冬の山陰路Part-2

山陰路Part-2です。当地はマガンの越冬地として有名。去年もけっこう見かけたが今年はその数に圧倒された。とにかく凄い!

まずは2日目、塒からやって来る群を夜明け前の湖岸で待った。うまい具合に空が赤く染まることもなく、またマガンの飛行ルートも湖面を外れることが多かったが、そんなケチなこと言っていてどうする?!美しい編隊飛行で、あるいは川の流れのように、次々と飛来するマガンの群は素晴らしく感動的だった。空の色もほんのり赤く・・・

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170128_01n

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170128_04n

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170128_12n

やっぱり気になった風力発電のローター。

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170128_15n

こうしてやって来たマガンの群が背中側の田んぼへ降りてくる。田んぼの一部がマガンで埋まっている。当日は地元野鳥の会のメンバーと思われる方数名がカウント調査をされていて、途中で1500羽と言う数字を耳にした。えっ、そんなもん?

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170128_08n

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170127_04n %e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170127_06n

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170127_09n

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170127_18n %e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3%e9%a3%9b170127_22n

飛びもの中心に撮ったので地上の画像が少なくなった。と言っても山盛り!こんな中から1羽やって来ていると言うカリガネを探すのは至難。宝くじ級。もちろん見つけられなかった(涙)

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3170127_02n %e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3170127_05n

%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%b3170128_06n

ヒシクイも少数派。それなりに見つけるのに苦労する。

%e3%83%92%e3%82%b7%e3%82%af%e3%82%a4170128_03n

%e3%83%92%e3%82%b7%e3%82%af%e3%82%a4%e9%a3%9b170128_04n

今回の目的のひとつアカツクシガモは初日夕方近くに見ることができた。教えていただいたコハクチョウが居る2番穂が茂る田んぼ。見つからないなぁ・・・と、思っていたら。同行の鳥友さんがみつけてくれた。見つからないはずで、餌をとるためにしゃがむと見えなくなるのだ。

たまに、こうして首を上げてくれる瞬間がシャッターチャンス(汗)

%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%84%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%ac%e3%83%a2170127_01n

全身が見たいなぁ・・・と思ったら飛んでしまった。確かに全身が見えたけど・・・・

%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%84%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%ac%e3%83%a2170127_03n %e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%84%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%ac%e3%83%a2170127_08n

飛びもの設定ではなかったのでブレブレ画像。もどって来てくれたがまた行方不明。次に飛んだ後は戻って来てくれなかった。実際はずっと後にハクガンと戻って来たらしい。ちぇっ!

%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%84%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%ac%e3%83%a2170127_11n

小鳥も少々撮りました。左)オオジュリン。 右)ホオアカ。どちらも地元で見られるから力が入らなかった。そう言えばホオアカの方は今季地元でまだ出会えていなかった。

%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%b3170128_02n %e3%83%9b%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%82%ab170128_02n

大物では朝方にチュウヒが優雅なV字飛形で飛んでいた。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%83%92170128_06n

最後に大物の目的種のケアシノスリ。昔、野鳥を始めた頃大挙して飛来したことがある。その後も何度かチャンスはあったがまともな画像が残っていない。去年は強風で諦めている。今回もダメかと思われた帰り直前。最後にもう1度立ち寄った河口で「ケアシならあそこに居ますヨ」と指先に何やら白いヤツが・・・やっと捉えたケアシノスリも遠かった。ちょっとルール違反気味に河川敷の小さな漁港へ降りて撮らせてもらったが、トリムしてこの程度。ふんいきは伝わってくるかな。

%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%83%aa170128_01n

%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%83%aa170128_06n

1泊とは言っても初日の半分以上は雨降り。見そびれた鳥もいるが、まずまず満足かな。クセになる探鳥地ではある。以上2回に分けてアップしたこの冬の山陰鳥見報告でした。

話は変わってわが身の状況ですが、先日病院へ行って、とりあえずナニに挿入されているホース「バルーン」は抜いてきました。傷の具合はまずまずです。ちょい悪じゃなかった「ちょい漏れ親父」が不安ですが、詰まってしまうのが一番怖いです。春の足音が聞こえ始め、鳥の動向が気になるけど、ボチボチご近所散歩からです。とりあえず近況ご報告まで。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

冬の山陰路Part-1

去年オオカラモズを求めて出かけた山陰路。幸いにも近くで見ることが出来たが、三脚が倒されるほどの強風下で他の鳥はサッパリだった。今季も何かと話題の山陰。体が元気だった先月下旬に鳥友さんと行ってきた。前回と違って宿泊費奮発の一泊お泊り保育(笑)

