウビン」は、なぜか?難しくなったようですね。

    • agehamodoki より:

      はいコノハズクは3羽居ました。
      残念ながらアカショウビンは声も聞けませんでした。
      巣を放棄したと聞きますが、原因は何なんでしょう?
      今年は、いや今年も縁がありません。

  3. superkamui より:

    遠征できるほど復活して何よりです。しかも、遠征した甲斐があったようで!アカショウビン営巣放棄ですか…それは残念極まりないです。殺到したバーダーが原因でしょうか?コノハズクは私とっては幻の鳥です。愛嬌と神々しさを兼ね備えた鳥ですね。まん丸の大きな瞳と羽角がチャームポイントですね。目力抜群です!低いモミジ?に居た個体は特に可愛いです(^o^)

    • agehamodoki より:

      アカショウビンの巣の放棄は残念です。
      「雛が死んだ」説が有力ですが、不明です。
      コノハズクは日本へ飛来するフクロウの仲間では最小サイズ。
      見つけるのが大変ですが、可愛いです。
      大きな目は夜行性だからでしょうか。チャームポイントですね。

  4. とんび より:

    コノハズク 小さいのでしょう
    それにしても400キロですか
    私は40キロでも遠いのですが・・・それでは駄目じゃ

  5. koyuki より:

    鳥見はmodokiさんのパワースポットですね(^▽^)
    なかなか出会いのないコノハズクをゲッチューおめでとうございます!
    しかし400kの距離は遠いですね。
    落し物をした方はどなたでしょう?
    コレクションが一つ増えましたね(^_-)-☆

    • agehamodoki より:

      コノハズク、久しぶりで嬉しかったです。
      400キロ、渡り鳥が渡る距離と比べると短い短い!(笑)
      羽の落とし主はただ今調査中です。
      最近コレクションが増えません。
      北の大地に落ちてませんか?

  6. slecfarm より:

    コノハズクさん、擬態?何もしなくても痩せられるなんて、うらやましい限り(^^♪

  7. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^
    あぁ~~先日久々にお会いした鳥の先輩様方が
    そちらへ出かけると言われてましたーーーー。
    〇島からよりそちらからの方が近いでしょうね^^;
    滅多に逢えない種らしいので、長距離遠征も価値がありますね^^
    コノハズク、お耳が立ってるんですね^^
    アオバズクより、キリリとした眼差しがイケテますね~♪
    猛禽類の羽の持ち主も気になりますね!
    「ホントは札でも飛んで来るともっと嬉しいのだが」
    (-^〇^-) あははは、皆そう思います!

    • agehamodoki より:

      お返事が遅くなりました
      当地は鳥取の東部、距離的にこちらからの方が近いのかな・
      おっしゃるようにコノハズクは中々見られる鳥ではありませんが
      こちらでは巣箱に営巣しています。
      夜は照明で照らされるらしいです(苦笑)
      時間があればぜひお訪ね下さい。

  8. kanaconnie より:

    ミミ(のような羽)がピンとしてかっこいいです。
    きゅーっと細くなるんですねわたしは夫が帰宅しても全く締まりません(^^;;
    ロングドライブ、楽しめるほどになってよかったですね。
    人間のアカショウビンさんにはあえたのかな。

    • agehamodoki より:

      鳥でもないのに「バタバタ」して返事が少し遅くなりました
      コノハズクは日本へ飛来するフクロウの仲間では最小(20センチ弱)です。
      出かけてヒンシュクをかったフクロウカフェに居そうです。
      slecfarmさんと同じで擬態の練習が必要かも(笑)
      アカショウビンさんの地元に近そうですが、
      ご本人はもちろんご親戚の声も聞けませんでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中