そして誰も居なくなった・・・カワガラス幼鳥

毎年繰り返される野鳥たちの繁殖。その一番早いのが渓流のカワガラス。去年は出遅れたのかカラスの被害にあったのか親鳥しか見ることができなかった。今季もあちこちのネットに載った時、直ぐに出かけられずにいた。仕事、そう貧乏人は辛い。で、まだ巣立ち雛が居るらしいと言うので出かけてみた。去年より上流だった。道には数人のバーダーさん。レンズの先を追うと岩の上に1羽のカワガラス幼鳥が居た。巣立って1週間くらい経っているから思ったより逞しい。

おっ、しゅんまくを閉じた。あくび・・・お疲れのようだ(笑)

  

なんてシャッター切っていると、エンゼルポーズに羽伸ばし。一通り芸を披露してくれた。

おっ、今度は泳ぎ始めた。すでに泳げるのだ。顔は水につけられない?と思いきや・・・

  

なんと潜ってしまった。凄い!

逞しいねぇ、野生の世界は!

カワガラスの幼鳥はやがて岩影に入ってしまった。それをしおに帰るバーダーさん。けっきょく鳥も人も誰も居なくなった。滞在時間約1時間弱、親鳥はやってこなかった。これで一人立ち、いや1羽立ち?!やっぱり逞しい。去年は山桜が咲いていたように思うが今年はさっぱり。でももう直ぐオオルリ、キビタキといった夏鳥がやって来る。コマドリも通過してくれるだろう。

オマケ画像 行こう行こうで行ってなかったエキスポシティ。今さらだけど1度は見てみたかったニフレルへ家内と行って来た。平日で空いているかと思ったらなんのなんの。巷は春休みだった。

  

  

  

  

海遊館プロデュースの展示とあって魅力一杯の演出は素晴らしい。来館者の大半がカメラまたはスマホで写真撮りまくり。modokiも撮ったが持参したカメラは古いコンデジ。人波を避けつつ撮ったが大半はブレボケ。ウリのホワイトタイガーくんは昼寝中だった。しかたないよね、虎って夜行性でしょう。比較的ましな画像をランダムにアップ。

カテゴリー: 未分類 | 14件のコメント

梅は散ったが桜はまだか?ちょっと遅かった梅アリスイ。

去年ちょうど良い時期に行って、それなりの画像を残せた古都のアリスイ。今年も行こう行こうと思いつつ気がつけば3月も半ばを過ぎていた。それでも1度はと、今年は電車で出かけた。9時頃現着したが、バーダーさん不在?芦原の向こうで別のものを狙ってる。まだ居るはずだけど1人だと探す効率が悪い(汗)と、1時間ほど経った頃、目の前のロープ際にゴソゴソと動く鳥影・・・なんと目的のアリスイは至近距離にやって来ていたのだ。もちろん一人占め!

移動するに連れて春の小花の側へ。左の青いのはオオイヌノフグリ、白いのはナズナかな!右の紫色はヒメオドリコソウだと思うけど・・・

  

梅の木にも来てくれたけど、残念ながら花がほとんど散っていた。かろうじて残って梅の花と。

そして撮りたかったアリスイの「長い舌」梅の幹へ来た時は、出るぞ出るぞで連写。やっと長い舌が撮れたけど背中向きだった。まっ、いいか!この長い舌がキツツキの仲間の証でもあるらしい。

せっかくだから木止まりをもう1枚。は、は、花が・・・

アリスイポイントとトイレを往復する間の内職でヒクイナ。アシ原がずい分刈り込まれたようで心配したが、出てくると愛想が良かった。 何より頻尿のmodokiには綺麗なトイレが近いのが嬉しい(汗)

当地の梅がらみはモズも有名。おまけに帰る前のアオジも梅がらみで。

  

オマケ画像 60000㎞

 今乗っている車(ラクティス)の走行距離が6万キロに達した。来年春が3度目の車検だから6年間乗っている。1年10000キロ。変則とは言え通勤に使っているからこんなもんか。でもやっぱり多いと思う。多い分は「鳥見」に使っているのだから値打ちがある。伊勢路、和歌山、山陰・中国そして四国。超遠方はないけど、それなりに走った。

この車を買う時の面白い話。6年前、前の車の点検で車のディーラーを訪ねた時、営業マンくんが「もどきさん、エコ減税が来年無くなるかも知れませんから、新車に乗り換えられたら・・・」と。確かに来年で10年乗ることになる。では、とその気になったら営業マンくんやたらと高い車を勧めてくる。当然だろうけど。余りしつこいので「○○さん、オレ、リストラされて今、失業してるの知ってる!?」「エッ、ご冗談を!」と営業マンくんは絶句した。その後、契約の段になって今度はローンの話しをしてくる。ディーラーはローンの方が金利が儲かるから勧めるのだ。「もう1回言うけど、失業中でもローン組めるの?」「あっ、いや現金払いということで!」あれから6年だ。早い、早過ぎる!そのうち少ない年金暮らしになる。車もいつまで乗れるやら・・・