今年の山陰は例年以上の豪雪。modokiが出かけた日は1回目の大雪の後で、辺り一面は真っ白。マイカーだと不安だけど当地のレンタカーはもちろんスタッドレス装着。なんて現地へ着くと雨がパラパラ。そのうちに雨足がつよくなて・・・なんと雷まで!幸い午後は回復。まずは去年ゆっくり見られなかったコハクチョウ。大きくて優雅で美しい。そして力強い。

画像は2日分が混在。2日目は前日の雨と当日の晴天で一気に雪が少なくなった。

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6170128_25n

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6170127_04n

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6170128_21n %e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6170128_23n

左の個体の足に赤い「輪」が付いていた。足輪を付けることへの抵抗感には目を瞑って、鳥友さんが山階鳥類研究所へ問い合わせたところロシア・チュクトカ・チャウンで放鳥された個体だと返事が来た。で、どこやねん?ロシア東北の端っこだった。やっぱり遠いところから来てるねやん。

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6170128_16n

次は飛びもの。コハクチョウは大きいから比較的撮り易い(汗)

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e9%a3%9b170128_11n

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e9%a3%9b170128_23n

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e9%a3%9b170128_24n

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e9%a3%9b170128_29n %e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e9%a3%9b170128_31n

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e9%a3%9b170128_34n

背景の稜線がグラデーションになってお気に入りの1枚。

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e9%a3%9b170128_43n

最後は風力発電の風車が背景になった1枚。環境にやさしいとされるけど巻き込まれる野鳥が多いとか・・・。水鳥の休息地だった池に設置される太陽光発電のパネルと一緒で、ほんとうに環境にやさしいコトなんて、人がすることにまず無いね。

%e3%82%b3%e3%83%8f%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e9%a3%9b170128_04n

今回の鳥見目的のひとつだったハクガン。2日目の朝「河口にさっきまでいました」にガッカリしたが、知らぬ間に少し遡っていた?し、か、し、余りにも遠すぎた。

%e3%83%8f%e3%82%af%e3%82%ac%e3%83%b3170128_05n %e3%83%8f%e3%82%af%e3%82%ac%e3%83%b3170128_08n

コハクチョウより小さいでしょ。幼鳥だから風切り羽の先が黒いでしょ。うんうん。嘴がピンクでしょ。そんなんもんよく見えへんやん。と、その時飛び出した。確かに翼の先が黒いのが3羽。

%e3%83%8f%e3%82%af%e3%82%ac%e3%83%b3170128_18n

オマケはコハクチョウを観ていた2日目。頭上にやって来たコウノトリ。コハクチョウやマガンに比べるとずい分スマート。気づくのが遅く、カメラに入ったのはコレ。懐の広い探鳥地ではある。

%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%83%8e%e3%83%88%e3%83%aa170128_03n

尿道狭窄治療の回復待ちで、ただ今フィールドへ出るのは休止中。新入荷のネタがありません。しかし皮肉なもので手がつけられなかった山陰鳥見の画像整理が進みました(苦笑) と言うワケデ山陰の鳥画像を出し惜しみ、2回に分けて掲載です。

カテゴリー: 未分類 | 24件のコメント

また「最悪」です!(本文は読まない方が良いかも)

先日大学病院で泌尿器科の検診を受けた。何度か記事にしているが、当病院との付き合いは、以前の勤務先の定期検診の前立腺腫瘍マーカー(PSA)の数値が高くて、精密検査(生検)を受けたのが始まり。その後の検査の過程で尿道や腎臓に石が見つかり、その除去のために体外衝撃波術を受け、次に内視鏡手術を受けた。その内視鏡手術の後遺症として尿道狭窄となっていた。薬による改善が見られないと、「拡張しますね」ときた。えっ!?いきなりナニに棒を押し入れられ「狭いですねぇ、入りませんねぇ・・・」おいおい痛いやないか!!「ゼリーの麻酔をします。つまみますね。10分ほど待って下さい」・・・・結局細いカテーテルから段々太くして22ミリまで入れられたよう。そしてまたそのカテーテル(バルーンと言う)を装着しての帰宅。出てくる尿と言えば真っ赤!入院したいくらいなのに帰宅させられた。・・・・22ミリまで挿入したのに残されたカテーテルは以前より細い18ミリ?だから淵から漏れる。それがまた真っ赤。今日2日目、出血は少なくなってきたが尿は漏れる。これではまともな生活はできない。今、大人の紙パンツ履いて不快感のもとパソコンに向かっている。そう言う事情でしばらく当ブログの更新は停止させていただきます。体調が良い時は皆様のブログへはお邪魔しますネ!

