青二才、男を磨いて戻っておいで

9月に入って渡りも本格化、賑わいを見せ始めた野鳥の世界。しかし地元の田んぼでジシギを見損なったり、山裾の桜の木ではツツドリに振られたり、鳥枯れから脱することができないモドキ。そんな時は何か出会いがあるだろうお城頼み。その日はコルリオスの若い個体と出会えた。前日までは綺麗なオスが居たらしいが、モドキは今の時期しか会えない若い個体も嫌いではない。ニキビ面した若者のようで、未来がある。来年また綺麗になって戻っておいで、そんな思いででシャッターを切った。

オオルリより足が長くてスマートかな?

当日は他にもヒタキ系の小鳥を見かけたがシャッターチャンスは無かった。かろうじて撮れたのはムシクイ。センダイムシクイかと思ったが頭央線が・・・さて何?

動く葉っぱの中から出てきたのはメジロ。不味そうな顔をして舌を出した。オエッ(笑)

暑さが復活している。そして湿度が高い。人の不快指数が高い環境はキノコには好環境なのか色んなキノコを見かける。この白いキノコは目立っていた。オマケのスマホ画像

食べる勇気はありません!

オマケ画像その2)鰻を食べたいと思いながらこの夏は食べそびれていた。高価な鰻丼を敬遠して鰻とろろ定食。リーズナブルで美味しかった。

カテゴリー: 未分類 | 13件のコメント

今年も地元休耕田にタマシギ

昨年は真夏にタマシギの雛が生まれて人気だった。この夏も地元休耕田で複数のペアが確認されている。豪雨に見舞われると水没の危険はあるが、すでに抱卵中のオスもいるらしい。楽しみが増えた。上手く行きますように。先月下旬撮影のタマシギペア。

この休耕田にはツーペア居て、遭遇すると争いになる。騒ぐのはオスだけ(笑)

どちらもオス。
威嚇?

もとのペアで収まった!

オス
メス

タマシギの向こうにコチドリが居た。地味だけど、幼鳥かな?

別の休耕田にはタカブシギ。かなり遠かった。

オマケ画像)月に1度泌尿器科医院へ通院。その前の歩道に落ちていた迷彩カラーの蛾。グーグルでチェックしたらウモンスズメ蛾だった。なかなかお洒落なデザインだと思う

車の走行距離が2年半でジャスト20000キロ。以前は一年で10000キロペースだったから少し少なくなった。鳥見で電気自動車の「Iさん」のお世話になることが多いからかな。

早くも9月。早過ぎる!

カテゴリー: 未分類 | 15件のコメント

睡蓮と夏羽のアカガシラサギ

8月に入っての猛暑と鳥枯れに出かける気にもなれずに家で我慢の日々を送っていた。楽しみにしていた伊吹山のイヌワシも体調不良でパスさせていただいた。ホントにガッカリしていたら長居植物園でアカガシラサギの報せ。少数派のサギだけど何度も見ている。しかし夏羽を見た記憶が無い。夏羽だと聞き暑い中を公共交通利用で出かけた。大都会の植物園はそう広くはないが、緑豊かで木陰を歩けるからと帽子を被らずに出掛けたが、池の周りは遊歩道で、ほとんど影なし。そしてアカガシラサギは遠かった。まいった!(大汗)

嬉しかったのはカガシラサギがウロウロしていたのが睡蓮の上だったこと。印象派の人気画家モネの連作「水連」風だけど、アカガシラサギはどこ?

後はウルトラスーパートリミング画像ばかり(ピン甘+陽炎)それでも嬉しい夏羽だった。

暑さで頭がぼーっーと(えっ、いつもしているって)していたら飛び出して池の中にある島の茂みの中へ。飛び出しなど撮れるワケもなく。あっちは木陰で涼しそう。

再び飛び出した。あわててファインダーに入れたが風呂上り状態(サッパリ)再び睡蓮の上を歩いてくれたが、全身が見えなかった。そして背中を向けて飛び出したところで終了。とにかく暑過ぎた。

情けない飛びもの画像

睡蓮がモネだったので、オマケはゴッホイメージのヒマワリ。長居植物園。

カテゴリー: 未分類 | 14件のコメント

蒸し暑い夏は、虫熱い夏

8月になってあちこちで警報級の雨が降ったが幸い地元で大きな被害は出なかった。猛暑もひと息ついたが、今日はまた復活している。山はすっかり鳥枯れ。むしあつい夏を虫熱い夏と書いて、虫ネタで更新。

トップは3年ぶりに見ることが出来たルリモンハナバチ。場所は前回と同じで大学の植物園。意外と勤務先に近く、勤務明けに立ち寄った。蜂の方はと言うと数は前回より少なく見つけるのに少々苦労したが、目が慣れていた。難儀したのは蚊の集団。蚊に備えて長袖で出かけたがカメラを構える手や首筋に群がってくる。ピント微調整もおぼつかない(汗)早く切り上げようと短時間にたくさんシャッター切ったがゴミ箱行きの多かったこと!

