ムギマキに会いたくてまた城址公園へ

この秋はもう行くことはないだろうと思っていた大阪城公園に「ムギマキが出てますヨ」と。ちょうどムギマキを見たくて神戸へ行こうかと思案中だった。菊水山は歩かねばならないし見難い。森林公園は狭いポイントに人が溢れる。その時はご近所からまだ到着の報せが入っていなかったのでホイホイと出かけた。しかしさすがに人気者、ポイント周辺は凄い人出。昼前到着では好位置は確保できなっかた。

ムギマキは秋の最後の方に渡って行く小鳥。名前の由来は「麦撒きの季節」から来ているらしい。春はオオルリやキビタキが似あうけど秋はこのムギマキがよく似あうように思う。麦撒き⇒種撒く人、晩秋⇒晩鐘、落ち穂拾い。バルビゾン派の巨匠ミレーの絵画を連想させると言うと勝手な「妄想」かな(大汗)

なんとか♂成鳥を

お城の石垣の上部の水たまりが水場になっている

これは♀と聞いたが♂若では?目の上にかすかだけど白斑らしきものが・・・

水場にも降りて来た。胸の淡いオレンジ色が優しいセーターのよう。

もう1羽やって来たと思ったらキビタキの♀(右)だった。その後バトル発生で両方とも飛び去ってしまった。しまった。

左)キビタキ♀と同じポイントで撮った右)ジョウビタキ♀ 

ジョウビタキは今季すでに見かけていたが初撮り。いよいよ冬鳥の登場だ。

メジロもやって来た。

この日はノゴマとも出会えた。今季ノゴマ情報が多い。小鳥と言うには大柄で、胸の赤い印が存在感たっぷり。いつものシチュエーションだけど(苦笑)

羽伸ばしのサービス。右は別の場所の別個体。胸の赤班が小さい。 

おまけ画像、夕方の散歩で出会ったわんこ。持てる力を内に秘めているな。とお聞きしたら、現在1歳で訓練が終わるとやがて盲導犬として活躍するんだと。目の不自由な方のホントに大切な相棒として生きて行くワケだけど犬にとってはどうなんやろ。世の役に立たないmodokiなんかよりずっと立派やろって、はいはい。夕方だったので、スマホで上手く撮れなかったのが残念。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ムギマキに会いたくてまた城址公園へ への12件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    野鳥情報がmodokiさんにいっぱい集まってくるので愛鳥家として動かざるを得ないですね。ムギマキは会った事がないですが麦を撒く頃にやってくるのが名の由来ですか(@_@)オレンジ色のセーターを着こんで可愛いですね。赤斑のノゴマにも会えて最良の日でしたね。世間の役に立つ!そう言われると私もシュンとなります(^_-)-☆

    • agehamodoki より:

      私に集まる情報なんてわずかなものですよ。
      貧しくて「仕事」していますから、行動も遅いです。
      麦撒きからムギマキ、季節の情緒もあり好きな小鳥のひとつです。
      ノゴマは迫力があります。これも秋の方が出会いが多いかな。
      世の中の役に立っているかと言えば・・・・情けないです。

  2. slecfarm より:

    ムギマキという名前から、私めもミレーを思い浮かべました。でも緑色のツタの上を歩く姿は、めちゃ優雅ですねー(^^)/

    • agehamodoki より:

      そうですかslecfarmさんもムギマキからミレーを思い浮かべられましたか。
      ホントはもっと「晩秋」の季節感たっぷりの背景で撮りたかったです。
      でも出会えて嬉しかったです。

  3. 洋子 より:

    ムギマキ、お洒落なカラーリングですね。
    首をひょっと伸ばしている仕草がなんとも
    可愛いです。
    ノゴマは紅い部分が鮮やかですね!

    • agehamodoki より:

      ムギマキはオスもメスも「オレンジ色」がお洒落ですが
      濃淡の違いでイメージも変わります。
      でも両方大好きです。出会えて嬉しかったです。
      ノゴマは赤い紋章が目立って迫力があります。

  4. とんび より:

    ムギマキ ですか
    数年前に 1度だけ撮りました
    画 後は出会っていませ~~~ん
    ノゴマも出て良い場所ですね~
    只 人が多そうですね!

    • agehamodoki より:

      ムギマキも今年は例年より多く見られているように思います。
      ノゴマ同様チャンスはまだまだありますよ。
      ただ河川敷より木の実の多い山でしょうね。

  5. よっちゃん より:

    麦播きという名前を初めて知りました。可愛らしい名前ですね。色が夕焼けのオレンジ色のようです。このまま小型飛行機のデザインにしたらカッコイイかも。本当に小鳥って可愛いですね。セキセイインコを飼ってましたので小鳥は大好きです。野鳥情報ってどこで集めるんですか。

    • agehamodoki より:

      ありがとうございます。
      ご指摘の通りムギマキの名前は麦撒きからきています。
      最近こちらでは昔のように稲刈りの後麦を育てることはなくなりました。
      でも深まった季節を感じさせてくれて良いネーミングだと思います。
      見た目の配色も秋にピッタリです。
      小鳥でもなんでも動物は飼いたいけどいろいろ大変ですよね。
      高等動物を飼うと、別れが辛い!
      野鳥情報はいろいろありますが全国的な「集めサイト」で
      野鳥情報全国版なら北海道情報も入ってますよ。

  6. ❤ちえたん より:

    agehamodokiさん♪
    きっちり、旅の途中の子に逢えてて羨ましいです。
    水場の小鳥たち、絵になりますね^^
    ジョウビタキも雄雌ともに確認できました。
    最近やっとテリトリーが決まってきて
    家の近くの子は、銀ズラな雄くんでした(笑)
    例年なら前の川に沢山渡ってくるカモたち(ヒドリガモがメイン)
    今年はまだまだ河川工事が終わらなくてほとんど見ないです。
    早く工事終わってよ~~~><。
    と同じ公共工事をしてる会社社員らしからぬ思いにふけっております(ぷっ。)

    • agehamodoki より:

      今年も冬鳥が続々と到着しています。
      小鳥ではジョウビタキが一番身近ですね。
      ヒッヒッ、カタカタと言うあの鳴き声が聞こえます。
      初めて見た時の感動が懐かしいです。
      自然災害が多い昨今、
      河川工事は必要なこととは承知していても
      野鳥たちには辛いですね。これも我慢かな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中