画像は久しぶりに治療前に出かけた裏山から 左)ミヤマホオジロ 右)シロハラ

%e3%83%9f%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%aa%e3%82%b8%e3%83%ad170204_03n %e3%82%b7%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%83%a9170204_01n

ルリビタキのオス。左と右は別個体。枝かぶりと後姿。もう少しまともに撮りたかった。

%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad170204_01n %e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad170204_05n

頭上を白っぽい猛禽類が通過して高圧鉄塔へ。高い所に止まったノスリ。

%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%83%aa170204_03n

★オマケ画像 バレンタインデーが近い。東京にいる娘から届いたチョコ。やっぱり嬉しいね!

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e5%a4%96%e7%ae%b1n %e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e4%b8%ad%e8%ba%abn

 

 

カテゴリー: 未分類 | 24件のコメント

White & White

「ホワイト&ホワイト!」歯磨きの商品名のようですが、違います。地元河川敷とその対岸で人気を集めている白い恋人たちです。なんや歯磨と違って北海道土産かいな?!違います!と言うワケで出かけたのは先日の公休日。冷たい雨が朝まで残りすっかり出遅れた。その雨にも負けず出かけられた方は朝一に白い恋人との出合いがあったようで、modokiが到着後はサッパリ。久しぶりだったので辺をウロウロしていたら、その間に「2度出ましたヨ」ツイてないときはそんなもの。昼をまわってからやっと出てくれたが、場、場、場所が・・・遠い幹がぶり。トホホ。

%e3%83%92%e3%83%a8%e3%83%89%e3%83%aa%e7%99%bd170202_04n

白い鳥その1はヒヨドリ。確かに白い。あの煩いヒヨドリが神々しく見える。左にまわり込んで撮ったが手前の蔓にピントがとられたようで。参考にどれだけ白いかノーマルヒヨを右にアップ。

%e3%83%92%e3%83%a8%e3%83%89%e3%83%aa%e7%99%bd170202_06n %e3%83%92%e3%83%a8%e3%83%89%e3%83%aa170202n

腹が減ったのでコンビニで昼飯を兼ねて小休止。午後から枚方大橋を渡って対岸へ。こちらにいる白い鳥はヒバリ。聞いていた場所にバーダーさん「ゼロ」大丈夫かいなと心配したが、土手の草むらに何やら白っぽい小鳥が・・・それが探していたヒバリだった。

%e3%83%92%e3%83%90%e3%83%aa%e7%99%bd170202_02n

こちらはヒヨドリほど白くはなく、淡いベージュといった色合い。でも上品に見える。比較にノーマルのヒバリを撮ろうと思ったら隣にやって来てくれた(笑)2羽の下がノーマルヒバリ。

%e3%83%92%e3%83%90%e3%83%aa%e7%99%bd170202_05n %e3%83%92%e3%83%90%e3%83%aa%e7%99%bd170202_08n

ウロウロしている時に撮った左)アオジと右)カシラダカ

%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%82%b8170202_02n %e3%82%ab%e3%82%b7%e3%83%a9%e3%83%80%e3%82%ab170202_02n

久しぶり赤いベニマシコも撮れマシコ!(微笑)

%e3%83%99%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%82%b3170202_01n

最後に行こうか悩んだコミミズク。神戸の鳥友さんが来ていると言うので立ち寄った。ところがさっぱり飛び出さない。1羽が草むらにいることが分かっているから帰ることもできない。結局撤収した5時までに飛ぶことはなかった。「ちょっと振り向いてみただけのコミミズク♪」

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170202_04n

オマケ画像) 節分の寂しい晩飯 あっという間に2月になってしまった。オマケ画像は先日の節分の晩飯。もちろん家ではなく勤務先の料金所での話し。カップ麺と家から持って来た残り物肉じゃが。それに出勤途中のコンビニで買った恵方巻き。やっぱり寂しいと言うか味気ないと言うか・・・西北西に向かって食ったよ「恵方巻き」(苦笑)%e7%af%80%e5%88%86%e6%99%a9%e3%82%81%e3%81%97n 早く暖かくならないかなぁ・・・・

 

 

カテゴリー: 未分類 | 18件のコメント

冬の午後をお城で過ごす。

用事があって大阪市内へ出かけた日の鳥見。出かける時は邪魔でしかない鳥見道具。しかし用事から解放されると最高のお楽しみ道具と化す。すでに1月も中旬新しい冬鳥がやって来るワケでもなくと言って渡りはずっと先の話し。そんなこんなで新鮮さの無いお城は見かけるバーダーさんも少なく静かなものだった。まずはとりあえず今季もやって来てくれたオジロビタキのポイントへ。

尾羽をピンと上げる可愛い決めポーズ。背景に黄色く写っているのはロウバイの花。

%e3%82%aa%e3%82%b8%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad170124_10n

%e3%82%aa%e3%82%b8%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad170124_14n