飛びものは全滅。天気のせいか色の出具合もイマイチだった。でも幸せを運ぶ青い蜂ということで、今年の後半に期待しよう。

植物園の水生植物エリアの水連(主に外国種)が見ごろで、そのまわりにトンボが多かった。

これは別の水辺で撮ったチョウトンボ。光沢が美しい。

最後の虫は勤務先駐車場の周辺に茂る葛の葉っぱに止まっていたイチモンジセセリ。濡れた翅を乾かしていたのかな?スマホ画像。

おまけ画像は綺麗だった大学植物園の水連

最後は定番風景のセミの抜け殻。最近は鳴き声が少なくなりツクツクボウシが混じっている。セミにとって短い夏が終わろうとしている。子供の頃は夏休みの宿題が気になりだす嫌な時期だった。

カテゴリー: 未分類 | 18件のコメント

久しぶりのブッポウソウ

今年はずい分久しぶりに吉備中央町のブッポウソウを訪ねることが出来た。道中、空模様を気にしていたら案の定雨が降り出した。しかし人気観察スポットの「横山さま」は簡易の屋根付き。画像に雨が写りこんだけど、我慢の範囲。もともと大した写真撮っているワケではない。駐車場はほぼ満車、観察席も好位は一杯。なんとか割り込ませていただいた。

当地は古くからブッポウソウ用の巣箱を掛けられていて、その数は百単位になるらしい。今では多くのペアが営巣するようになっている。ここは一番有名な「巣箱」

南方系を思わせる青い姿にお洒落な白斑。オレンジ色の嘴もどこかエキゾチック。巣箱からの飛び出し。やっぱり雨が写りこむ。

巣へ戻って来る時は餌を咥えている。一度、巣から少し離れた木や電線へ止まり、様子を伺ったあと飛んで来る。蛾のよう虫を咥えている。ちなみに巣内には雛が3羽。

ランチタイムには意外な餌を運んで来た。よく見るとカタツムリだった。エスカルゴ!

さすがに調理に手間取ったようで、しばらく出て来なかった(笑)

午後からはダム湖に近い公園へ移動。規模は小さいけど、ここも気遣いのある観察ポイントだった。残念ながら雨は止まず。

今回のドライブも「Iさん」のお世話になった。ありがとうございました。

おまけ画像、と言うより参考画像。先に訪ねた横山さまの巣箱は小型カメラで常時監視されていて、テレビモニターで見ることが出来る。それをさらにスマホで撮らせていただいた画像。色んな写り込みがあるけど、青い色になった雛3羽居るのが分かる。かなぁ・・・

巣立った後の巣箱は清掃されて来年に備えられるとのこと。そんな苦労があって、我々は気楽にブッポウソウを撮ることができる。少額だけど協力金をポストへ。ありがとうございました。いつか、また来たいね!

カテゴリー: 未分類 | 14件のコメント

アオバズク、今年も神社から4羽が巣立った。

家に一番近いアオバズクは、集まって来るバーダーさんが迷惑なようで、今年も早めに営巣木の枝葉を徹底的に剪定されてしまった。いくら大木の祠でも坊主頭ではやって来ない。だから隣町の神社へ。今年はなんとか巣穴から顔を出す雛が見たくて、巣立ち間際の夕方に訪ねた。夕飯の缶ビール我慢して、陽が落ちて暗くなった午後7時半頃現着。先着バーダーさんは意外と少なく数名。しかし雛は中々顔を出してくれず、顔を出したのは真っ暗になってから。そこで少々ルール違反の「懐中電灯」が登場。それでも暗く、AFで合焦しない。画質無視してISO5000位、小型の懐中電灯で協力。やっと絞り解放SS1/10程度。ブレブレ覚悟のパシャパシャ。親が餌を運んで来るが背中を向けるのでよく分からない。ライブビューにしてマニュアルでピント合わせ。自分の目のピントが合わないのに・・・で、やっとコレ。

最初は1羽が前へ

2羽になった。と思っていたら「僕も居るよ」ともう1羽。計3羽。話では4兄弟
(姉妹)のはずだが・・・でも嬉しかった。思ったより見られる画像で。余り長居はよくないだろうと、30分弱で撤収。蚊も少なかった。