 

 

カテゴリー: 未分類 | 16件のコメント

亜種って何?「シマアカモズ」

図鑑を見ていると亜種という表示がある。亜種とは英語でsubspecies。つまり生物の分類区分で、種の下位区分であると言うのだ。もうひとつピンとこないね。先日明石方面へ出かけて見てきたのはシマアカモズ。アカモズの亜種ということになるらしい。以前、どこだったか阪神高速脇の畑で見た記憶があるから2度目の出合いになるかな。当地も工場の裏側を流れる美しくはない川の両岸を行ったり来たり・・・・フツーのモズより色が淡くで優しいイメージがした。

草にかぶって顔の一部が強調された。やっぱりモズは強面。

下手な飛びものも少々(汗)

  

次は飛びもの、いや飛ばしもの!?枝先で苦しそうに嘴を開けているなぁ・・・ひょっとしてと思ったらやっぱりペリットを吐き出した。ペリットとは消化できないものが吐き出されたもの。左の画像で喉から出てきて、右の画像の左に飛んでいる黒い塊がそれ。飛びものではなく飛ばし物。吐き出す時にペリッと音が・・・しません。

  

裏山へも出かるが、勤務明けや家内の買い物につきあった後の午後が多く成果はいまいち。左)フツーのホオジロ。右)キャンプ場の「看板娘(ジョウビタキ♀)」

  

先のアオゲラに続いてアカゲラにも会えた。ちょっと遠かったけど嬉しい。

オマケ バタバタしていたがお彼岸の墓参りにも出かけることができた。帰りにいつも北野天満宮の駐車場に車を止めてご近所で昼飯。今日は人気だと言うカステラを買って帰った。大きな鳥居脇にあるポルトガル洋菓子店の「パウロ」 カステラはカステラだった(笑)

 

カテゴリー: 未分類 | 22件のコメント

早春の朝にコイカル

コイカルと言えば珍鳥の部類かな!?野鳥を始めた頃は、毎年勤務先(以前)に近い公園へやって来てくれたのでそんな感じでもなかった。たくさんのイカルの中からコイカルを見つけると嬉しかった。でもここ最近となると数年前の大阪城公園以来かな?!やっぱり珍鳥の部類に入るように思う。久しぶりに見たくて、良いという早朝から公園へ出かけた早春のある日の話し。

「6時過ぎに出て、飛びました」と先着さんの話し。7時をまわったところで「ただのイカル」と言う声。「?」よく見ると主役だった。顔が少し濃いかる←昔、使ったギャグ(汗)桜の枝先のコイカル。

最後に雨水枡にたまった水を飲んで飛び去った。次のステージ時間未定につき撤収。

当日その後、淀川をずっと下って、ミミカイツブリを探したが不在だった。ちぇっ!その側の河川敷で鷹匠さんが2羽のチョウゲンボウを操っていた。んなワケないやろ。養殖(餌付け)していた。人さんと鳥さんに気を使いながら少しだけパシャパシャさせていただいた。以前、小型爬虫類用の餌として売られている生きたコオロギを置いていたが、ここでは・・・・よく分からなかった。

オマケ 男の遊びとして飲む打つ買うなんて言われていたが、そんなカイショは無い。でもギャンブルは嫌いではない。最近パチンコで20000発オーバーを叩き出す快勝を久しぶりに経験した。その後は予定通りで、吐き出すばかり。みんな玉と消える前に仕事用の腕時計を買った。条件は24時間勤務で途中で日付が変わるので、カレンダーが付いていること。電池交換が面倒なのでソーラーであること。見やすいこと。勝って直ぐ買えばもっとずっと良いのが買えたのだが・・・・・

仕事用というのでETC関連の監視盤の上で撮ってみた(笑)

カテゴリー: 未分類 | 14件のコメント

やっとウソを撮れました。

冬の人気者の「赤・青・黄」の中の赤い小鳥はベニマシコと並んで人気のウソ。季節始めに見ることができて、そのうちにと思っている間に3月。春の足音が大きくなってきた。画像を残せないまま終わってしまうのも寂しい。地元をあきらめて隣町のお寺へ行って来た。午後から出かけたが、うまい具合に到着してすぐに鳴き声が・・・ラッキー。

胸がほんのり赤いオス。上質のカシミアのようだ。なんて言うと上質の羽毛だ。なんて反論されそうで(笑)しかしもうひとつシャキッと撮れなくて・・・

メスの方が愛想が良かったのはいつも通り。どういう意味!?

