真夏の華レンカク

レンカクは以前より見る機会が増えたように感じるけど、やっぱり珍鳥だ。それに人気がある。去年は神戸西部の大きな池へやって来た。今年は大阪堺のやっぱり大きな池。長雨に入る前だったからホントに暑かった。昼前に到着、50メートル以上ありそうな所に居たけど連写。段々近くなった。それでもけっこう距離はあった。夏羽が綺麗。長い尾羽が優雅。レンカクと言えばハスの葉っぱの上を歩く姿が一番絵になると言う。ここの池に残念ながらハスはなし。緑の小さな葉っぱは何かな?主人公レンカクが花、いや華が似合う。

バーダーさんが多くても周辺の方に迷惑のかかり難い広い場所が幸いしたが、暑かった。暑過ぎた。バーダーさんの熱気でさらに暑く、それにしてもすごい人気者や!

飛びものにピントが合わず、これは着水直後。
後姿がホントに優雅。襟足は金色。しかし野鳥に襟足ってあるの?

大きく見えるけど意外と小さい。カイツブリ、バンとのツーショット

カイツブリも夏羽
向こうがバン

目に光が入った1枚。映り込みも綺麗かな?

一番近づいてくれた時の1枚。餌を咥えている?

暑くて蒸発しそうだったので短時間にたくさんシャッターを切った。前半の遠いヤツはみんなゴミ箱行き。画像が多くなったので下手な飛びものは次回へ。

オマケ画像はヤマセミで出かけた時の長い長い待ち時間に撮ったシジミチョウ普通種2種

ハルジオンの花にベニシジミ
ルリシジミかと思ったが小さな突起があるのでツバメシジミ?

さらにオマケは散歩時、雨の止み間のエノコログサ。もっと光が欲しかった。スマホ撮影

先日久しぶりに広い面積の青空を見ました。でも今日はまた重たい雲。一時雨。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

真夏の華レンカク への14件のフィードバック

  1. kakasi24 より:

    相変わらず羨ましい個体が撮り放題ですね~涎タラタラです。

    • agehamodoki より:

      レンカクは以前より出現頻度がおおくなったような気がします。
      これも地球温暖化の影響でしょうか?!
      だとすると素直に喜べませんね。

  2. wakasahs15th より:

    こんな美しい鳥が日本へやって来るとは(@_@)それにしても華やかな鳥💛バンと並んで同じくらいに見えますが、大きな鳥なんですね。見つけたmodokiさんも凄い👏きっと大興奮の夜だったと推察しています(*^_^*)
    ツバメシジミは初見です。多いのでしょうか?

    • agehamodoki より:

      見つけたなんて飛んでもない、車で行きました(笑)
      とんでもありません。ここを地元にしているバーダーさんが見つけたのでしょう。
      後の情報拡散ははやいです。modokiは遅い方ですよ。
      仕事もあるので参戦も遅くなります。
      翌日は一時行方不明になったと聞きましたから、間に合って良かったです。
      ツバメシジミは普通種です。

  3. 洋子 より:

    レンカク、初めましてです。
    この尾羽!まるで尻尾のような存在感。
    面白い形ですね~。

    • agehamodoki より:

      初めまして、コンニチハ。
      お初だったらアップして良かったです。
      尾羽ではなく尻羽。なるほど新解釈ですね!
      どこか大陸の匂いがするような・・・

  4. PRAPTI GUPTA より:

    beautiful captures👍

  5. とんび より:

    レンカク・・意外と小さいのですね
    こんな珍鳥に出会ったら めったやたらとシャッター押しまくりますね
    目に光も入って しかも映り込みも・・・良いな~~!!!

    • agehamodoki より:

      そうですね、首や尾羽が長いから大きいように見えますが
      体の大きさは意外と小さかったです。
      飛び去ってしまうとお仕舞いですから・・・
      それに暑くて、短期滞在で済ませたかったです。
      それなりに撮れて嬉しかったです。

  6. slecfarm より:

    うわ~!こんな優雅な鳥さんを初めて知りました!(^^)!生で拝見したいものです(^^)/

  7. そのちゃん より:

    レンカクって、まるで不思議の国の美鳥ですね!
    一枚目は黒いゴンドラに乗った鳥のようです。
    後ろ姿はほんとに優雅ですね。
    エサを咥えたレンカクの尾っぽは片メガネみたい。
    紫の蝶、きれいな色でうっとり。

    • agehamodoki より:

      不思議の国は大陸にあると思います。
      本来はユーラシア大陸南部が生息域のようです。
      でもゴンドラはヨーロッパの香りですね。
      長い尾羽も華やかな「ショー」を思わせます。
      なるほど片メガネですか!
      紫のチョウは普通種です。
      六甲山域にたくさん生息しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中