数日後の昼下がり。巣立った雛たちを訪ねた。間に激しい雨があったので心配したが大丈夫だった。やっぱり4羽。運よく揃って並んでいたが1羽はあっち向き。そしてみなさん枝被り。左端の兄弟は顔も見えない。しかたないね。でも揃って元気そうで良かった良かった。ちなみに右端はどうやらお母さんのようだ。

カメラアングルを右の2羽プラスお母さんに向けて。みんな起きてくれた。

右の巣立ち雛がエンゼルポーズ。

すると左側の巣立ち雛が羽伸ばし。

するとみんなでポーズ。お母さんまで羽伸ばし。芸達者な親子チームに拍手。

首はよくまわる、。modokiは 借金でまわらない(笑)

この日も滞在1時間くらい。昼間は寝ていることが多いアオバズク観察なのに、短い時間で楽しむことができた。

オマケ画像は散歩時の嫌われる虫、危険な虫。modoki はよく散歩するが、大体夕方が多い。目標は8000歩。しかし今の時期は夕方も暑い。で、おいおい晩飯の後になる。すると途中で公園のトイレを利用することになる。泌尿器に難がある上にビール(ホントは第三ビール)を飲んでいるから。そのトイレ周辺、運がよければカブトムシやクワガタにも出会える。ところがトイレ内はと言うと・・・節電と虫よけに電灯は入り口に立たないと点かない。人の気配で蚊が集まっているのは仕方ない。しかし先日は便器に大きな蜘蛛。どうやらアシダカグモと言う種で益虫らしい。ゴキブリだらけの家からゴキブリが消えるとか・・しかし不気味。嫌われ者の虫、アシダカグモ。

今夜は何も居ないかと用を足していたら壁の上に大きなムカデ。思わず後ずさり。これは危険。刺されると腫れあがる。危険な虫、ムカデ。

昨日は勤務で散歩なし、今晩は目指せ8000歩。

カテゴリー: 未分類 | 18件のコメント

夏の風物詩、ササゴイのハンティング

野鳥観察と言えば大半が季節によって変わるので、ほとんどが「風物詩?」でも、この夏のササゴイは川を遡上する婚姻色に染まったオイカワを狩るシーンが人気「風物詩」場所はお馴染みの天野川。例年だと人工魚道が好ポイントなのだが、今年は少し下流の淀川へ流れ込む最後の「堰」でよく採っていた。堰をは魚にとっては難関、そこを苦労して登った途端に命を落とすのだから気の毒ではある。堰を見下ろすポイントから・・・とにかく暑い!

振り向いた思ったら・・・ササゴイの名前の由来、笹の葉のような羽のトリミングが綺麗。

姿は美しかったけど、これは失敗。遡った流れの中でゲット。しかし色が着いていない。

魚は最後のあがき。頭が喉に向くと、飲み込まれる寸前。

これは食い逃げ?

足元で跳ねる魚、上手く堰を登ったけど、危険!案の定ササゴイに見つかった。

すばやくキャッチ。また色無し。

ササゴイは1時間ちょっとで、結構なサイズの魚を数匹ゲットして飛び去ってしまった。modoki も暑さが我慢できず撤収。獲物の魚に色は着いていなかったが、楽しい時間を過ごせた。日陰のない河川敷は「危険」今、アブナイのは一にコロナ、二に熱中症!

modoki は時間があればよく散歩する。オマケ画像もその散歩時間の画像が多い。今回のオマケは、いつ頃だったか、夕方イワツバメが芥川上を舞っていた時のもの。コンデジの荒れた画像だけど尾羽が短いので普通ツバメではない。運よく月と重なった。

カテゴリー: 未分類 | 10件のコメント

ハッカチョウ親子

すっかり地元に居付いてしまったハッカチョウ。今季も雛が巣立ったと連絡をもらったが熱心ではなかったので、出かけた時は遅かった。ところが半月ほどしたら二組目が巣立った。繁殖場所はイワツバメ、ムクドリそしてドバトも利用する府道高架下。単純に喜んで良いのやら・・・鳥枯れの夏、カメラだけ持って出かけた。

まず発見したのは親。黒い姿に嘴上の特徴的な冠羽。誰かに似ていると思っていたが、思いだした、昭和の時代にソロバン片手に歌番組の司会をしていた。え~っと、トニー谷。ちょび髭が逆向きに生えているが似てませんか?!「あなたの名前、なんてぇの?」

高架下の日陰に居た鳥友さんの説明では、雛は4羽居て、すでに2羽巣立ったと。確かに高架下の橋脚上に2羽、若い兄弟が居た。

電線上に親がやって来た。餌ではなく羽毛を咥えている?

