悲しい思い出になったシロエリオオハム。

地元淀川で人気者になっていたシロエリオオハムが先日落鳥してしまった。群を離れて単独の長期滞在は良くないとは思っていたが・・・そう言えば飛んだ姿を見たと言う話は聞いたことがなかった。それでもよく潜り盛んに餌を捕っていたから大丈夫だと思っていた。それが落鳥前日は全く潜らなくなっていたとか・・・・。最後は中州に上がり倒れて再び起き上がることはなかったらしい。厳しいなぁ、厳し過ぎる。悲しいなぁ、悲し過ぎる。

もっと撮りたかったシロエリオオハム。5月下旬撮影分より

その日は手(足)を振って迎えてくれた。

中州に上がって・・・実はこれ、トイレだとか。綺麗好き(笑)

元気にバタバタして見せてくれた。

でもなかなか赤い目の色が上手く出なかった。でも気になった「釣り糸」は見られなくなっていた。それが良かったのか悪かったのか?

  

思い切って露出補正の1枚。赤いめに光が入ったのはこの1枚だけ。涙が光っていたのかな?!

オマケ画像は「自然は厳しい」をもう1枚。春の花天へ出かけた時に見たアオゲラの残骸。猛禽類に襲われ残されたのは頭骨とキツツキの証しである長い嘴。そして羽毛。ちょっとした油断が死を招く自然の厳しさ。人の場合は道路上などで、油断は良くないね!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

悲しい思い出になったシロエリオオハム。 への10件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    今回は悲しいニュース2点なんですね。人気物だった淀川のシロエリオオハムはどうなったのでしょう?もし人間のせいだったら残酷なことです。modokiさんの撮った素敵な写真が追悼になっています(^_-)-☆

    • agehamodoki より:

      自然は厳しいです。そこに人の影響がなければ救われるのですが・・・
      今回のシロエリオオハムはどうなんでしょう?
      人は自然以外に気をつけなければならないことが多すぎます。
      最近は年寄りの交通事故が多過ぎます!

  2. とんび より:

    最近 悲劇が続いてますね
    鳥さん達にも色々な試練が有るようですね
    可哀想です・・・!

  3. slecfarm より:

    ああ、なんて悲しいんでしょう。自然の摂理。仕方ないと思いますが、目の前に突き付けられると辛いですねー。

  4. 洋子 より:

    身体のどこかが悪くて残ったのでしょうかね?
    一羽だけ取り残されたストレスもありそうな・・・
    合掌。

    • agehamodoki より:

      はぐれたくてはぐれるワケありませんよね、人なら別ですが。
      何が原因だったのでしょう、人がからんだ原因でなければ良いのですが・・・

  5. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪
    グスン。。。
    記事を読んでるだけでも涙が出てしまいます><。
    鳥の世界、いや自然界が厳しいというのは解ってはいますが
    やはり、あの屈託のないつぶらな瞳の鳥たちが
    いつまでも元気でいて欲しいって思いますもんね。
    群れから逸れてる鳥を見ると、何か原因があるのか!!?
    とか、いろいろ心配は尽きませんね!

    • agehamodoki より:

      ホントに残念な出来事でした。
      珍しい姿を見ることが出来て嬉しい反面
      こうした結末もどこかで予想していただけに・・・・
      やっぱり群から離れると難しいのかな・・・・
      最近は楽しみにしていたサンコウチョウの巣がカラスに遣られたとか!?
      ホントに悲しい出来事も続いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中