  

みんな新芽や花芽をむさぼり食っていた。長旅に備えて栄養補給中かな。

地元の田んぼのタゲリも出かけた時は8羽を数えたが、最近数が減ったそうな。帰国の途についたようだ。寂しいねぇ・・・友達の数を増やして戻って来てくれることを願わずにはいられない。

地元と言えば昨年ローカル人気だった白いスズメが健在だった。何かと白化個体が人気になるが白スズメも忘れないで・・・いや、忘れてもらった方が、静かで良いかな(笑)

  

白スズメと言うより「白頭巾雀」だ。仲間とも上手くいっているようで、長生きしてほしい。

カテゴリー: 未分類 | 18件のコメント

青色って何色?

復帰2弾は青い色をした野鳥たち。まずは今の季節、卒業式にピッタリのアオゲラ。アオゲラ(仰げば)尊しわが師の恩・・・「またこのギャグや!」と言うなかれ、珍鳥ではないが、いつも見られる鳥ではない。アオゲラも出るタイミングを見計らっていたのだ。最初は幹を突く音が小さくて、コゲラ?いや・・・枝移りしたところを発見。裏山の午後のアオゲラ。後からやって来たバーダーさんの足音で向い側の稜線へ飛んでしまった。

  

アオゲラの次はアオつながりで、最近川向こうで人気のアオバト。約束通り午後の2時頃降りて来た。ここは餌付けされている。と言っても天然もののどんぐりを集めて置いているだけなので、そんなに抵抗はない。

公園内の竹林を囲む竹柵とマッチしてホントに美しい。喉のふくらみはどんぐり。

  

オスに比べると雨覆いのぶどう色がなくてシックだけど、おだやかな優しさが溢れるメス。

唯一の枝止まりの1枚。

背景の竹林もこっちの方が美しい。

  

アオゲラもアオバトも青色ではなく緑色。野菜は青物、新緑の葉っぱは青葉。昔は青色と緑色は明確な区別が無かったのか緑色と言う概念が無かったのか?!まっ、アオバトは理屈抜きに美しい。ブログ友のwakasa15thfdさんの地元とは言え、先を越されたのが悔しい(笑)

最後はアオバトを待っているあいだに頭上へやって来たメジロ。似たような色なのにメジロは青色とは言わないね。抹茶色。

嘆き 最近「頻尿」に悩まされている。夜のトイレも辛いが、鳥見途中の尿意もかなわない。薬の副作用だろうか?次回の診察を早めてもらおう。

カテゴリー: 未分類 | 32件のコメント

裏山に復帰しました。

下半身にぶらさがっていた「バルーン」が取り外され、身軽になった。気にし過ぎても良くないかと、20日ぶりくらいに裏山へ出かけた。思いを寄せる小鳥にはで会えなかったけど、お馴染みさんたちが迎えてくれた。病気で自宅に居ると見たくても見られないのだから、お馴染みさんとの再会も嬉しいもの。まだまだ寒い日が続いているけど、確実に日は長くなっている。

お馴染みさん代表は左)エナガ。右)相変わらずススキの穂を食べていたアオジ。

%e3%82%a8%e3%83%8a%e3%82%ac170222_01n  %e3%82%a2%e3%82%aa%e3%82%b8170222_01n

ジョウビタキも頑張っている。数が少なくなったような気が・・・するだけ!?左)ジョーくん。右)おジョーさん。ジョー君は真正面顔。

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad%e2%99%82170222_02n  %e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad%e2%99%80170222_02n

山続きの隣町の神社に今年もやって来ていたクロジ。左)メス 右)オス みんな明るく写っているが、暗いところでかなり無理無理。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b8%e2%99%80170222_01n  %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b8%e2%99%82170222_02n

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b8%e2%99%82170222_07n

クロジをプリントして財布に入れておけば「黒字」間違いなし。ひと山当てて、財布がお札でパンパン。ナニ、あんたの幸せはカネで買えるのかって?どこかのCMコピーみたいなこと言うね。黒字で買えない心の幸せは青い鳥にお願いしたヨ。裏山の人気者ルリビタキ。これでバッチリ。

%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad%e2%99%82170222_03n

左)ルリビタキのメスタイプも元気。 右)枯れ葉をひっくり返す音をたてていたのはシロハラばかりで、トラツグミは不在だった。

%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad%e2%99%80170222_01n  %e3%82%b7%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%83%a9170222n

 

 

カテゴリー: 未分類 | 26件のコメント