飛び出すと大きな白斑が印象的。

田んぼを挟んだ向こう側の樹に親子が居た。親と子の違いは、親の光彩はオレンジ色。雛は濁った白色。まだちょび髭も無い(笑)

雛の飛び出し。けっこう上手く飛んでいた。この実は何の実?

朝の渋滞を避けて早めに出勤すると、早く着きすぎる。で、近所の公園をひと回り。蝉の声が凄い。ほとんどがクマゼミ。スマホ画像

カテゴリー: 未分類 | 13件のコメント

セッカくだから・・・

先月中頃の話。セッカを撮ったが、申し訳ないけどセッカが目的ではなかった。と言うのは地元淀川の河川敷にカッコウがやって来た。カッコウの鳴き声はたまに耳にするが、出会いは非常に少ない。遠い昔、山歩きをしていた時代は麓のスキー場などで見かけたが。その日は仕事で、カメラを持って出た。翌日、仕事明けの眠い目をこすりながら立ち寄ろうとしたが「今日はもう鳴いてません」の知らせ。いつものこととは言えmodoki が鳴きたい、いや泣きたかった!せっかくカメラを持って出ていたので、橋を渡らずに淀川左岸のセッカを撮って帰った。セッカくのセッカ。

ピンチヒッターだけど、セッカも大好きな小鳥。今年は地元右岸より左岸での繁殖が多いらしい。嫌われたかな。思ったより手前にバーダーさん。レンズの先はセッカだった。

ところが、目的の場所はやっぱり、まだ先だった。堤防の上を歩いていた鳥友さんの指示でさらに下流へ。駐車場から遠くなるのが辛かった。桑の葉っぱの上のセッカ。表情が可愛い。

どうやらこの周辺に巣がありそうだった。巣は茂みの中で分からない。

ピン超甘画像。背景のお花畑が綺麗で・・・

でもこの桑の葉っぱが一番お気に入りだったようだ。セッカのおかげで手ぶらで帰らなくて良かった良かった。

おまけ画像は大きめのフィギア2体。ひとつ目は地元の百貨店で開催していた海洋堂のフィギア展から「エバンゲリオン」海洋堂は大阪本社の有名フィギア製作メーカー。昔、と言っても大人になってからチョコエッグのオマケを集めたが、海洋堂製だった。

もうもう一体はSAに展示されていたリボンの騎士。これはmodokiの子ども時代の手塚治虫原作漫画の主人公。懐かしいねぇ・・・

カテゴリー: 未分類 | 19件のコメント

チョウゲン坊やの成長日誌2022

お馴染みの高速道路高架下のチョウゲンボウの雛が今年も巣立った。5月に入ってから橋脚と橋げたの隙間で抱卵する親を見た。散歩時に確認するのが楽しみだった。そして「孵化したよ」と鳥友さんからメールが届いたのが5月22日。modoki がカメラぶら下げて出かけたのは27日。まだ産毛に覆われた雛4羽を確認。聞いた話だと5羽とも・・・?

親が運んで来た餌はムクドリ?とまどう雛たち。それを取り分けて与える親。

次に出かけた31日は両親がバッタリ鉢合わせ。

月が替わっても雛は産毛に覆われていたがずい分大きくなった。体高は親に近い。

6月9日の画像。雛は産毛に混じって親に似たような羽(幼羽?)が混じっている。ブチ?

6月12日 この頃になると橋脚の上を走りまわり、兄弟4羽が揃うことはめったになくなった。珍しく4羽揃ったシーン。羽は相変わらずまだら。ニキビ面の若者かな。でもみんな目が澄んでいる。modoki もこう言う時代があった。←ホンマか?

羽ばたきの練習をするには橋げたの下は狭い!

知らない間に1羽が巣立った。で、あわてて覗きに行くとまだ2羽が残っていた。頭にわずかに産毛が残る。若き兄弟。いや姉妹かも?若い個体は雌雄不明。

最後に残った1羽。もみ上げのような黒い帯がハヤブサの仲間の証。

例年だと巣立雛がしばらく巣の周辺に滞在するのだが、今年はサッパリ見ることが出来なかった。巣立ち雛の飛翔を撮れなかったのが残念だけど、無事巣立ってくれて嬉しい。

おまけ画像は時々利用させていただいているチョウゲンボウポイントに近い福祉施設に併設されたカフェのランチ。季節柄「そーめん」だった。福祉施設利用者の昼食をランチとして一般の方用に提供されているワケだが、安くて美味い。それで、施設に少しでも貢献出来るのなら直結構。もちろんそーめんは美味かった。

カテゴリー: 未分類 | 14件のコメント