8年ぶりの戸隠[後篇]森の小さな忍者キバシリの悲劇他

戸隠は花もたくさん見ることができる。少し遅いがミズバショウ。そのミズバショウのおしべ?を食べに小熊が出没。連日地元TVニュースで放映されていたが、幸か不幸か遭遇しなかった。W

戸隠後篇トップの鳥はキバシリ。地元でも見ることが出来るが、数が少ない上に小さくてすばしっこく、撮影難易度「高」。ここならなんとかなるかと、「観察強化種」に挙げていた。上手い具合に営巣木が見つかったが、最後に悲劇が待っていた。

木の皮と一体となったキバシリの葉隠れならぬ木の皮隠れの術。速い、その名の通り「木走」

これがキバシリの営巣木。観察用ウッドデッキから20メートルくらいだろうか?餌を運ぶ親。

それが最終日に訪ねた時、2羽の親が狂ったような激しい動きを見せて飛び去った。その時は混雑を避けて別の方角から眺めていたのだが、後で聞くと「巣が蛇に襲われた」とのこと。なんと言う悲劇。でも冷静に考えると蛇も必死で生きている。命が命を繋ぐ厳しい自然の摂理。でも割り切れない思いが強い。ショック。たまたま露出確認のために撮った画像。いつもは直ぐ削除するのだが何故か残っていた。それに蛇が写っているような・・・赤丸の中に注目、蛇に見えなくもない。

  

ちなみにその後、親が餌を運ぶことはなかったらしい。

遊歩道の木製階段にエゾハルゼミが止まっていた。羽化まもない個体だと思ったが、改めて画像を見ると奥の方に抜け殻が写っている(微笑)

アカゲラも地元で見る機会はあるが、当地は遭遇する機会が圧倒的に多い。花ではなく花に付く虫を食べているようだ。

左)横枝のアカゲラ。この直後交尾シーンが見られたのだが撮り逃がした。 右)直後のペアで並んだシーンもすべてピンボケ。超証拠写真、なんでぇ!

  

左)この木ではリラックスして羽繕い。 右)こちらはオオアカゲラ。画像を回転させたワケではない。倒木の下の暗がり。胸の縦斑でなんとか分かるかなぁ。

  

アカハラが樹上にやって来た。

4日滞在して昼飯はずっと蕎麦だった。4軒をはしご「たんぼ」「よつかど」「戸隠堂」「仁王門」(笑) 画像は仁王門の大ざる。みんな似たようなものだけどここのが一番モドキには美味かった。

カラ類にもカメラを向けた。コガラかヒガラと思っていたがみんなヒガラだったかな!?

ゴジュウカラはハイカーがよく通る林道上で営巣中、1枚目。2枚目は無理やり図鑑風。

最後は戸隠名物ミソサザイの囀り。小さいのに元気に囀っている。

  

最後のオマケ画像は戸隠のコシアブラ。天ぷらにして食べたかったが、国立公園内なので(涙)

引率のカケスさん始め参加のみなさんお疲れ様でした。ありがとうございました。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

8年ぶりの戸隠[後篇]森の小さな忍者キバシリの悲劇他 への14件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    こんばんは(^^♪
    長い信州滞在だったんですね。キバシリは(木走り?)ですか。初めて聞く名前です。ここは海外かと思ってしまいます。目の前での悲劇とは残酷です( ^)o(^ ) 私は〇の箇所は見ないようにしました。アカゲラやオオアカゲラ、アカハラなども遊んでくれたんですね。そして信州蕎麦の梯子!美味しそうですね。当然ワサビもピリリと本場物でしょうね(^_-)-☆

    • agehamodoki より:

      当地はバーダーさんの聖地のひとつでもあります。
      次は無いかもしれないので、3泊4日を奮発しました(汗)
      でも山へ出かけて、すべて快晴は珍しいと思います。
      ラッキー過ぎて、結果2泊でも良かったような(苦笑)
      キバシリは裏山でも見られるらしいのですが、なんせ忍者、見たことありません。
      今回ゆっくり見られて嬉しい小鳥のひとつでした。
      蛇の件は気の毒としか言いようがありません。
      蕎麦は美味かったですよ。1年分食べました。

  2. 洋子 より:

    鳥ざんまいに
    蕎麦ざんまい、だったようですね。
    戸隠を満喫されたことでしょうね。

  3. とんび より:

    先年 アオゲラの雛が巣から顔を出したのを撮ったのですが・・・
    翌日に アオダイショウに襲われて・・・もうちょっとで巣立ちだったのに!
    これも自然の掟でしょうかね
    アカゲラはこちらには居ないようです
    オオアカゲラは居るそうですが 見た事も有りません

    後は蕎麦三昧 良いなあ~

    • agehamodoki より:

      こちらでもアオゲラ営巣地がご近所にあるようですが、
      残念ながら情報不足で行ってません。
      で、とんびさんの時も蛇でしたか?!
      自然の掟とは言え残念ですよねぇ・・・・よりによって

  4. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪
    信州蕎麦に夏の高山の小鳥たち
    凄く充実した遠征だったようですね^^
    羨ましいなぁ・・・ボソッ。
    ミソッチ、逢えそうで逢えない子なんですよね・・私にとっては!
    冬場には、地元のモリバヤシでも見た人多数だし
    夏に県北に行けば、ある場所で必ず囀ってるよ~~って聞くのですが
    どうやらご縁が薄いようでして、逢った事ないのですよ><
    いつか逢いたい子です^^

    • agehamodoki より:

      はい、お陰さまで天候にめぐまれて充実した「戸隠旅行」でした。
      ホントに久しぶりの遠出ですから・・・こんなことも無いと生活に張りが出ません。
      今回の場合珍鳥との出会いあはありません。
      だけどミソッチは愛想良かったですよ・
      縁の薄い鳥はだれにでもありますね。
      次回こそ期待!

  5. かけやん より:

    お疲れ様でした。
    カメラのせいにはしたくはないのだけれど、露出が難しいですね。
    天気が良すぎたのかな?
    壊れた雲台の3/8インチネジはネジ立てビットを入手してネジ山を切り直して復活しました。
    雲台は新調せずに済みました。

    • agehamodoki より:

      おつかれさまでした。
      >天気が良すぎたのかな?
      山へ出かけて贅沢ですが、良過ぎましたね。特に写真的には。
      私の場合はとてもカメラのせいにできません。
      雲台の修理、ご自分でネジを切り直すところがカケスさんですね。
      長~く使用してやって下さい。
      改めてありがとうございました。

  6. kakasi24 より:

    数日後に近い所に様子見してきますよ

  7. slecfarm より:

    なんと!キバシリさんに悲劇!ですが、自然は厳しいのですねー。
    あーコシアブラ、やはり天ぷらがうまいですよねー。でも、国立公園かぁ(^_-)-☆

    • agehamodoki より:

      自然は厳しいです。最近また別の厳しさを見ました。
      コシアブラ、やっぱり天ぷらですぅよね。
      宿泊施設の晩飯がイマイチだったので、
      持ち帰って天ぷらをお願いしたかったです(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中