次にお濠に滞在中のウミアイサ。いつも広いところで見るので、ここならちょっとは近いかと思ったが、大阪城のお濠は広かった(汗) 現在、西の丸庭園ではUSJとコラボしたイベントが派手に開催されているが、今度はトライアスロンで、水泳コースにこのお濠を利用するとか。ギャンブル場の誘致だとか、どうも収支に貢献しそうなコトにばかり力が入っているようで、納得できない。

%e3%82%a6%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b5170124_02n %e3%82%a6%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b5170124_09n

ウミアイサのボサボサヘアも良かったが、イチオシはオカヨシガモ。シック色彩の中に繊細な模様。それに何よりその癒し系の表情がほのぼの優しい。普通種にはだれも振り向かない。

%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%a8%e3%82%b7%e3%82%ac%e3%83%a21701240_01n

市民の森の水場にも必ず立ち寄る。よくやって来たのはアトリの小群。

%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%aa1701240_05n %e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%aa1701240_04n

左)シロハラ 右)水場側のベンチで寛ぐジョウビタキ(笑)

%e3%82%b7%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%83%a91701240_03n %e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad1701240_01n

左)当地でもトラツグミと出合えた。 右)低い木の枝で睨みをきかすモズ。

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%b0%e3%83%9f170124_02n %e3%83%a2%e3%82%ba170124_01n

水場で出合ったY原さんに教えていただき、最後はハイタカポイントへ。

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%82%ab1701240_01n

夕刻、塒入り前のハイタカ。畏怖堂々、睨まれると怖いね!

カテゴリー: 未分類 | 14件のコメント

最近のコミミズク!

地元を離れて鳥を見ていて「コミミズクの地元からです」と言うと羨ましがられ、よく取材されるが、みなさんよくご存じで「最近は下流でも飛んでるらしいですね」と(苦笑)その通りで当初の水無瀬地区から鵜殿、前島そして大塚へと飛ぶエリアが下流へ広がった。最近はずっと下流の大阪市内の毛馬・赤川辺りでも見られるらしい。構えるバーダーさんにも特徴がある。modokiはと言うと最近は大塚地区へ。整備された河川敷をうろうろしながら撮れるから。最近数日分の画像から。

近距離止まりもの。この目力の凄いこと!ラッキーだった1枚。

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170118_03n

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170119_14n

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170119_48n %e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170119_45n

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170119_54n

カラスとバトル

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170113_19n %e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170113_18n

ひと休み

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170119_42n

左)夕空を滑空 右)残業画像、無理やり背景に高圧鉄塔の赤いランプを入れて。

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170118_12n %e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%af170113_39n

オマケ 枚方大橋の向こうに沈む夕日。最近少し日が長くなったような・・・でもまだ春は遠い。

%e5%a4%95%e6%97%a5170118_03n

 

カテゴリー: 未分類 | 22件のコメント

この冬もカラアカハラ女子と会えました。

先日はご近所も雪化粧となった。生憎仕事で雪化粧の鳥撮りはできず、翌日公休日は寒いだけならご勘弁と南の方へ足を向けた。今年もカラアカハラが来ているとのこと。場所は「公園の池を右まわりではなく左まわりに」なんていい加減なことえお聞いていたら失敗。前回と同じ池だと思い込んでいたら手前の大きな池だった。思い込みはよくないネ!カラアカハラはチャーミングなメスで、ずい分愛想が良かった。近距離撮影(微笑)

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%8f%e3%83%a9%e2%99%80170116_09n%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%8f%e3%83%a9%e2%99%80170116_03n

いつもの池にはオオタカの若い個体が止まっていたが遠すぎた。数時間の滞在中、動きなし。左)ノートリ。右)スーパーウルトラトリム。

%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%82%ab170116_01na %e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%82%ab170116_01nb

今年はトラツグミとよく出合う。裏山のシャイな個体が嘘のようにみなさんフレンドリー。当地では2羽見かけたが、地元の方いわく3羽いるらしい。ステージ上の寅さん。皮トランクは持たず(笑)

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%b0%e3%83%9f170116_02n

ヨコ枝上で怖い顔していると思ったらシロハラと縄張り争いをしていたようだ。威嚇ポーズ。

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%b0%e3%83%9f170116_07n %e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%b0%e3%83%9f170116_08n

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%b0%e3%83%9f170116_16n

カワセミも近くで撮れた。ここでも人気者。

%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%bb%e3%83%9f170116_02n

ルリビタキのオスの青色もカワセミに負けていなかった。今年こそ良いことがありますように!

%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad170116_01n

右)石の上にも3年。ルリビタキは年を重ねて青みを増していく。赤い花は山茶花?そっちへ止まってくれないかと言うとリクエストにも応えてくれた(微笑)無理やりトリム。

%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad170116_06n %e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad170116_08n

カテゴリー: 未分類 | 16件のコメント