エキゾチック・サンコウチョウ

野鳥趣味約20年、たくさんの驚きや感動を積み重ねてここまで来たけど、サンコウチョウとの初めての出会いの印象は強かった。「えっ、こんなエキゾチックな野鳥が日本の近場に居るの!」渡り鳥、それも夏鳥。つまり日本を故郷にしている野鳥。長~く優雅な尾羽、なんとも神秘的な深く青いアイリング。やっぱり夏に1度は見ておきたいけど今年は渡りの時期にの大阪城公園で見損ねた。サンコウチョウ情報が伝わると100人規模のバーダーさんが殺到すると言うから・・・・で、営巣情報をいただき出かけたのが今月(6月)上旬。巣の情報をアップすると顰蹙なので、巣立ちを待っていた。ところがカラスに襲われてダメになってしまったとか・・・厳しい!悲しい。

出かけた時はまだ抱卵中だった。ママからパパへ交代。顔にかかった蜘蛛の巣にピントが(涙)

やっぱり長い尾羽が邪魔でしょ!と言うワケなのか抱卵時間はメスが圧倒的に長いらしい。

メスはオスよりシック。自然界では多数派。

当日は長居せずに即撤退。ヒナを楽しみにしていたのに叶わなかった。

厳しい子育ての現実をご近所の散歩から。かなり大きくなったカルガの子供が3羽。最初見た時は7羽だった。それでも通常より少ないなぁ・・・なんて思っていたら、散歩にカメラ持参した時には3羽になっていた次第。

猛禽類はもとよりカラス、アオサギ、トビと言った大型鳥類。イタチなど四足動物。天敵が一杯。

おまけ画像は抱卵中のサンコウチョウを撮っていた時、側の木の幹に這っていたあおむし君。蝶ではないと思うが・・・下手な検索では出てこなかった。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

エキゾチック・サンコウチョウ への18件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    長~~い尾羽に青いアイリングのサンコウチョウは素敵で人気があるのは良く分ります。抱卵中だったのにカラスに襲われましたか(^^)/厳しい自然の原理とは言え憎っくきカラスめですね( ^)o(^ )カルガモも7羽から3羽ですか。これも厳しい現実ですね。あおむし君は蚕と良く似てます(^_-)-☆

    • agehamodoki より:

      サンコウチョウを初めて見た時は本当に感動しました。
      今回の巣はお隣の県まで出かけたのですが、
      その後残念な結果だったそうです。
      ご近所のカルガモと言い、中々厳しいです。
      理屈としては解っているのですが・・・・
      この芋虫はウスタビガの幼虫だとカケスさんが教えて下さいました。

  2. slecfarm より:

    うわあ!本当!日本の景色じゃないみたい(+o+)なんて長い尾でしょう!(^^)!

  3. そのちゃん より:

    サンコウチョウっていうんですね!
    ほんとうにエキゾチックで珍しい姿をしています。
    カラスは営巣の天敵。
    その点、つばめは上手に民家の軒下とか利用してよく考えていますね。

    • agehamodoki より:

      このサンコウチョウの巣はそのちゃんが
      ハイキングで歩かれたことがあるだろう鵯越が近いです。
      「ホイホイ」と言う独特の囀り、一度聞いて下さい。
      ツバメは上手く人と共存していますね。
      最近は糞を嫌って巣を落とされるところもあるようです。
      家のガレージに来ないかなぁ・・・

  4. 中山司 より:

    サンコウチョウ、良いですね!
    伊勢も来ておりましたが、本年は巣が奥の高い所でした。
    撮影せずに、声を聞いて双眼鏡で観察のシーズンとなりました。
    一番良い時が、北海道ツアーや出張と重なって残念シーズンになってしまいました(笑)
    明日から東京出張なので、また仕事の合間にバードウォッチングしてきますネ。

    • agehamodoki より:

      こちら一番の地元は台風被害で荒れてしまいました。
      今回はお隣の県まで出かけました。
      お陰さまで見られたのはよかったのですが、
      巣はカラスにやられてしまったようです。
      毎日充実していますね。どこかご一緒したいまですね。

  5. 洋子 より:

    サンコウチョウ、ちょっとオモチャみたいで
    愛嬌のある顔をしていますね。

    • agehamodoki より:

      そうですね、個性ある顔と姿は「つくりもの」っぽくもありますね。
      日本よりも南方のジャングル辺りが似あうように思います。

  6. とんび より:

    今年はサンコウチョウがよく営巣する場所へ 昨年の土砂災害で道路が崩壊
    時折 啼き声は聴きますが・・・撮れません
    カラスの野郎目 だからカラスは大嫌いで~す!!

    • agehamodoki より:

      そうなんです。
      自宅から一番近い営巣場所は台風被害で荒れてしまって・・・
      この巣はお隣の県になります。
      カラスって嫌われますよねぇ・・・

  7. かけやん より:

    modokiさん、
    ウスタビガ幼虫で検索してみてください。
    背中の黒点はハチの寄生痕かも。

    • agehamodoki より:

      いつもお世話になっています。
      「蛾・幼虫・緑色・芋虫・・・・」などで検索したのですが
      これだとキメ切れませんでした(汗)
      そうなんです背中の黒い斑点が難解でした。
      ・あれだけの数、寄生虫でしたか・・・
      うちの「柑橘系葉っぱ」にアゲハの幼虫が付きました(^O^)/

      • かけやん より:

        我が家にも柚子が3本ありますが、孵化してちょっと大きくなったら、目ざとくアシナガバチがやってきて食べてしまいます。だから一向に大きくなりません。
        どこかに巣があるのかな?

        • agehamodoki より:

          うちのアゲハの幼虫も終齢へ脱皮したとたん行方不明。
          悲しいです。新たに発見した初齢幼虫に期待したいけど・・・
          そうそううちにもツマグロヒョウモンのメスが飛来しました。

  8. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪ こんばんは^^
    サンコウチョウ雄^^
    鳴き声も美しいし、青いアイリングに長い尾羽も魅力的~~♪
    メスは地味だけど、愛らしいですね^^
    いいなっ★ 私も見たい逢いたい撮りたいです~~~。
    数年前まで、あのモリバヤシではあちこちで営巣&雛誕生を
    見る事ができましたが、ここ数年は厳しいです・・・。
    噂が広まって、ギャラリーが増えすぎ
    きっとサンコウチョウも警戒しているんでしょう。
    人が通らないような場所へと営巣してるようです。(ハァ。)
    カルガモのお子ちゃま、可愛いです💛

    • agehamodoki より:

      サンコウチョウ、何度見ても姿カタチがエキゾチックですね。
      ご近所の営巣地はこちらも台風被害で荒れてしまいました。
      その分、今まで以上に人気が集中して・・・・
      人が集まると好奇心旺盛なカラスも寄ってくるらしいです。
      悪循環になりませんように!
      カルガモも生まれた雛が全部大きくなったら
      それはそれで大変だったりして。
      でも雛はホントに可愛いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中